2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

「ひふみプラス」販売会社追加のお知らせ

kage

2013/02/16 (Sat)

ひとつ前のエントリー「ひふみ投信定期積立経過報告」を書く際に、情報収集のためにレオス・キャピタルワークスのサイトを訪問してみたところ、下記のニュースリリースが出ていることに気づきました。

2013年02月15日 「ひふみプラス」販売会社追加のお知らせ

上記リリースをご覧いただければお分かりのとおり、今回新たに追加される販売会社はネット証券大手のカブドットコム証券です。ひふみプラスの取り扱いはまずSBI証券単独からスタートし(当ブログでもSBI証券が「ひふみプラス」の取り扱いを開始でご紹介しました)、その後北海道地場の上光証券が追加されていました(2013年01月18日 「ひふみプラス」販売会社追加のお知らせ)。

ご参考までに下記にニュースリリースの全文を引用させていただきます。

「ひふみプラス」販売会社追加のお知らせ
- カブドットコム証券にて2月22日(金)より販売開始

レオス・キャピタルワークス株式会社(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:岩田次郎、以下「当社」)が運用する投資信託「ひふみプラス」の販売会社に2月22日(金)よりカブドットコム証券株式会社を追加いたします。

「ひふみプラス」は当社が直接販売のみで提供する「ひふみ投信」と同じマザーファンドに投資を行ない運用しており、2012年5月28日に設定、現在は株式会社 SBI 証券、上光証券株式会社にて販売を行っています。「ひふみ投信」同様ローコストかつ安定した運用で、多くのお客様にご支持いただき、SBI証券のカテゴリ別販売ランキング(国内株式)でも設定以降、常に上位にランクインしています。

当社では、引き続き運用成績の向上と質の高いサービスでお客様の資産形成を長期にわたって応援できるよう努めてまいります。引き続きご愛顧の程、よろしくお願いいたします。


ネット証券大手のカブドットコム証券がひふみプラスの取り扱いを開始することによりひふみ投信マザーファンドの拡大に期待できますので、ひふみ投信の顧客にとっても喜ばしいことです(規模の拡大は運営の効率化につながりますので)。

私は昨年10月に書いた「ひふみ投信定期積立経過報告」でひふみプラスに関して下記のような提案をしています。

(ひふみ投信の認知度アップのために)例えばすっかり竜頭蛇尾になった感のあるネット証券4社の資産倍増プロジェクトの専用ファンドに改めてひふみプラスを認定してもらうとか。今にしてみれば資産倍増プロジェクトの設立趣旨にひふみプラスはもっとも適合しているように思えますので。


今回カブドットコム証券がひふみプラスを取り扱うことになり、私の野望(?)が達成に一歩近付いたことになりますね。客観的に見てもひふみプラスは長期保有が有利な日本版ISAに適した投資信託であると思えますので、他の2社にも取り扱いを早く決断していただきたいものです。

(Sponsored Link)

ひふみ投信

関連記事

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック