2020 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 04

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2020/03/02 (Mon)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを本日3月2日(月)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。ご承知のとおり、先週の金融市場は完全に「新型コロナウイルス・ショック」の様相を呈していました。このような局面でリスク資産を買うことは相場格言で固く戒められている「落ちてくるナイフをつかむ」行為に他ならず、嫌な予感が頭の中を駆け巡っております。しかし、変に予断を持ってしまうと買えるものも買えなくなると思い、今回も事前に決めたマイ・ルールに則り、淡々とスイッチングの指図を出しました。ただし、その内容は前回と多少異なっております。具体的な中身につきましては、下記の画像をご参照ください。

スイッチング

ご覧のとおり、今回はいつものiFree NYダウ・インデックスに加えて久しぶりに農林中金<パートナーズ>長期厳選投資おおぶねとひふみ年金にも買いを入れました。これだけを見ると、上に書いた内容に反して積極的に落ちてくるナイフをつかみにいっているように思われるかも知れませんが、実態は違うのです(この局面でハイリスク投機家の本能が騒いだことは否定しませんが)。実は今回のスイッチングにより、iFree NYダウ・インデックスの購入金額(投資元本)がおおぶねとひふみ年金を超えてしまうのです。個人的にそのような状態にモヤモヤ感を抱いてしまいますので、思い切って購入金額を揃えることにしました。ですから、今回のおおぶねとひふみ年金の購入金額はiFree NYダウ・インデックスと比べてかなり少ないです。

これによりスイッチング原資であるあおぞらDC定期(1年)の残りはザックリ1.5回分となりました。今のところ次回のスイッチングでは1回分を3ファンドに均等振り分けしようかなと考えております。もちろん、現在の「新型コロナウイルス・ショック」の動向次第で臨機応変に対応は変えるつもりではありますが。