2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2017/06/17 (Sat)

毎度毎度ご報告が大変遅くなり誠に恐縮ですが、6月12日(月)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 16,517 円 (先月より94円上昇)
●約定価額 : 41,895 円 (先月より1,149円上昇)
●騰落率 : +153.6% (先月より5.5%改善)


ここ1ヵ月で市場を騒がせた話題の中で特に私の印象に残っているのは、直近の6月9日(金)に起きた米NASDAQ総合指数の急落です。ご承知のとおり米NASDAQ市場はハイテク銘柄を中心に構成されていますので、この急落の影響はそれまで絶好調だった日本の半導体関連銘柄にも波及して一気に調整色が鮮明になりました。ひふみ投信も月報(ひふみのあゆみ)に掲載されている組み入れ銘柄を見ればお分かりのとおり半導体関連銘柄が少なくないため、結果的に最近の基準価額はジリ貧状態が続いています。事実昨日の基準価額は41,545円と月曜日の約定価額より350円安くなっていますので。ただ今回のNASDAQ総合指数急落が直近のリスクオフ局面(地政学リスクの高まりやロシアゲート疑惑など)と明らかに異なるのは明確な理由が存在しないことです。ある相場解説によるとカラ売り推奨会社が出したレポートがきっかけだったそうですが、あくまでもそれはきっかけに過ぎず、それだけ相場が加熱していたということなのでしょうね。このためNASDAQ総合指数急落の裏側でダウ平均株価は史上最高値を更新するというちぐはぐな動きが起こっており、アクティブ運用にとってはますます銘柄選択が難しい局面になっているように思えます。個人的には日経平均株価が2万円を超え、JASDAQや東証マザーズなどの新興市場も好調な中で、ひふみ投信が15%前後という高い現金比率を維持し続けたことは結果的に失敗(=判断ミス)だったんじゃないの?という懸念を抱いていましたが、多くの半導体関連銘柄が調整色を強めている現状では豊富なキャッシュで押し目買いもできますので、結局のところ何が幸いするのかは終わってみなければ分かりませんね。ただし受益者としてはひふみ投信が「日経平均株価がついに2万円を突破!」とか「ダウ平均株価が今日も史上最高値を更新!」というような指数先行の強気相場を苦手としていることだけは一応念頭に置いておく必要はありますが。