2016 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2016 07

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2016/06/25 (Sat)

前回のエントリーにも書いたとおり、まさかまさかの英国EU離脱で悠長に混乱前のご報告をするような雰囲気ではなくなってしまいました。しかし毎月の定時報告は自分で自分に課した決め事ですので、市場が混乱したからといって勝手に中止するわけにもいきません。そこで今月の定時報告もいつものフレーズで始めさせていただきます。今回もご報告が大変遅くなってしまいましたが、6月22日(水)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,169円 (先月比19円上昇)
●約定価額 : 11,973円 (先月比343円下落)
●騰落率 : +30.6% (先月比4.0%悪化)


先月の定時報告で私は「これからは長期投資家といえども世界経済という名のジェットコースターに乗っている自覚を持ってシートベルトの再確認をしておくべきなのかも知れませんね」と書いておりましたが、まさかわずか1ヵ月後にこのような形(=英国のEU離脱)でジェットコースター級の恐怖を味わうことになろうとは夢にも思っていませんでした。まさに相場の世界は「一寸先は闇」ですね。このように世界市場が大混乱に陥っているのに混乱前の騰落率(=私個人の運用成績)をご報告しても空しいだけですから、一応昨日金曜日(6月24日)の基準価額11,565円で再計算しておくと+26.1%になります。だたし昨日の大混乱が基準価額に反映されるのは週明けになってからですので、基準価額11,000円割れ(=騰落率+20%割れ)も覚悟しておくべきなのかも知れません。一般的に今回の英国EU離脱のように例え確率は低くても事前に想定されていた「最悪のシナリオ」は、ひとたび現実になってしまえば市場に一時的な大混乱をもたらした後でいわゆる「悪材料出尽くし」となることが珍しくないのですが、何しろEU加盟国の離脱は創設以来初めてのことであり、英国分裂の可能性(=残留派が多かったスコットランドの独立運動が再燃)も急浮上しているため、まだまだ予断を許さない状況が続くものと考えておくべきなのだろうと思います。多くの市場関係者が指摘しているとおり、市場が何よりも嫌うのは悪材料ではなく不透明さ(=何が起きるのか分からない)なのですから。

今年のNISA投資 第四弾発動

kage

2016/06/24 (Fri)

タイトルにあるとおり、本日今年のNISA投資第四弾を発動いたしましたので謹んでご報告させていただきます。エントリーの順序としては本来なら「セゾン投信定期積立経過報告」を先に更新すべきなのですが(今月分は6月22日に約定済みです)、ご承知のとおりの英国EU離脱決定により完全にそれどころではなくなってしまいました。正直なところ英国の国民投票の結果が万が一EU離脱となったら今年のNISA投資第四弾発動しようと以前から心に決めてはいたのですが、投票結果が出る前に私が犯してしまった痛恨の読み違いにより最終的に今回の発動はギリギリの決断になってしまいました。その痛恨の読み違いを恥を忍んで告白しますと、実は今朝の時点で私は「万が一」に備えてそれなりの売りポジション[厳密には日経平均ベア2倍上場投信(銘柄コード:1360)の買いポジション]を持っていたのですが、朝の各種報道を見て「これは残留で決まりだな」と確信して(今にしてみれば値千金の)売りポジションを寄り付き成り行きで決済してしまったのです(それも損切りです)。「万が一」に備えた保険を結果が出る前に解約してしまった自分自身の愚かな短慮に対する深い後悔の念に苛まれつつ、今このエントリーを書いている次第です。

前置きが長くなってしまいましたが、今回の発注内容もこれまでとまったく同様の「ひふみプラス10万円也」です。本日15時までの発注分は月曜日の基準価額で約定する予定です。

SBI2016062401

投資初心者にセゾン投信はおすすめできない?

kage

2016/06/19 (Sun)

本エントリーは昨日書いた「結果にコミットする」の続きです。昨日のエントリーの最後に私は“続きは来週更新予定の「セゾン投信定期積立経過報告」をご覧ください”と書きましたが、来週まで待つのがもどかしいという気持ちをどうしても抑えることができず、こうして独立したエントリーにしました。

昨日も書いたとおり、私がセゾン投信に対して抱えている不満とは私が勝手にセゾン投信から受益者に向けたコミットメントであると理解している信託報酬の引き下げがいまだに実現していないことです(ただしバンガード社由来のコストダウンは除く)。そうこうしている内にファンド業界はインデックスファンドを中心にコストダウン競争が激化し、セゾン投信が運用する両ファンドのコストは相対的に割高感が増大してしまいました。論より証拠でセゾン投信の公式サイトに掲載されている両ファンドのコストを以下に引用してみましょう。皆さんはこの水準を客観的に見て安いと思われますか?

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンド 年0.69%±0.03%(税込/概算)

セゾン資産形成の達人ファンド 年1.35%±0.2%(税込/概算)

結果にコミットする

kage

2016/06/18 (Sat)

今回のタイトルは皆さんお察しのとおり、某有名テレビ・コマーシャルのパクリです。とはいえ書きたい内容はダイエットについてではありません。当ブログでも遅ればせながらeMAXISインデックスシリーズが“受益者還元型”信託報酬を導入する話題について触れておこうと考えた時に、真っ先に私の脳裏に浮かんだのがこの有名フレーズだったのです。なおこの“受益者還元型”信託報酬導入についてはeMAXISインデックスシリーズの運用元である三菱UFJ国際投信株式会社より6月15日付で下記のプレスリリースが出されていますので、まだご覧になっておられない方はまずご一読ください。

『eMAXIS シリーズ』における“受益者還元型”信託報酬導入に関するお知らせ
(注意:リンク先はPDFファイルです)

