2018 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2018 05

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2018/04/30 (Mon)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを4月27日(金)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。この日付からお分かりのとおり、今回は再び昨年来の日本株に見られた「1日は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)に合わせて5月1日(火)に売却注文が約定するように指図を出しました。皆さんご承知のとおり、この「1日は高い」というアノマリーは直近2回連続で不成立となっていますので今となってはもはや気にする必要はないのかも知れませんが、前回のように「1日違いで大違い」となっては後悔倍増となってしまいますので、今回は初心に戻って厳格にマイルールを適用することにしました。キチンとマイルールに則った上で仮に最悪のタイミングを引いてしまったとしても、それはそれで仕方がないと潔く諦めも付きますからね。

スイッチング

ご覧のとおり今回のスイッチング内容は前回とまったく同じです。具体的にはセレブライフ・ストーリー2055を取り崩してiFree 8資産バランスと農林中金<パートナーズ>米国株式長期厳選ファンドの購入に充てるという指図を出しました。なお売却の口数はこれまでと同様に「お試し買い」のレベルです。今回もその2倍相当を売却しましたので、正確な残回数は21回となりました。すなわち今回のように2倍スイッチングを継続するとすればあと10回半は継続できる計算ですね。その間にもっと魅力的なスイッチング対象が登場する可能性もありますので、引き続きブログネタ確保の観点からもこのペースを維持するつもりです。

セゾン投信定期積立経過報告(最終回)

kage

2018/04/28 (Sat)

ご報告が大変遅くなりましたが、4月23日(月)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,684円 (先月比23円上昇)
●約定価額 : 14,251円 (先月比342円上昇)
●騰落率 : +47.2% (先月比3.2%改善)


タイトルをご覧いただければお分かりのとおり、長年続けてきたこのご報告もついに今回で終了となります。思い起こせば記念すべき第一回目は2007年5月24日付のエントリー「セゾン投信の初回積み立てが完了」でご報告した2007年5月23日でした。ですから私の定期積み立て投資はちょうど11年間続いた計算になります。すなわち11年✕12回=132回というわけですね。これまで私は毎月の積み立て投資額を公表しておりませんでしたが、最終回ですので思い切って告白いたしましょう。その金額はズバリ毎月2万円也でありました。毎回のご報告で冒頭に書いているとおり、私は定期積立の増額やスポット買いを一切行っておりませんので総投資額は単純計算で2万円✕132回=264万円ということになります。毎月の積み重ねが132回を数えた11年の間にはリーマンショック、東日本大震災、アベノミクス、ブレグジット、トランプ相場などがあり、まさに波乱万丈と表現しても決して過言ではないでしょう。結果的にリーマン・ショックや東日本大震災がもたらした超円高局面で安くたくさん買えたことが幸いして私個人の個別元本はご覧のとおり設定時の1万円を下回る9,684円で最終回を迎えることができました。投資でリスクを取る以上、常に評価額は上昇し続けていて欲しいと思うのは人間心理の常であり仕方ありません。しかし現実はそうそう甘いものではありませんし、長期投資にとっても暴落時に頑張って積み立て投資を継続することで個別元本を引き下げることが実は大切なのだと今更ながらに痛感しております。私のセゾン投信を通じた長期投資は思いがけず今回で終了となりましたが、皆さんご承知のとおり昨年の相場は少々出来過ぎの感さえありましたので、取り崩しに入るタイミングとしては悪くないのでは?と思っております。

近所の誠実な八百屋さん

kage

2018/04/21 (Sat)

我が家の近くにある小さな八百屋さんは形が悪かったり小ぶりだったりする規格外の野菜を積極的に仕入れて安く販売しているため、私もよく利用させていただいております。とはいえ本エントリーで書きたいのは、このような実際の八百屋さんについてではありません。それではタイトルに掲げた「近所の誠実な八百屋さん」とはいったい何を指しているのか?と申しますと、私が苦渋の決断で関係見直しを決めたセゾン投信に他なりません。現時点で私がセゾン投信に対して抱いているイメージがズバリ「近所の誠実な八百屋さん」なのです。

それでは大変恐縮ではございますが、しばし私の妄想にお付き合いください。我が家の近所にある「セゾン青果店」は誠実な経営で地域社会ではそれなりに有名です。小規模店舗ではありますが、かえってそれが店主の顔が見えることによる信頼度向上につながる側面もあります。そして実際に店主の対応はいつも誠実であり、その人柄も信頼に足るものでした。さらに取り扱っている品物も超有名ブランドばかりで品質は折り紙付き。開店当初こそ無名の存在でしたが、今では利用者の口コミでお店の魅力が徐々に拡散して着実に利用者が増えています。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2018/04/14 (Sat)

一昨日の4月12日(木)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 17,535 円 (先月より120 円上昇)
●約定価額 : 50,419 円 (先月より615 円下落)
●騰落率 : +187.5% (先月より5.5%悪化)


