2017 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2017 03

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2017/02/26 (Sun)

毎回ご報告が遅くなり大変恐縮ですが、2月23日(木)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,342円 (先月比24円上昇)
●約定価額 : 13,311円 (先月比126円上昇)
●騰落率 : +42.5% (先月比1.0%改善)


先月の定時報告で私は「ダウ平均株価が2万ドルを超え、崩れかけていた日経平均株価も19,500円に迫る水準にまで回復したにも関わらず基準価額が先月に及ばない最大の理由は言うまでもなく為替にあります」と書きました。そしてその証拠として「念のため基準価額算出に用いられるドル円の仲値を調べてみたところ、先月の約定日(12月21日)は1ドル=117.94円で、今月の約定日(1月23日)は1ドル=113.96円でした」と続けています。そこでご参考までに今月の約定日(2月23日)のドル円の仲値を調べて見たところ、先月よりさらに円高ドル安水準となる1ドル=113.37円となっていました。これではいくら米国株式市場でダウ平均株価・ナスダック総合指数・S&P500指数が揃って史上最高値を更新しても基準価額の上昇は為替で相殺されてマイルドになってしまいますね。皆さんすでにご承知のとおりその後のドル円は先週末金曜日に一時1ドル=112円を割り込むまで円高ドル安が進行し、結局1ドル=112.07円で終わっています。現状では米国の中央銀行に相当するFRBが次の利上げに踏み切るのは6月が有力視されているようですが、来月3月に「サプライズ利上げ」でも起こらない限り円安ドル高は望めないような雰囲気ですね。ただし市場予想より早いペースでの利上げは米国株の上昇に水を差すことになりかねませんので国際分散投資にとっては「痛し痒し」ではありますが。いずれにせよ為替動向に大きな影響を受けるのは日本の投資家にとっては宿命のようなものですので、こと長期投資においては「なるようになる(裏を返せばなるようにしかならない)」と腹を括って世界経済の荒波に身を任せるしかありません。

カンブリア宮殿 野次馬視聴記

kage

2017/02/19 (Sun)

昨日のエントリーでも触れましたが、2月16日(木)に放送されたテレビ東京系の経済情報番組「カンブリア宮殿」にひふみ投信を運用するレオス・キャピタルワークス社の社長兼運用責任者である藤野英人さんが出演されました。私も受益者の端くれとして、今回の放送をきっかけにひふみ投信やレオス社の認知度が高まることを大変嬉しく思っています。放送内容についてはいろいろな意見があるとは思いますが、「ひふみ」や「藤野英人」という名前が広く認識されるきっかけになったことは確かでしょう。このチャンスを生かせるかどうかはひとえに藤野さんを筆頭にしたレオス社一同の努力次第ですね。

001 002 008

レオス社一同といえば、私は今回の放送で初めて同社の社員数が48人であることを知りました。この情報は同社のサイトにある企業情報には掲載されていませんので。なお年商約9億円の方は財務情報等で公開されている「正会員の財務状況等に関する届出書」の中にある損益計算書で知ることができます。それによると、前期(昨年度)の営業収益は8億9,409万4千円で、その内の約82%を信託報酬などの委託者報酬が占めています。そして最終的な純利益は1億2,501万3千円でした。

006

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2017/02/18 (Sat)

ご報告が大変遅くなってしまいましたが、2月13日(月)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 16,138 円 (先月より90円上昇)
●約定価額 : 37,600 円 (先月より985円上昇)
●騰落率 : +133.0% (先月より4.8%改善)


ひふみ投信に関する最近のトピックスといえば、やはり一昨日の2月16日に放送されたテレビ東京系の経済情報番組「カンブリア宮殿」にひふみ投信を運用するレオス・キャピタルワークス社の社長兼運用責任者である藤野英人さんが取り上げられたことでしょう。これについては私もいろいろと言いたいことがありますので、改めて別エントリーとして書くつもりです。というわけで本エントリーではこの話題には一切触れませんので悪しからずご了承くださいませ。さて、先月の定時報告で私は“米国のトランプ新大統領就任式を来週に控えて期待先行気味の「トランプラリー」はいったん終了の気配もあり、ここからがアクティブ運用の真価が問われる正念場になるのかも知れませんね。果たして来月の定時報告にどのような内容を書くことになるのか?楽しみと不安が相半ばする心地です。”と書いておりました。それで結果はどうだったのか?と申しますと、ご承知のとおり「トランプラリー」はいまだ健在で、今朝終わった米国株式市場でもダウ平均株価・S&P500指数・ナスダック総合指数が揃って史上最高値を更新しています。しかし今年に入ってから為替市場ではドル円が円高方向に振れていることもあり日本株は冴えない展開が続いています。とはいえ中小型・新興銘柄主体のJASDAQ平均やマザーズ指数が堅調に上昇を続けていることもあり、ひふみ投信の基準価額も2月15日(水)に設定来高値となる37,943円を記録しました。これにより私個人の運用成績を示す騰落率も現時点で+134.2%にまで上昇しています。かくして1ヵ月前の楽しみと不安は、結果的に楽しみの方が的中した形になりました。

投資信託格付けチェック

kage

2017/02/12 (Sun)

今回のタイトルはお正月の人気テレビ番組からいただきました。ただし実際の番組とは違って私が用意したチェック項目はたった2つしかありません。その2つとは投資信託にとって最重要項目と言っても決して過言ではない「リターン」と「リスク」です。すなわち、本エントリーの主旨は基本的に先週土曜日に書いた「リスクとリターン」と同一です。それならタイトルも「続・リスクとリターン」や「リスクとリターン パート2」とでもすればよかったのですが、この方が皆さんの関心を引くと思ったものですから。そんな私の「下心」を何卒お許しください。

本エントリーを書こうと思ったきっかけは、私自身先週の比較が純粋に面白いと感じたからです。先週は私が任意に選んだ6本のファンドを比較対象としましたが、今回は「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2016」にランクインしたファンドを比較してみましょう。ただし先週と同様に過去3年間の実績で比較するため、設定から3年未満のファンドは残念ながら対象外となります。具体的には第2位の「たわらノーロード 先進国株式」、第4位の「iFree 8資産バランス」、第9位の「〈購入・換金手数料なし〉ニッセイTOPIXインデックスファンド」などが比較の対象から外れてしまいました。また今回の比較では海外ETFも対象外とさせていただきます。これは現地通貨建てと円建ての単純比較はできないだろうと考えたためです。これにより第3位の「バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)」も比較対象から外しました。

外貨建保険

kage

2017/02/05 (Sun)

先日、ある知人からこんな相談を受けました。「妻が知り合いの保険外交員から外資の生命保険を勧められたのだがどう思う?」と。「外資の生命保険」と聞いて私はテレビCMなどでおなじみのカタカナ系社名の保険会社を思い浮かべたのですが、話を聞いてみるとどうやら違うようです。それでは日本ではなく海外で営業している保険会社との直接契約を指すのか?と思ったらそれも違うようでした。そして詳しい事情を聞く内に判明したのが今回のタイトルに掲げた「外貨建保険」、すなわち外貨建ての生命保険だったというわけです。そもそも私は生命保険に対する関心が薄く、外貨建ての生命保険の仕組みについても詳しくは知らなかったのですが、いろいろと問題が指摘されていることだけは風の噂で聞いていました。そこで私はその知人に対して即座に「止めておけ」と答えました。その理由として私が説明した主旨はおおむね以下のとおりです。「リスクを覚悟して為替差益を狙うこと自体は否定しない。かく言う私自身も積極的に為替リスクを取っている。しかしそれを生命保険で行う必要はまったくない。為替リスクを負う覚悟があるのなら他にもっと良い方法がたくさんある。」万が一の事態に備える生命保険ではあらかじめ必要な保障額を計算して契約するはずなのに、為替レート次第で実際の受け取り額が変わってくるのでは生命保険本来の役割が果たせません。さらには保険料を運用するのは保険会社の仕事なのですから、保険会社が為替リスクを負って上手に運用してくれればいいわけで、そのリスクを契約者に押し付けるのはいかがなものか?とも思います。契約者はただでさえ高い手数料を支払っているのですから、もし私なら外貨建保険を勧める保険外交員に対して「為替リスクはそちらで負ってよ。あなた方は運用のプロなんでしょ?」と言ったでしょう。

リスクとリターン

kage

2017/02/04 (Sat)

今回のタイトルに掲げたリスクとリターンは、投資の世界に足を踏み入れた方なら誰でも頻繁に耳にすることになる単語です。分かりやすい例を挙げるなら、「高いリスクを取れば一攫千金も夢ではないが反対に大損する可能性も高まる(=ハイリスク・ハイリターン)」や「リスクを抑えれば大損する可能性を低減できるが反対に大儲けには期待できない(=ローリスク・ローリターン)」などがあります。このようにリスクとリターンは基本的に正比例の関係にあると考えてよいでしょう。ちなみにリスクは一般的には「危険性」という意味合いで捉えられますが、投資におけるリスクは損をする危険性を指すのではなく、想定リターンから上下に乖離する幅の大きさを指します。この振れ幅は時計の振り子やメトロノームと同じように、取ったリスクの大きさに応じて左右に(投資では上下に)同じだけ振れるものなのです。すなわち、高いリスクを取れば取るほどリターンの予測は困難になるわけで、そこが投資の難しいところであり醍醐味でもあるのかも知れませんね。「将来の値動きは誰にも分からない」が相場の真理である以上、自分が取ったリスクがどれほどのリターンをもたらすのか?についても結局のところは終わってみなければ分かりません。しかし一方で過去の実績を検証することは誰にでも簡単にできます。「過去の実績は将来を保障しない」という相場の真理もありますので、過去を振り返ってみても意味はないと思われるかも知れませんが、結果的にその投資対象は優れていたのか?(=自分の選択は正しかったのか?)を知ることは決して無駄にはならないでしょう。そこで今回は過去のリスクとリターンを視覚的に分かりやすく確認できる資料をぜひご紹介させてください。