2021 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2021 03

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2021/02/17 (Wed)

一昨日の2月15日(月)はひふみ投信の定期積立投資約定日でした。そこでいつものように、ひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり、下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 20,613 円 (先月より92 円上昇)
●約定価額 : 64,098 円 (先月より2,179 円上昇)
●騰落率 : +211.0% (先月より9.3%改善)


今月の約定日となった2月15日(月)は、日経平均株価が30年半ぶりに3万円の大台を回復した記念すべき日でした。その後の日経平均株価は16日(火)は上昇、17日(水)は下落となったのですが、ひふみ投信の基準価額は火・水ともに下落しており、結果的に目先の高値でつかむことになりました。

それにしても日経平均株価があっさりと3万円を回復したことについては私自身も驚きを隠せません。かつてリーマン・ショック時に8千円割れを経験した身としては、「まさかこんなに早くこの瞬間が訪れるとは」というのが正直な感想です。ただしある相場解説によると、今回の節目突破を主導したのは海外勢の先物買戻しだったとのこと。その証拠に日経平均株価に対する寄与度が高いファーストリテイリングやソフトバンクグループばかりが景気よく上昇し、中・小型株は置き去りにされている印象です。そういう意味で現在の株価上昇はいびつな側面を持ち、思いがけない反動安に注意が必要なのかも知れませんね。