2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2020/03/15 (Sun)

ご報告が少々遅れてしまいましたが、3月12日(木)はひふみ投信の定期積立投資約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 19,608 円 (先月より70 円上昇)
●約定価額 : 39,640 円 (先月より10,237 円下落)
●騰落率 : +102.2% (先月より53.1%悪化)


ご承知のとおり、今週の金融市場は世界中でまさに「新型コロナショック」の様相を呈していました。例えば米NYダウ平均株価であれば1日の下落幅が史上最大とか、下落率はブラックマンデーに次ぐ史上2番目とかで、あの「リーマンショック」をも上回る大混乱に陥ったことを証明しています。これまで世界経済を強力に牽引してきた米国の株式市場がこのザマでは日本株だけが無事に済むはずもなく、今週は「大暴落」を絵に描いたような相場展開になってしまいました。このため、今月の約定価額はまさかの4万円割れとなり、私個人の運用成績を示す騰落率も資産倍増ライン(+100%)ギリギリまで落ち込んでいます。ただしこれはあくまでも約定日時点のものであり、翌3月13日(金)時点の基準価額は38,002円まで下落し、騰落率もあえなく+100%を割り込み+93.8%となってしまいました。

前回の定時報告で私は「現状はまさにアクティブファンドの運用担当者にとっては腕の見せどころでもあるわけです」と書いておりました。そして実際に、ひふみ運用チームはこの1ヵ月で大胆に動いております。具体的には「新型コロナショック」の大混乱を見越して、2月末時点の現金比率を31.2%にまで高めたのでした。今にして思えば、「なぜ最大限の50%まで思い切れなかったのか?」とも言いたくなりますが、それは結果論です。運用責任者の藤野さんから受益者に「現金比率を30%弱にまで高めた」と報告があったのは2月25日(火)のことでした。その時点では市場がこれほどの大混乱に陥るとは私自身も予想しておらず、「現金比率30%とは、大胆な決断をしたな」と思いましたので。