2017 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 11

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2017/10/28 (Sat)

今月は再びご報告が遅くなってしまいましたが、10月23日(月)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,535円 (先月比26円上昇)
●約定価額 : 14,553円 (先月比263円上昇)
●騰落率 : +52.6% (先月比2.3%改善)


先月の定期積立投資は見事に設定来最高値での約定となりましたが、実は今月の約定価額14,553円も月曜日の時点では設定来最高値でありました。実際には2日後の10月25日の14,558円が現時点の設定来最高値なのですが、昨日時点の基準価額は14,489円ですので今月もまた「まるで定期積立約定日を狙ったかのように目先の高値を付けやすいというあまり嬉しくないアノマリー(根拠の無い経験則)」が生きていたようですね。とはいえこのところの世界的な株高と為替市場における円安進行の恩恵を受けて基準価額の底上げは着実に進行しておりますので、細かいことはあまり気にしない方が精神衛生上もよろしいと思われます。ですから同じセゾン号に乗り合わせた受益者仲間の皆さま方におかれましては、今はただこの順風満帆とも思える理想的な航海を思う存分楽しもうではありませんか!とはいえここまで順調な航海が続くと、「こんなに順調でいいのか?」と逆に不安が高まってくることもまた事実。もしかすると目前には大嵐の厚い雲が近付いているのかも知れません。しかし実際の航海とは異なり、長期投資という名の航海においては将来の値動きは誰にも分からないのです。今後もさらに順調な相場環境が長く続く可能性だって十分にあるのですから。だからこそこと長期投資においては、見えない未来を無理矢理予測して一喜一憂せず、淡々と現実を受け入れるしかないのだろうと私は考えています。ただし世界経済の歴史はバブルの発生と崩壊の繰り返しでありますから、順調な航海を続けている今こそ浮かれることなく次の大嵐遭遇に備えて自身の長期投資に臨む覚悟を再確認しておくことが重要なのかも知れませんね。

外科外来定期通院日

kage

2017/10/22 (Sun)

昨日は3ヵ月に一度の外科外来定期通院日でした。診察の具体的な内容は腫瘍マーカー測定のための採血と、その結果を聞くための問診です。結果から先に申し上げますと、誠にありがたいことに今回も「異常なし」でした。ご参考までに(というよりはむしろ私自身の備忘録として)昨日測定した腫瘍マーカーの数値をご紹介しておきましょう。なお腫瘍マーカーの詳細につきましては過去のエントリー「腫瘍マーカー」をご参照ください。

・CEA 2.1 (基準値 5.0以下) ng/ml
・CA19-9 25.2 (基準値 37.0以下) U/ml


今年に入ってからの測定ではいずれの数値も基準値以内に収まっているとはいえ過去より高めになっており、内心では結構心配していました。それが今回の測定ではようやく昨年並みのレベルにまで低下してくれて、ホッと一安心といったところです。過去のエントリーでたびたび触れているように腫瘍マーカーの信頼度はあくまでも参考程度であり、その結果に対して過度に一喜一憂する必要はありません。それは頭の中では十分に理解しているつもりなのですが、現実にガンを発症した身としてはどうしても気になってしまうのです。ただし腫瘍マーカーの数値は血糖値やコレステロール値のように食生活の改善により目に見えて改善するようなものではありませんので、これからも地道に生活習慣全般の改善を心がけていくしかなさそうですね。なお昨日の診察時に半年に一度のCTスキャン(造影剤あり)の予定が確定しましたので、その日程に合わせてこれまでの経緯と今後のスケジュールも改訂しておきます。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2017/10/21 (Sat)

今月もまたまたご報告が大変遅くなってしまいましたが、10月13日(金)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 16,915 円 (先月より113円上昇)
●約定価額 : 45,890 円 (先月より1,903円上昇)
●騰落率 : +171.3% (先月より9.5%改善)


約定日からご報告まで時間がかかるのはいつものことなのですが、特に今回は1週間以上も遅くなってしまいましたのでまずはその言い訳から書かせてください。これは過去の定時報告でも何度か触れていますが、今回のように週末の金曜日が約定日となった場合、レオス・キャピタルワークス社のシステム上の都合により取引報告書の発行が週明けの翌営業日(今回の場合は10月16日の月曜日)にずれ込みます。このため先週末の時点では上記指数の算出に必要な取得単価が分かりませんでした。それでも過去の同じようなケースではとりあえず手動で取得単価を算出して先にご報告しておき、後で正式な取引報告書と見比べて誤差があればコッソリ修正しておくという対応を取っていました。しかし今回はたまたま半年に1回の資産形成応援団応援金による買い付けが重なる月であったため、取得単価の手動計算が面倒になりご報告の先送りを決めたというのが正直なところです。それでも10月16日(月)の段階ではご報告が可能であったわけですが、平日のブログ更新は例え時間があっても気力が伴わず、ズルズルと今日まで先送りを繰り返してしまいました。このような自分勝手な理由でご報告が遅れてしまい、誠に申し訳ございません。

山崎バズーカ第12弾炸裂 後編

kage

2017/10/15 (Sun)

それでは中編に引き続き、後編も放送の一部を文字に起こしてご紹介させていただきます。なお毎度のご注意となり誠に恐縮ですが、以下に掲載する出演者のご発言は私の判断で言い回しを変えておりますので、ご本人の真意とズレてしまっている可能性のあることをあらかじめご承知置きください。

続いては特集「基礎から学ぶクラウドファンディング」。クラウドファンディング研究所所長で学術博士の板越ジョージさんにお話を伺った。

山崎バズーカ第12弾炸裂 中編

kage

2017/10/15 (Sun)

