2017 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2017 05

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2017/04/15 (Sat)

毎回ご報告が遅くなり大変恐縮ですが、4月12日(水)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 16,330 円 (先月より100円上昇)
●約定価額 : 37,397 円 (先月より1,503円下落)
●騰落率 : +129.0% (先月より10.7%悪化)


まさに「君子豹変す」とでも申しましょうか、わずか1ヵ月の間に相場環境が激変してしまいましたね。ご承知のとおり現在の世界市場は、シリアや北朝鮮を巡る緊張(いわゆる地政学的リスク)の高まりにより一気に「リスクオフ」ムードとなりました。こうなると相対的に安全通貨とされる日本円が買われ、円高を嫌気して株価が下落するというロジックは分かるのですが、今回ばかりは緊張の震源地が日本に極めて近い北朝鮮であるだけに、個人的には直近の円高に対して違和感を覚えずにはいられません。事実、北朝鮮と国境(厳密には軍事休戦ライン)を接する韓国の通貨・ウォンは直近で大きく下落していますしね。もっともある相場解説によると、この円高の背景には「地政学的リスクの高まり→米国債が買われる→米国の長期金利が低下→日米金利差の縮小→円高進行」というロジックもあるのだろうとのことでしたが。いずれにせよ今月の約定価額が先月より1,503円も安い37,397円となったことは紛れもない事実なのです。さらにその後も基準価額の下落は続き、現在(4/14時点)は36,864円となり、私個人の運用成績を示す騰落率も125.7%にまで低下しました。こうなると先月の定時報告において目先の約定タイミングを捉えて「高値掴みになってしまった」とか「安くたくさん買えてラッキー!」などと一喜一憂していたことが誠に馬鹿馬鹿しく思えて恥じ入るばかりです。今にしてみれば先月の定期積み立て投資もひふみ年金へのスイッチングも間違いなく高値掴みだったわけですが、あくまでもそれは結果論です。先月より1,503円も安く買えた今月の約定が果たして「押し目買い」なのか「高値掴み」なのかは結局のところ後になってみなければ分かりません。ですから私はこれからも「絶好の売買タイミングは神のみぞ知る」と自分に言い聞かせつつ、淡々と積み立て投資を続けるつもりです。