2019 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2020 01

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2019/12/29 (Sun)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを年内最終営業日となる明日12月30日(月)に実施する予定ですので謹んでご報告申し上げます。その具体的な内容につきましては、下記の画像をご参照ください。

スイッチング

ご覧のとおり、前回と同様に待機用資金のあおぞらDC定期(1年)を一部取り崩してiFree NYダウ・インデックスの購入に充てます。現在の相場環境を冷静かつ客観的に眺めてみると、米国株は引き続き主要3指数(ダウ平均株価、ナスダック総合指数、S&P500指数)が揃って史上最高値圏にありとても追加投資に適したタイミングとは思えないのですが、変に予断を持ってしまうと買えるものも買えなくなってしまうと考え今回もマイ・ルールを優先してスイッチングの指図を出しました。もし仮に現在のスイッチングペースを維持するのであれば、待機資金であるあおぞらDC定期(1年)の残りは今回を含めて6回(半年分)となりますので、今のところは来年5月末まで淡々と同じ作業を繰り返すつもりでいます。

聞くところによると米国株には「大統領選挙の翌年は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)があるそうです。これは「大統領選挙」という大きな不透明要因が消えることが要因なのでしょう。このアノマリーが今回も成立するのかどうか?は誰にも分かりませんが(神のみぞ知る)、個人的には「今回も成立する」に賭け、iFree NYダウ・インデックスについては2021年から徐々に利食いしようと取らぬ狸の皮算用をしております。

最近の個人的ポイント還元事情

kage

2019/12/22 (Sun)

皆さんご承知のとおり、10月1日の消費税率引き上げに伴い政府主導のキャッシュレス決済ポイント還元制度が導入され、決済業界を取り巻く環境も新たな段階に突入しました。最近の報道によると政府のポイント還元は予想以上に活用され、当初予算が足りなくなり、新たに来年度予算にも追加計上されるそうですね。このように世の中は好むと好まざるとに関わらずキャッシュレス社会に向かって爆進を始めました。ただし政府のポイント還元は来年6月までですので、その後がどうなるのか?には多少の不安もありますが、新たにマイナンバーカードに紐付けたポイント還元も予定されていますので、おそらくこの流れは変わらないでしょう。実際に世界中を見回しても、進む方向は間違いなくキャッシュレス社会のようですから。

当ブログで時々ネタに利用させていただいているテレビ番組「田村淳の訊きたい放題!」の昨日の放送で、出演されていた一般社団法人リディラバ代表の安部敏樹さんが「政府のポイント還元は結果的に高齢者から若者への富の移転になっている」と指摘されておられました。これを聞いて私は目からウロコではありませんが、「なるほどな」と関心させられました。確かに安部さんご指摘のとおり、キャッシュレス決済は何かと準備が面倒で、本当に使いこなせているのは若者が中心でしょう。そして高齢者は依然として現金第一主義を貫いている。この状況が富の移転をもたらしているというのです。高齢者に富の多くが集中し、それが使われないことが日本経済の大問題であることは皆さんご承知のとおりですが、政府のポイント還元が少しでもそれを是正してくれるのならありがたいことですよね。こうした現状を考えれば、私たちとしてもキャッシュレスの流れに乗らないという選択肢はないでしょう。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2019/12/15 (Sun)

ご報告が少し遅れてしまいましたが、12月12日(木)はひふみ投信の定期積立投資約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 19,365 円 (先月より85 円上昇)
●約定価額 : 49,297 円 (先月より528 円上昇)
●騰落率 : +154.6% (先月より1.6%改善)


皆さんご承知のとおり、このところの投資環境は懸念材料が満載だったのですが、直近で米中貿易協議は第1段階の合意に至り、とりあえず本日(12月15日)の制裁関税発動という最悪の事態は回避されました。また英国のEU離脱についても、総選挙で与党保守党が大勝したことで、年明け1月の離脱実施が濃厚となっています。このように数ある懸念材料が少しずつでも解消に向かっていることを好感し、金曜日の日本株は日経平均株価が600円近く上昇し、1年2カ月ぶりに24,000円台を回復しました。また米国株もナスダック総合指数とS&P500指数は史上最高値を更新し、ダウ平均株価も一時史上最高値を付ける場面がありました。先月の定時報告で私は「個人的には満載の懸念材料の内、どれか一つでも解決に向かえばさらなる意外高もあり得るという面も無視できないと考えております」と書いておりましたが、結果的にそれが実現した形になりましたね。もちろん、この先の株価がどう動くかは誰にも分からない(神のみぞ知る)のが相場の真理ではありますが、もしこのまま株価の上昇が続くようなら、いわゆる「持たざるリスク」が顕在化してくることもまた事実でしょう。しかし皆があまりにも株高に浮かれてしまうと、ITバブルの再来ともなりかねませんので、私たち個人投資家としても心のどこかに自制心と警戒心を持ち続けるようにしたいものですね。

とはいえこの相場環境の好転によりひふみ投信の基準価額は12月13日(金)時点で49,640円と、久しぶりの5万円回復が目前に迫って参りました。こうなればこの勢いのまま年内に5万円台を固め、来年の目標はぜひ設定来最高値の更新に置いてくださいませ。それが実現すれば、受益者全員の評価額が黒字化してハッピーになれますので。

阪神タイガースの原口文仁選手

kage

2019/12/08 (Sun)

プロ野球に関心をお持ちの方ならご存知のことと思いますが、本エントリーのタイトルに掲げた「阪神タイガースの原口文仁選手」は今シーズン大腸がんの手術から復帰し、1軍で活躍されました。これがどれほど凄いことなのかは同じ大腸がん患者である私でなくとも十分にご理解いただけることでしょう。その原口選手が11月24日にがん闘病会見を開かれました。その詳細につきましては、下記の記事をご参照ください。

阪神原口「ステージは『3B』」/がん闘病会見1(日刊スポーツ)

阪神原口「命ってすごく限りある」/がん闘病会見2(日刊スポーツ)

この記事を読んで、私自身同じ大腸がん患者という立場であるがゆえに健常者の皆さんとはまた違った見方もできるのではないか?と思ったのが本エントリーを書くきっかけとなりました。それでは記事の内容に従って私が気になったポイントを挙げて参りましょう。

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2019/12/01 (Sun)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを先月最終営業日の11月29日(金)に実施したしましたので謹んでご報告申し上げます。なお今回のスイッチング方針については、前回のご報告で「米FOMCの結果発表が日本時間の12月4日(水)未明に予定されていますので(【訂正】米FOMCの結果発表は日本時間の12月12日(木)未明でした。お詫びして訂正いたします)、今度こそはその動向を慎重に見極めた上で判断したい…と言いたいところではありますが、おそらく今回と同様にマイ・ルールに則って粛々と指図を出すことになるのでしょう」と書いておりました。ご承知のとおり現在の米国株は主要3指数(ダウ平均株価、ナスダック総合指数、S&P500指数)が揃って史上最高値圏にありますので、変に予断を持ってしまうと買えるものも買えなくなってしまうと考え、今回もマイ・ルールを優先して下記のとおりスイッチングの指図を出しました。

スイッチング

ご覧のとおり、前回と同様に待機用資金のあおぞらDC定期(1年)を一部取り崩してiFree NYダウ・インデックスの購入に充てております。結果的に購入日は米FOMCの結果が判明するまさにその当日である12月4日(水)となりました。実際には前日の3日(火)の株価を反映した基準価額で約定するわけですが、今回のタイミングが吉と出るのか?はたまた凶と出るのか?は当日になってみなければ分かりません。さらにはFOMCの結果発表を受けて(繰り返しになりますが、米FOMCの結果発表は日本時間の12月12日(木)未明でした)4日の米国株が大きく動く可能性も大いにありますので、現時点で上手にタイミングを狙って買うことなど無理な相談と言うべきでしょう。ですから私は今回も潔く運を天に任せることにします。