2019 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2019 09

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2019/08/19 (Mon)

毎度毎度ご報告が遅れて大変恐縮ですが、8月13日(火)はひふみ投信の定期積立投資約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 19,006 円 (先月より80 円上昇)
●約定価額 : 42,992 円 (先月より2,800 円下落)
●騰落率 : +126.2% (先月より15.0%悪化)


今月初旬にトランプさんの対中制裁第4弾発動ツイートで市場が大いに翻弄されたのは記憶に新しいところですが、今度は米国で景気後退の予兆とされる長短金利の逆転現象(逆イールド)が発生して市場は一時的な大混乱に陥りました。今回の約定価額は運悪くその直前のものでしたので、現時点の基準価額42,948円より高値で買ってしまうという誠に残念な結果となっています。もっとも7月末頃の基準価額が46,000円を超えていたことを思えば、これでも十分に「安値でたくさん買えてラッキー!」と精一杯の強がりを言えるレベルには違いありません。とはいえ内心ではとても喜べる状態でないことはお察しのとおりです。一方である相場解説によると、過去の経験則では逆イールドの発生から実際の景気後退までには数年のタイムラグがあり、株価の上昇がもうしばらく続く可能性も十分にあるとのこと。そう考えれば態勢の立て直しや戦略の練り直しには十分に余裕があると思われますので、運用チームの皆さまにおかれましては引き続き受益者にとってベストと思える判断を模索してくださいませ。