2017 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 07

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2017/06/03 (Sat)

タイトルにあるとおり、このところ月末月初の恒例行事となっている個人型確定拠出年金(iDeCo:イデコ)のスイッチングを6月1日(木)に実施いたしましたので謹んでご報告申し上げます。ちなみに今回のスイッチングも月末月初に行うという「マイ・ルール」に則ったものであり、その内容は下記のとおりこれまでとまったく変わりはありません。具体的には今回もセレブライフ・ストーリー2055を取り崩してiFree 8資産バランスの購入に充てます。引き続き口数は非公開とさせていただきますが、今回もこれまでと同等の「お試し買い」のレベルです。前回も書いたとおり、この「お試し買いレベル」で今後も継続してスイッチングを実施すると仮定すると完全移行まで3年以上もかかってしまう計算になるのですが、その間にもっと魅力的なスイッチング対象が登場する可能性も大いにありますので、当面はブログネタ確保の観点からもこのペースを維持するつもりです。

スイッチング

ご覧のとおり今回のスイッチングは、6月1日(木)に指図(一般的な投資信託における発注に相当)を実行→翌営業日の6月2日(金)にその指図に基づき売却を執行→翌営業日の6月5日(月)の基準価額で約定→5営業日後の6月12日(月)に売却代金が口座入金→同日指図に基づき購入を執行→翌営業日の6月13日(火)の基準価額で約定→翌営業日の6月14日(水)口座に反映、という約半月にも及ぶ長いスケジュールになっています。ご承知のとおり昨日6月2日(金)は投資環境に大きな影響を及ぼす米雇用統計の発表がありましたので、今回のスイッチングに関しては正直なところ売却の約定が週明け月曜日になることに一抹の不安を覚えておりました。果たしてその結果は?と申しますと、すでに皆さんご承知のとおり雇用統計の結果が市場予想を下回ったことで為替市場では急速に円高ドル安が進行したものの、一方で米国株は上昇し米長期金利も低下(=債券価格は上昇)したため、おそらく影響はプラスマイナスゼロとなりそうでホッと一安心しています。とはいえ購入の指図が執行される6月13日(火)には投資環境が一変している可能性も否定できませんので、一連のスケジュールが完了するまではまだまだモヤモヤする日々が続きそうですが。