2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

国際分散と米国集中

kage

2017/06/18 (Sun)

最近投信ブロガーの間で株式投資は国際分散?それとも米国集中?という話題が盛り上がっているようですので、私もこれに乗っかってみることにしました。この議論を始めるにあたりまず注意しておくべき点としては、この2つの選択肢が「白か黒か」というような両極端な二者択一ではないということです。例えば私が毎月コツコツと積み立て投資を継続しているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの株式部分における米国の構成比率は54.3%でした(5月度運用レポートより)。すなわち今回のタイトルに掲げた選択肢はいわば「100か54か」ということになり、例え国際分散を選んだとしても米国株への集中度は極めて高いという事実だけは認識しておくべきでしょう。これを踏まえた上で私がこの話題を見た時の第一印象は「米国集中でいいんじゃないの?」でした。実はこの判断の背景にはあの忌まわしきリーマンショックの記憶が大きく影響していました。すなわち世界最大を誇る米国経済がこければ、欧州も日本も新興国も枕を並べて討ち死にとなる悲しい現実があるのです。これにより私は「市場がパニックに陥った際にリスク分散効果が発揮できないのなら、始めから米国集中でいいんじゃないの?」と思ったわけです。つまり国際分散など単なる気休めに過ぎず、古いガンダムネタで表現すれば「ジオングの足(あんなの飾りです。偉い人にはそれが分からんのです。)」ということになりますね。