2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

久しぶりの口座開設

kage

2013/04/28 (Sun)

当ブログの左側に表示している「私が口座開設した金融機関」をご覧いただければお分かりのとおり、これまで私は多くの証券口座を開設してきました。しかし東日本大震災直後に盛大にやらかしてしまった「追証発生」という大失態をきっかけに、現在稼働している口座は事実上SBI証券のみとなっております。ですから本来なら証券口座の集約に動くべきなのですが、天の邪鬼の私は今月に入って久しぶりの新規口座開設を行いました。

今回私が新規に口座を開設したのはGMOクリック証券です。私は親会社のGMOインターネットの株式を保有しており、当ブログの左下に表示している「保有銘柄紹介」には以前からGMOクリック証券のバナーを貼り付けていましたが、実際には口座を開いていませんでした。しかしこのところのアベノミクス相場の追い風を受けてハイリスク投機家を自認する私も信用取引を活用した短期売買が増加しており、それに比例して膨れあがる支払手数料が悩みの種になったことで今回の口座開設に踏み切りました。

GMOクリック証券は信用取引の手数料も金利もSBI証券より割安です。さらに親会社のGMOインターネットの株主である私には株主優待を使えるというメリットもあります。「GMOインターネット株主優待制度」をご覧いただければお分かりのとおり、半年で5,000円を上限に取引手数料相当額がキャッシュバックされます。頻繁に売買を繰り返すデイトレーダーであれば5,000円程度の手数料は数時間で消化してしまうのが現実ですが、年間1万円相当の取引手数料優待は多くの個人投資家にとっては間違いなくありがたいことでしょう。

さらにGMOインターネット株の買付手数料相当額がキャッシュバックされる点にも注目です。実際にはあまり活用する機会はないかも知れませんが、現実に私はSBI証券で手数料を支払ってGMOインターネット株の売買を繰り返していますのでこの優待はありがたいです。

下記はいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきたGMOインターネット株の6ヵ月チャートです。ご覧のとおりアベノミクス相場の追い風を受けて好調な推移を続けています。

9449

この値動きを追ってハイリスク投機家を自認する私はGMOインターネット株の短期売買を繰り返してきました。今回は特別にGMOインターネット株の信用取引収支(今年分)を公開しましょう。ご覧のとおり509回の取引で40万円弱の利益を上げることができました。

9449信用取引

このように薄利を積み上げる短期売買では相対的に取引手数料の負担割合が高くなりますので、買付手数料相当額のキャッシュバックは私にとって誠にありがたい制度です。

日本株には秋から年末に向けて高くなるというアノマリー(=根拠のない経験則)がありますので、個人的にはアベノミクス相場の本当の勝負は年末だと思っています。それまでに徐々にGMOクリック証券への資金移動を進める計画です。今なら7月31日までに信用取引口座を新規に開設すれば信用取引口座開設月を含め最大3ヵ月間信用取引手数料が無料となるキャンペーンを実施中ですので、信用取引手数料の増加にお悩みの方は口座開設をご検討してみてください。

(Sponsored Link)



関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック