2017 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 10

老いも若きも皆等しくその細胞年齢は3歳に満たない

kage

2017/09/03 (Sun)

私が大好きなテレビ番組の一つにNHK・Eテレ(教育テレビ)の「モーガン・フリーマン 時空を超えて」があります(筆者注:リンク先は番組公式サイトです)。今回のタイトルはその中で紹介された情報からいただきました。ご承知のとおり私たちの体を構成する細胞は日々生まれ変わっており、3年を待たずにすべてが入れ替わるそうです。これは年齢には関係なく皆同じで、5歳の児童であろうと90歳の老人であろうと細胞年齢が3歳未満という点ではまったく変わりはありません。ただし歳を重ねるに従って徐々に細胞のコピー能力が衰えてくるため、これが老化として現れるわけですが。このように体のすべてが3年未満で入れ替わるわけですから、3年前の自分と今の自分を細胞レベルで見ればまったく別人という捉え方もできそうです。3年程度前であれば記憶も記録も豊富に残っているはずですが、あの頃の自分は今とはまったく別人なのだと考えると何だか不思議な気持ちになりますね。

さて、今回はいきなり細胞レベルの話題から始めましたが、お察しのとおりこれが主題ではありません。外見は変わらないのに中身は短期間で入れ替わるというのはアクティブファンドも同じだと言いたかったのです。例えば私が設定以来毎月淡々と積み立て投資を継続しているひふみ投信は来月1日でめでたく9歳の誕生日を迎えますが、私が初めて買い付けを行った設定日の中身と現在の中身はまったく別物です。さらには運用責任者も藤野さんではありませんでした。変わらないのは名前と「守りながら増やす」という運用方針くらいでしょう。ですからことアクティブファンドに関しては過去の結果をあまり気にする必要はないのではないか?というのが本エントリーに書きたい主旨であります。