米国を震源地として始まった今般の世界的市場大混乱も気が付けばもう発生から2ヵ月が経過しました。しかし震源地である米国の株式市場がいまだに乱高下を続けていることもあり、なかなか収束の気配が見えてきません。そんな中で今日も米・英・仏が共同でシリア攻撃に踏み切ったというニュースが飛び込んできており、週明けの日本市場がどのように反応するのか?が気になるところです。このように世界経済を取り巻く現状を見ると懸念材料が山積であり、それが市場の混乱に拍車をかけているようにも思えます。とはいえ冷静に思い起こしてみれば、懸念材料山積状態は何も今に始まったことではありません。株価が順調に上がり続けていた昨年も朝鮮半島を巡る地政学的リスクなど、懸念材料が山積ではありませんでしたか?それでも相場がイケイケドンドン状態であれば少々の悪材料など無視されるものなのです。それが今般の混乱のように頭から冷水を浴びせられてしまうと、どんなに些細な悪材料であっても市場は過敏に反応してしまうようになります。すなわち変わったのは市場を取り巻く環境ではなく、私たちを含む市場参加者の心理の方なのでしょう。であるならば、私たちの心に住み着いた疑心暗鬼が解消されない限り、市場の混乱も収束には向かわないということになりますね。このような投資家心理の動揺を反映したのか、今月の約定価額は先月より615円安い50,419円となりました。これにより私個人の運用成績を示す騰落率も再び資産三倍増ライン(=+200%)から遠ざかっております。思えば基準価額が3万円を超えた時も一旦停滞期に入りましたが、もしかすると今回も私たち受益者は停滞期入りを覚悟しておくべきなのでしょうか?それでも過去と同じようにいずれまた設定来最高値を更新してくれるのであれば我慢もできるのですが、こればかりは誰にも分かりませんからね(神のみぞ知る)。

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2018/04/07 (Sat)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを4月3日(火)に売却注文が約定する日程で実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。この日付からお分かりのとおり、今回は昨年来の日本株に見られた「1日は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)に合わせることができませんでした。その理由は3月30日(金)がグッド・フライデイ(聖金曜日)のためニューヨーク株式市場が休場であったため、スイッチングの指図執行が1日先送りとなったためです。もっともこうなることはあらかじめ分かっていましたので、どうしても4月2日(月)に売却注文を約定させたいのであれば3月29日(木)にスイッチングの指図が執行されるように調整する方法もありました。しかし先月のスイッチング報告にも書いたとおり、過去20回連続で成立していた「1日は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)も前回の3月1日でついに不成立となってしまいましたので、今回もそれほど厳密に調整する必要はないだろうと安易に考えておりました。しかし実際に蓋を開けてみれば、これがとんでもない間違いだったのです。単純に結果だけを見れば今回も4月2日(月)の日経平均株価は大引け間際になって下落に転じて2ヵ月連続でアノマリー不成立となりましたので結果オーライとも思えるのですが、翌日の為替動向が大問題でした。具体的には米中貿易摩擦拡大を懸念して米国株が大幅安になったことを受けて為替市場ではドル円が大幅にドル安円高方向に進んでしまったのです。言うまでもなくこれは外貨建て資産の売却にとっては逆風となります。スイッチングの指図執行から実際の売却注文約定までに時間がかかるために短期的な市場動向が吉と出るか凶と出るのかは運を天に任せるしかないことは重々承知の上ですが、今回ばかりはまるで安値を狙い撃ちしたかのような最悪のタイミングでの約定となったためもうしばらく愚痴を続けることをお許しください。

苦渋の決断

kage

2018/04/01 (Sun)

ひとつ前のエントリーにも書いたとおり、本日4月1日は学校の新学年や企業の新会計年度がスタートする節目の日です。それが今年に限っては私の投資人生において、苦渋の決断を余儀なくされる節目の日となってしまいました。その苦渋の決断とは言うまでもなくたびたびブログ上で公言してきたセゾン投信との関係見直しであります。具体的には「今年度中(現時点では前年度中)に二度目の信託報酬引き下げが行われなかった場合は私もそれなりの覚悟でセゾン投信との関係を見直す」というものでした。年度末となった昨日3月31日は土曜日であったため、最後の最後でサプライズ発表などあるわけもなく、期待しても無駄なだけだとは重々承知の上で待ち続けましたが、誠に残念なことにまったく動きは見られませんでした。こうなると否応なく私は決断を迫られることになります。弱小ブログで影響力が小さいことを逆手に取って、「すべては今日のエイプリルフールを見据えた冗談でした。ごめんなさい。」と言って逃げることも、あるいは可能だったかも知れません。しかしそこは小なりといえども公に意見を公開しているブロガーの端くれとして、私はやはり「有言実行」を選択することにいたしました。つきましては本日4月1日をもって私はセゾン投信との関係を見直し、以下の2点を実行に移すことといたします。