2018 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2018 04

無事四年生に進級

kage

2018/03/31 (Sat)

皆さんご承知のとおり、学校の新学年や企業の新会計年度は明日4月1日スタートです。しかし、私はそれよりもひと足早く無事四年生に進級することができました。このネタは毎年この時期に書いているのですでにお察しいただけているとは思いますが、ここで言う四年生とはガンの手術日から再発することなく無事に4年目に突入できたことを示すガン患者独特の言い回しなのです。私が大腸ガンの切除手術を受けたのは忘れもしない2015年3月30日のことでした。すなわち昨日で手術からちょうど3年が経過し、今日からいよいよ4年目に突入となった次第です。そしてこのまま何事もなくさらに2年が経過し、手術から満5年を迎えた時点で私の大腸ガンは「完治」したとみなされるわけです。そう考えると私のガン克服に向けた5年の長い道のりは、まだようやく6割を終えたに過ぎません。ですからこれからも決して気を緩めることなく節制に励み、来年の今頃にはまた「無事五年生に進級」と題するエントリーを書くことを目標に頑張ります。このように世間一般の新年度入りは私個人にとっても大きな節目となるポイントなのです。しかし実際の検診状況は1月28日(日)に書いた「外科外来定期通院日」以降、新たな進展はありません。すなわち現時点で「無事(=ガン再発なし)」を裏付ける新たなエビデンス(証拠・根拠)は存在しないわけで、正直なところ四年生進級を素直に喜べない気持ちも少なからず抱えております。しかも先のエントリーにも書いたとおり、手術から3年を経過したことで定期通院がこれまでの3ヵ月おきから半年(6ヵ月)おきに変更になったため、次回通院予定の7月下旬までこの状況は変わりません。とはいえこれも検査で異常が発見されなかったこその状況であり、「便りがないのは良い便り」と思ってポジティブに捉えることにしましょう。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2018/03/24 (Sat)

昨日3月23日(金)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,661円 (先月比23円上昇)
●約定価額 : 13,909円 (先月比275円下落)
●騰落率 : +44.0% (先月比3.2%悪化)


ここにきて米国株が2日連続で大幅下落となるなど世界市場の先行きが再び怪しくなってきておりますが、今回はまず約定日のご説明から始めさせてください。セゾン号乗客(=受益者)の皆さんなら先刻ご承知のとおり、毎月の定期積立は基本的に19日に口座入金されて21日に約定します。ところが今月は19日がアイルランドの銀行休業日で注文不可日となり、さらに21日が日本の祝日(春分の日)であったため、結果的に20日入金→23日約定というスケジュールになりました。これにより今月の約定価額は今週中で最も安い13,909円となり、「まるで定期積立約定日を狙ったかのように目先の高値を付けやすいというあまり嬉しくないアノマリー(根拠の無い経験則)」も2ヵ月連続で不成立となりました。とはいえ今朝終わった米国市場が株安+円高となっていますので、週明けの基準価額がさらに下落するのは確実であり、「安くたくさん買えてラッキー!」という精一杯の強がりも言いづらい状況ではありますね。先月の定時報告で私は、「来月は米国の中央銀行に当たるFRBが追加利上げに踏み切る公算が高いため、私たち日本の個人投資家としてももうひと波乱あることを想定しておく方がいいのかも知れません」と書いておりましたが、悪い予感が的中してしまった形です。もっとも波乱の要因はFRBの利上げではなく、トランプ大統領の保護貿易政策でしたが。いずれにせよ株価が前回安値を下回ってしまってはもはや二番底形成は失敗したと見なさざるを得ません。こうなるとすべて最初からやり直しとなりますので、私たち日本の個人投資家としてはさらにもうひと波乱があることを想定しておく方がいいのかも知れませんね。

続・マイナーヨーグルトいろいろ

kage

2018/03/21 (Wed)

本エントリーは昨年5月5日に書いた「マイナーヨーグルトいろいろ」の続編です。あれから10ヵ月半が経過して、再びネタになりそうなヨーグルトがいくつか溜まりましたので、満を持して続編を登場させる運びとなりました。なお、そもそもなぜ投資の話題が中心の当ブログにおいてあえてヨーグルトの話題を取り上げるのか?と申しますと、私が大腸ガンの再発を予防するための食習慣改善の一環として毎朝ヨーグルトを食べているからに他なりません。それでは早速最初のマイナーヨーグルトをご紹介しましょう。

