2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 04

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2017/03/25 (Sat)

毎回ご報告が遅くなり大変恐縮ですが、3月23日(木)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,365円 (先月比23円上昇)
●約定価額 : 13,206円 (先月比105円下落)
●騰落率 : +41.0% (先月比1.5%悪化)


米国のトランプ新大統領が誕生して以来、何だかんだで続いてきたトランプラリーですが、米国株の代表的指数であるダウ平均株価は3月1日の21,000ドル超えを目先のピークにして明らかに様相が変化してきました。特に今週は3月21日に大統領選挙後最大の下落を記録するなど、トランプラリーの先行きに暗雲が立ちこめてきた感さえあります。トランプラリーについてはこれまで多方面から散々「期待先行だ」と指摘されておりましたが、ここにきて市場参加者の目もようやく「現実」に向かい始めたということなのでしょうか?今朝も市場のトレンド転換を裏付けるように「オバマケア代替法案撤回」という驚愕のニュースが飛び込んできました。オバマケアの改正はトランプ新大統領にとっていわば「一丁目一番地」の政策であり、これが実現できなければ減税もインフラ整備もメキシコ国境の壁も実現できない(=オバマケアの予算を回す目論見だったので)わけですよね?ですから私の感覚では小泉元総理が郵政民営化法案を撤回したくらいの衝撃を受けています。トランプラリーの正体が本当に期待だけだったとしたら、ダウ平均株価も大統領選挙以前の18,000ドルに戻ってしまうかも知れません。そうなれば為替も円高がさらに進行するでしょうから、国際分散投資にとっては被害甚大です。しかし将来の値動きは誰にも分からないという相場の真理がある以上、最悪のシナリオをいくら心配しても仕方ありません。ですから私は来月も淡々と積み立て投資を継続し、下がったら下がったで「安くたくさん買えてラッキー!」と精一杯の強がりを言うだけです。