それでは前編に引き続き、中編も放送の一部を文字に起こしてご紹介させていただきます。なお毎度のご注意となり誠に恐縮ですが、以下に掲載する出演者のご発言は私の判断で言い回しを変えておりますので、ご本人の真意とズレてしまっている可能性のあることをあらかじめご承知置きください。

続いては今週のキキタイ。テーマは「毎年5,000億円以上の自然増!どうする社会保障。私たちの老後にはいくら必要なの?」。

・2017年度一般会計予算で社会保障費は32兆4千億円。全体の1/3を占める。その内訳は医療費11.7兆円、年金11.6兆円、介護3兆円。

・生命保険文化センターが行った意識調査によると夫婦2人の老後の生活費は、必要最低限で22万円/月、ゆとりある生活で35万円/月。仮に1ヵ月の生活費を30万円とすると60~85歳の25年間で9,000万円必要になる計算。これに介護や病気への備えとして1,000万円を加えると1億円となる。

・厚生労働省が発表している老齢厚生年金モデルケース(2017年度)によると夫婦2人の標準的な年金額は1ヵ月約22万円。25年間で受け取る年金は6,600万円になる計算。もし老後に1億円必要なら3,400万円は自助努力で用意しなければならない。

・30歳から60歳まで貯金で3,000万円貯めようとすると毎月83,000円の貯蓄が必要。40歳からだと毎月125,000円必要になる。

山崎バズーカ第12弾炸裂 前編

kage

2017/10/14 (Sat)

経済評論家の山崎元さんがTOKYO MX(正式名称は東京メトロポリタンテレビジョン)の番組に出演された際の歯に衣着せぬご発言の数々をご紹介するこのシリーズも回を重ね、今回で第12弾となります。山崎さんがご出演されたのはこれまでと同様に「田村淳の訊きたい放題!」(リンク先は番組公式サイトです)で、放送日は本日10月14日でした。なお今回の相棒(もう一人のゲストコメンテーター)は1ヵ月余り前に放送された前回と同じく山崎さんとの共著(下記参照)もあるファイナンシャルプランナー岩城みずほさんでした。おそらく本音トークがズバズバ飛び出した前回のインパクトが強烈だったのでしょうね。なお本エントリーは今日放送された内容を取り急ぎ文字起こししたもので、放送時間でいえばわずか12分間のものに過ぎません。ですから今回はどうも前編・中編・後編の3本立てになりそうです。とはいえこの前編でご紹介する12分間も内容満載でしたので何卒ご了承くださいませ。それでは今回も放送の一部を文字に起こしてご紹介させていただきます。なお毎度のご注意となり誠に恐縮ですが、以下に掲載する出演者のご発言は私の判断で言い回しを変えておりますので、ご本人の真意とズレてしまっている可能性のあることをあらかじめご承知置きください。

続・アクティブとインデックスの境界線

kage

2017/10/08 (Sun)

本エントリーは今年3月9日に書いた「アクティブとインデックスの境界線」の続編です。昨日のエントリーで私自身が毎月コツコツと積立投資を継続しているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドが来年からスタートするつみたてNISAではアクティブファンド枠に入っていることに触れました。これまで私は自分が行うハイリスク投機とバランスを取る(=リスクを分散する)意味でインデックス運用のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに投資を続けてきたのですが、同ファンドがアクティブファンドとなると私の資産運用におけるアクティブ運用比率が上昇して当初の目論見に狂いが生じかねません。もちろんつみたてNISA上の区分は単に金融庁の判断に基づくものであり、ここでアクティブファンドと判定されたからといってセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの運用方針が変わる訳ではないことは私も重々承知しております。しかし昨日のエントリーで紹介したように、中野社長から「セゾン投信は2つのアクティブファンドの提供を通じて圧倒的な成果を追求してまいります!」というような発言が飛び出すと、天の邪鬼な私は「受益者はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドに圧倒的な成果など求めてませんから」と皮肉の一つも言いたくなります。そこで本エントリーでは今回の事例を参考に再びアクティブとインデックスの境界線を探ってみたいと思います。それではしばし机上の空論にお付き合いくださいませ。

歴史的役割の終焉

kage

2017/10/07 (Sat)

今回のタイトルは直近の国内政治を巡る混乱から引用したものです。それは降って湧いたような突然の衆議院解散をきっかけに、曲がりなりにも野党第一党であった民進党があっけなく空中分解してしまったことを受け、「民進党はその歴史的役割を終えた」との論評を目にしたことでした。とはいえ本エントリーではその是非を論じるつもりは毛頭ありませんし、これ以上政治の話題に触れる気もさらさらありません(どこかで聞いたようなフレーズですが)。昨今のファンド業界においてもその歴史的役割の終焉を迎えつつある存在があるのではないか?というのが本エントリーで語りたい趣旨であります。

ご承知のとおりファンド業界においても来年からスタートするつみたてNISAを目前にして大きな地殻変動が起きつつあります。このつみたてNISAはいつまで経っても顧客本位の姿勢にはほど遠い金融業界に業を煮やした金融庁が強力に推し進めた制度であり、その導入により金融庁の悲願である「貯蓄から投資(資産形成)へ」の流れを加速したいのでしょう。しかしいつの時代も急激な時代の流れに付いて行けず、脱落してしまう存在は必ず出るもの。もちろんファンド業界も例外ではなく、かつて時代の先駆者として一つの分野を切り拓いたパイオニア(開拓者)が静かにその役割を終えようとしているようです。