小岩井01 小岩井02

ご覧のとおり、マイナーと表現するのが誠に申し訳ないほど有名ブランドである小岩井乳業の「生乳ヨーグルト クリーミー脂肪0」です。私がこの商品を購入した理由はズバリ見切り商品として値下げ販売されていたからです(ちなみに購入価格は破格の95円(税抜き)でした)。実際のところ小岩井ブランドのヨーグルトはメジャーブランドの商品よりむしろ高級路線を狙っており、価格も少々お高めという印象があったため、それまではあえて手に取ろうとは思いませんでした。それでは実際に食べてみた感想は?と申しますと、第一印象はまず「ゆるい」でした。パッケージには「そのなめらかさ、最高級。(当社基準)」と書かれていますが、私は内心で思わず「なめらかとゆるさは違うだろう!」とツッコミを入れておりました。あと心なしか粉っぽいような印象があったことを記憶しています。さらに言えば、原材料は生乳100%なのにわざわざ脂肪分を取り除く加工をする必要があるのか?との疑問も抱きました。また味とは直接関係ありませんが、パッケージが上から見ると丸みを帯びた三角形をしており、これでは製造コストが上がるしそもそも売り場の陳列が非効率になるだろうと変なところも気になったりしたことも申し添えておきます。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2018/03/17 (Sat)

毎回ご報告が遅くなり大変恐縮ですが、3月12日(月)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 17,415 円 (先月より99 円上昇)
●約定価額 : 51,034 円 (先月より2,581 円上昇)
●騰落率 : +193.0% (先月より13.2%改善)


2月初旬に米国を震源地として始まった今般の世界的市場大混乱ですが、3月中旬を過ぎてもまだ不安定な状況が続いております。しかしそんな状況の中でも米国のNASDAQ総合指数が今週に入って再び史上最高値を更新するなど、徐々に市場は落ち着きを取り戻しつつあるような印象を受けます。今般のような比較的大きめの調整局面においては、一般的に値幅調整の終了後は日柄調整に移行するものです。ですから今はひたすら日を重ねることによって市場の動揺が収束するのを待つしかないのでしょう。とはいえもちろんこの後に相場急落の悪夢が再来する可能性だって決してゼロではありませんので、私たち個人投資家としてもまだしばらくは警戒態勢を維持する必要があるのかも知れません。このように市場の動揺が徐々に収束に向かっていることもあり、今月の約定価額は先月より2,581円高い51,034円となりました。これにより私個人の運用成績を示す騰落率も再び資産三倍増ライン(=+200%)に迫る+193.0%にまで回復しております。ご承知のとおり基準価額の大底を狙って上手に拾うのは言うは易く行うは難しの典型であり至難の業ですが、先月の約定価額48,453円は2月1日以降で2番めの安さですので(最安値は約定日翌日2月14日の47,776円)、今のところは「安くたくさん買えてラッキー!」と精一杯の強がりを言っても許されそうですね。ただ本音ではできればそんな強がりは言いたくありませんので、できることなら以前のように「また今月も設定来最高値で買っちゃったよ。参ったな。」と言える状況に戻っていただきたいものです。

個人の確定申告代行はルール違反です

kage

2018/03/10 (Sat)

本エントリーは2015年8月18日に書いた「個人の資産運用代行はルール違反です」の続編のようなものです。ですから、本エントリーの趣旨も「知らず知らずの内に法令違反を犯さぬよう、くれぐれもご注意ください」である点は前回と変わりません。

さて、今年も確定申告の季節を迎え、周囲の会話やネット上の書き込みでもそれに関する内容をたびたび見聞きするようになりました。その中で特に私が気になるのは「親の確定申告を代行した」というような内容です。なぜなら税理士法で確定申告書の作成や申告ができるのは本人と税理士のみであることが明確に定められており、例え親、兄弟、配偶者であっても他人の確定申告書に関われば法令違反に問われる可能性も十分にありますので。さらに税理士法の厄介なところは、税務に関する相談も税理士の独占業務と定められている点です。すなわち、「親の配当所得申告について相談を受けたのでアドバイスした」というような事例であっても、アウトと考えるべきでしょう。ちなみにこの法令に違反した場合は、2年以下の懲役または100万円以下の罰金に処せられる場合があります。詳しくは国税庁のサイトに掲載されている「非税理士により行うことが禁止される税理士業務」をご参照ください。

投資信託格付けチェック(2017年版)

kage

2018/03/04 (Sun)

本エントリーは昨年2月12日に書いた「投資信託格付けチェック」の改訂版です。ですから基本的な内容は1年前と変わりはありません。タイトルは相変わらずお正月の人気テレビ番組のパクリですし、チェック項目も引き続きリスクとリターンのたった2つのみです。また比較対象も投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017のランキングからピックアップさせていただきました。変わった点はランキングの変化に伴う選択ファンドの一部入れ替えと、格付けチェックを現時点の最新データで行ったことです。なお昨年同様にチェックに用いる元データは過去3年間のものを使いますので、設定から3年未満のファンドは残念ながら対象外となります。また今回も海外ETFは対象外とさせていただきました。さらに12位のひふみプラスも6位のひふみ投信と同じマザーファンドで運用されるため、比較対象から除外しました。ここで念のためになぜ過去3年のデータで格付けチェックを行うのかをご説明しておきましょう。それは過去1年では相場環境があまりにも好調過ぎてファンドの実力が判定できず、過去5年ではアベノミクス開始による株高・円安の恩恵が成績に下駄を履かせる格好になるためです。本当ならリーマンショックの影響を加味した過去10年のデータで比較したいのですが、それではピックアップできるファンドがほどんどなくなってしまいこの企画自体が成立しません。そこで消去法的に過去3年が残るわけですが、この期間に起きたチャイナショックやブレグジットによる市場混乱がファンドの成績に少なからず影響を及ぼしているため、実力判定にふさわしいと考えました。ただ実際にこの条件で対象ファンドを選出してみると、今年は昨年以上に対象外が多く、最終的に同率24位まで掘り下げなければ合計10以上になりませんでした。ちなみに同率24位で対象になったファンドが3つあったため、結局今回の比較対象は11ファンドとなっております。それではその栄えある(?)格付けチェック出場者の顔ぶれをご覧ください。

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2018/03/03 (Sat)

タイトルにあるとおり、このところすっかり月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを2月28日(水)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。この日付からお分かりのとおり、今回も昨年来の日本株に見られた「1日は高い」というアノマリー(根拠のない経験則)に合わせて3月1日(木)に売却注文が約定するように指図を出しました。しかしながら結果的に今回は久しぶりにこのアノマリーが成立せず、連続記録も20回連続(20連勝)でついに途切れたのです。株価が下落したこともあってか為替も円高方向に振れたため、今回の売却はタイミングとしては完全に失敗となってしまいました。とはいえ今は先月から始まった相場大混乱の渦中にいるわけですから、売買のタイミングが吉と出るか凶と出るかは文字通りおみくじのようなものであり、運を天に任せるしかありません。思えば前回は相場が大混乱に陥る前に売却して大混乱後に購入するという理想的なスイッチングができたわけですから、今回がもし裏目に出たとしても「合わせてチャラ」ということで無理矢理にでも納得することにしましょう。それに購入のタイミングが吉と出るか凶と出るかは実際に約定してみなければわかりませんしね。来週の米国株がいわゆる二番底を探る展開となり、思わぬ安値で買えてラッキー!というケースだって十分に想定できますので。

なお今回のスイッチングも内容自体はこれまでとまったく変わらず、セレブライフ・ストーリー2055を取り崩してiFree 8資産バランスの購入に充てます(こちらのエントリーに書いていたひふみ年金への資金移動は熟慮の末、今回は見送りとしました)。引き続き口数は非公開とさせていただきますが、今回もこれまでと同等の「お試し買い」のレベルです。過去のエントリーにたびたび書いているとおり、この「お試し買いレベル」で今後も継続してスイッチングを実施すると仮定すると完全移行まで約2年もかかってしまう計算になるのですが(正確にはあと25ヵ月です)、その間にもっと魅力的なスイッチング対象が登場する可能性も大いにありますので、引き続きブログネタ確保の観点からもこのペースを維持するつもりです。

スイッチング