2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

インデックス投資家は強制的に踊らされる

kage

2013/05/10 (Fri)

為替のドル円が節目の100円を突破したことで為替動向に敏感な日本株は大幅高になりそうな気配です。アベノミクス相場で過熱気味な日本の株式市場を見て、「自分は冷静にインデックス運用を続けよう」と決意を新たにする個人投資家も多いのではないかと思います。しかし残念ながらそれは不可能です。何故なら市場の平均点を決めているのはアベノミクス相場の過熱に浮かれるアクティブ投資家に他ならないからです。つまり(以前にも何度か書いたように)、インデックス運用はバブルの過熱にも暴落のパニックにもキッチリとお付き合いすることを義務付けられているのです。ですからインデックス運用は決して冷静な投資法ではありませんし、インデックス投資家も冷静ではいられません。株価上昇に熱狂するアクティブ投資家が決める平均点に投資することで、強制的に踊らされることになるわけです。インデックス運用は市場の平均点をキッチリと取ることが目的ですから、相場の過熱によって強制的に踊らされることも宿命と思ってあきらめるしかありません。ハイリスク投機家を自認する私は「踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿呆なら踊らな損々」の思いで、今日もアベノミクス相場の過熱に身と資金を投じる所存です。
関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック