2017 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 06

祝!ひふみ投信基準価額4万円超え

kage

2017/05/08 (Mon)

地政学的リスクの高まりにより世界経済が一時的にリスクオフムードに包まれていた4月15日付の「ひふみ投信定期積立経過報告」で私は「私個人としては遠からず基準価額4万円超えを達成してくれるものと楽観的に考えております」と書いておりました。あれからまだ1ヵ月も経過しておりませんが、本日めでたくそれが現実のものとなりましたので、ひふみ投信の関係者各位並びに受益者の皆さま方と喜びを分かち合いたいと思います。何はともあれまずは基準価額4万円突破おめでとうございます!そして私の大切な資産を守りながら増やしていただきましたことを心より厚く御礼申し上げます。記念すべき基準価額4万円突破の背景には「ひふみ投信が運用方針を転換?」でご紹介した新規投資先のほぼ日(証券コード:3560)が本日いきなりストップ高比例配分になったことも寄与していることでしょう。このようにひふみ投信が組み入れた銘柄が人気化するのは受益者にとってもありがたい限りです(基準価額上昇に寄与しますし、何より高値で売り抜けられますからね)。とはいえ私は現状を手放しで喜んでいるわけではありません。なぜならいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきた比較チャートを見ればお分かりのとおり、過去1年のひふみ投信は決してTOPIXに勝っているとは言えないからです(赤:TOPIX 青:ひふみ投信)。

ひふみ投信 ひふみ投信:TOPIX

事実今日大幅高になったTOPIXの上昇率は前営業日比+2.29%でしたが、ひふみ投信は上記のとおり+1.62%に止まっています。4月の月報(ひふみのあゆみ)がまだ発行されていませんので詳細は不明ですが、もしかすると3月末と同様にまだ現金比率を高く保持しており、これが株価急騰に追い付けない一因になっているのかも知れませんね。ひふみ投信の「下落時でも下がりにくい」という特徴は「急騰時に付いて行けない」と表裏一体であることを、カンブリア宮殿をきっかけに受益者になられた方はぜひ覚えておいてください。