2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

日出ずる国 Ver.2.0

kage

2013/09/09 (Mon)

2020年のオリンピック開催地が東京に決定しました。ハイリスク投機家を自認する私としては、これをきっかけに日本の株式市場が再び活気を取り戻すことに大いに期待しております。オリンピックの東京招致については異論・反論もありましたが、決定した以上は日本の明るい未来のために徹底的に利用すべきだと私は考えています。

アベノミクスがもたらす日本の未来」でも書いたとおり、私は日本が奇跡の復活を果たすためにはアベノミクスが最後のチャンスになると思っていました。もしアベノミクスが失敗すれば、日本の借金は返済困難になるだろうと。しかし長く続いたデフレ時代の思考にすっかり慣れてしまった私たち国民に対してアベノミクスの目的である「インフレ期待に働きかける」ことは決して容易ではなく、「景気の好転を実感できない」という理由でアベノミクスへの疑念はなかなか払拭できず、投資や消費も思うように伸びていないのが現状です。

確かに「アベノミクスでいずれは給料も上がるはずだ」と言われても、「いずれって何時だよ!」と言いたくなりますよね。これに対して東京オリンピックは明確に2020年という期日が決まっています。中長期的に大きな目標を掲げて、全員が一丸となって目標達成に向けて邁進する。日本人は結構このスタイルに適していますよね。前回の東京オリンピックの時も、1970年の大阪万博の時も、おそらく日本中が同じムードで頑張って高度経済成長(=敗戦国の奇跡的な復活)を成し遂げたのでしょう。現在でも各企業においては「この中長期目標の達成を目指して全社一丸となって頑張ろう」という経営スタイルは多いと思います。そういう意味で東京オリンピックは、日本が変わるための目標として分かりやすく、利用もし易いのではないかと私は考えています。

本エントリーのタイトルとした「日出ずる国 Ver.2.0」は、かつて高度経済成長を成し遂げた日本を「日出ずる国 Ver.1.0」として、世界に先駆けて本格的な少子高齢化時代を迎える日本が生まれ変わって新たな「日出ずる国」になることに期待したものです。日本が生まれ変わるためにはまず首都東京が生まれ変わることが重要です。東京オリンピックは十分にその契機となるでしょう。しかしもし仮にこのチャンスが単なる箱物の建設と一時的なお祭り騒ぎで終わってしまうとしたら、日本の未来は暗いと言わざるを得ません。

それでは日本が「日出ずる国 Ver.2.0」に生まれ変わるためには何をすればいいのか?私の素人考えを思い付くままに挙げてみましょう。

・今回の招致でリスクとなった福島第一原発の汚染水漏れに対しては政府が責任を持って対処する。具体的には東京電力を法的整理して福島第一原発は政府の直轄下に置く。東京電力エリアは他に先駆けて発送電分離を行い発電会社の新規参入を促す。(筆者注:電力供給に不安があったり電力料金が跳ね上がってしまうと東京オリンピックの開催にも大きな障害となりますので。)

・新たな施設建設には積極的に外国人労働者を受け入れる。主な受け入れ先は東南アジア諸国となるだろうが、今回の招致で落選したトルコやスペインからも受け入れて技術指導を行い、将来のオリンピック開催のために協力してはどうか?特にスペインは若年層の失業が深刻な状況なので歓迎されるのでは?(筆者注:現在でも東日本大震災の被災地では建設労働者不足が深刻です。このような状況で東京が被災地から労働者を奪うことは許されませんので。)

・お台場をカジノ特区としてカジノを解禁する。日本は建前上は賭博禁止だが現実は違う。この際だから建前を捨てて現実に合わせてはどうか?ラスベガスやマカオの例を見てもカジノは周辺産業として宿泊業やショービジネスが育つ効果もある。日本のパチンコ業界やゲーム業界が知恵を絞れば日本発の新たなカジノスタイルが生まれるかも知れない。また少々突飛な案だが、時代劇でおなじみの丁半博打を思い切りショーアップして(さらしを巻いた粋な姐さんが壺を振るとか)体験できるようにすれば外国人観光客に受けるかも知れない。(筆者注:さらに突飛な案としては、純和風高級キャバレーとして江戸時代の遊郭を再現するのはどうでしょう?もちろんかつての遊郭そのものではなく、お酒を飲んで芸事を見て会話を楽しむだけですが。)

・2027年開業予定のリニア新幹線を一部区間でも構わないので2020年までに前倒し開業する。外国人が多く日本を訪れるオリンピックには日本の文化や技術をアピールする見本市の効果もある。リニアモーターカーをアピールするには絶好のチャンスになると思う。(筆者注:日本文化をアピールするのであれば江戸城天守閣の再建などはいかがでしょう?外国人観光客が日本を訪れる主要目的は近代的な都市を見るためではなく、歴史や文化に触れることなのですから。)

以上、思い付くままに素人考えをご披露しましたが、私が言いたかったポイントは過去の常識に囚われることなく大胆かつ柔軟に思考を変えていく必要があるということです。自然界の大原則は力の強い者が生き残るのではなく、環境に合わせて柔軟に変化できる者が生き残る、なのですから。

皆さんご承知のとおり、現在の東京には解決しなければならない問題点が数多く存在しています。毎朝の通勤ラッシュを見るまでもなくこれ以上の一極集中には耐えられないこと。一方で高度成長期に建設された「ニュータウン」は老朽化、過疎化、高齢化が進んでいること。同じく高度成長期に建設された首都高速道路などのインフラも老朽が進んでいること。23区内に大規模地震の際に火災が懸念される古い住宅街が数多く残っていること、などなどです。結局のところ日本が「日出ずる国 Ver.2.0」に生まれ変わることができるかどうかの鍵は私たち国民一人ひとりが握っているのです。全てを政府や東京都に任せるのではなく、私たち一人ひとりが考え、行動することで明るい未来へ通じる道が拓けることを忘れないようにしたいものですね。

(Sponsored Link)

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック