2017 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2017 04

アクティブとインデックスの境界線

kage

2017/03/09 (Thu)

かねてより当ブログでは「インデックス運用も広い意味ではアクティブ運用である」という主張を展開しております。その根拠はインデックス指数を決めているがアクティブ投資家であるという厳然たる事実に他なりません。すなわちインデックス指数は理論上の適正価格を平均したものなどではなく、バブルの熱狂に踊りバブル崩壊の大混乱に狼狽するアクティブ投資家が決める平均点なのですから、インデックス運用もアクティブ運用の一種だろうという論理です。ですから今回のタイトルに掲げた「アクティブとインデックスの境界線」についても、「そんなものは存在しない」というのが当ブログの結論となります。しかしそれではこのエントリーもここで終わってしまいますので、もうしばらくアクティブとインデックスの境界線を探る机上の空論にお付き合いください。

事例1:個別株とTOPIX

最初の事例はとても分かりやすいですね。すなわち、前者に投資するのがアクティブ運用であり後者に投資するのがインデックス運用というわけです。しかしここでちょっと考えてみてください。TOPIX(東証株価指数)を投資先に選んだということは、投資対象を東証1部上場銘柄に限定したということですよね?さらにTOPIXには時価総額の大きい大型株の影響を強く受けるという特徴がありますので、時価総額1位のトヨタ自動車や同2位の三菱UFJフィナンシャル・グループを重視する投資方針を採用したことにもなりませんか?これがアクティブ運用とどう違うの?というのが私の素直な疑問です。とはいえ東証1部銘柄は2千以上もありますので、個別銘柄投資とは大違いであることもまた事実です。そこで次はこのような事例を考えてみましょう。