ご覧のとおり詳細についてはまだ明らかにされていませんが、この仕組みを先行して導入するファンドを見ると純資産額の規模に応じて信託報酬を引き下げる内容のようです。私はこれを見て、結果(=純資産額の増加)に対して信託報酬の引き下げをコミット(約束)するという連想をしました。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2016/06/14 (Tue)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 15,443円 (先月より87円上昇)
●約定価額 : 32,972円 (先月より530円下落)
●騰落率 : +113.5% (先月より4.7%悪化)


先月に引き続き今月の定時報告も何とか約定日翌日に行うことができ、2ヵ月連続で冒頭に「今月もご報告が大変遅れてしまいましたが」を挿入せずに済みました。これまでは約定日翌日という日程を気にすることなくのんびりと週末まで更新を先送りしてきたのですか、今月に限っては「これは早めに更新しておかなければ」という切迫感に苛まれつつ書いています。そこまで私を駆り立てた理由は、日本の個別株投資を手がけている方なら先刻ご承知のとおり、この一両日でひふみ投信を取り巻く市場環境が急変しており、まさに「風雲急を告げる」状況になっているからです。具体的には日経平均株価はこの一両日だけで742円36円も下落しあっけなく16,000円を割り込み、新興市場のマザーズ指数は今日1日だけで10.33%も下落して節目の1,000ポイントを割り込みました。このような環境激変に対してひふみ投信も無傷で済むわけもなく、昨日(定期積立約定日)の基準価額は前日比-1,129円(-3.31%)の32,972円となり、「安くたくさん買えてラッキー!」と精一杯の強がりを言う暇もなく今日の基準価額は前日比-889円(-2.7%)の32,083円まで下落しています。ご承知のとおり今週は米FOMCと日銀金融政策決定会合が予定されており、来週23日には英国のEU残留・離脱を問う国民投票が控えています。これらの結果次第では市場はさらに大荒れになり、ひふみ投信の基準価額も再び3万円割れを試すことになるのかも知れませんね。

山崎バズーカ第二弾炸裂

kage

2016/06/12 (Sun)

本エントリーは3月21日に書いた「山崎バズーカ炸裂」の続編です。昨日(6月11日)放送された「淳と隆の週刊リテラシー(注:リンク先は公式サイトです)」のゲストコメンテーターが再び経済評論家の山崎元さんだったのですが、今回もまた(というよりむしろ前回以上に)思い切り「山崎バズーカ」をぶっ放してくださいましたので、これに便乗して早速ブログネタにさせていただきました。前回も書きましたが、この番組を放送しているTOKYO MX(正式名称は東京メトロポリタンテレビジョン)が首都圏ローカルという珍しいテレビ局ですのでご存じない方も多いと思いますが、私の中では現在の日本で最も言論の自由を重んじるテレビ番組(出演者が言いたいことをズバズバ言える)という位置付けです。そのような環境下で解き放たれた山崎さんが繰り出す数々のバズーカ級発言を首都圏の限られた地域でしか視聴できないというのは誠にもったいないことですので、微力ながら当ブログが拡散のお役に立てればと願っております。なお前回同様のご注意となりますが、以下に掲載する「山崎バズーカ」の数々は私の判断で多少言い回しを変えておりますので、ご本人の真意とズレてしまっている可能性のあることをあらかじめご承知置きください。また特に発言者の表記がないものはすべて山崎さんのご発言です。

確定拠出年金のスイッチングは時間がかかる

kage

2016/06/11 (Sat)

確定拠出年金におけるスイッチングとは、現在保有している運用商品を売却して他の運用商品に買い換えることを指します。そしてあらかじめスイッチングの指図(一般的な資産運用における注文と同じ意味です)を出しておけば、後は自動的に一連の手続きが完了する仕組みになっています。これが特定口座や一般口座における投資信託であれば売却と購入の注文をそれぞれ別々に出す必要がありますので、かかる手間という観点では確定拠出年金のスイッチングの方が格段に楽であることは間違いありません。ただし本エントリーのタイトルに掲げたとおり、確定拠出年金のスイッチングにはかなり時間がかかることもまた事実です。もしスイッチングという単語のイメージから即座に乗り換えが可能だと思われている方がおられるなら、それは誤解です。確定拠出年金におけるスイッチングもやっていることは基本的に特定口座や一般口座の投資信託の乗り換え(売却→購入)と同じですので、約定日や受渡日の制約を受けることはぜひ知っておいてください。そこで本エントリーでは5月31日付のエントリー「確定拠出年金のスイッチングを実施」でご報告した私自身の事例を基に、確定拠出年金のスイッチングには実際にどれくらいの時間がかかるのかをご紹介しましょう。

103万円の壁と130万円の壁

kage

2016/06/05 (Sun)

前々回のエントリー「専業主婦(主夫)は確定拠出年金に入ってはいけない?【訂正及び追記あり】」では恥ずかしながら私の勉強不足による勘違いがありました。ご指摘を受けて「訂正及び追記」を書いた後にふと「そういえば以前にも同じような失敗をしたような気がするな」と思い当たり、過去のエントリーを探してみたところありました。今から約7年半前に書いた下記のエントリーで、今回とまったく同じ扶養家族の判定に関する勘違いをご訪問者様にご指摘いただいておりました。

ETF乗り換え時に注意すべきこと(2008/11/14)

過去と同じ過ちを性懲りもなくまた繰り返してしまうとは、自分自身の学習能力の欠如を今さらながらに深く恥じ入るばかりです。そこで今後二度と同じ過ちを繰り返さないよう(もしまた繰り返してしまった時にはそれはそれでブログネタになるよう)、備忘録として今回の勘違いに関する一連の流れを記録しておきたいと思います。

確定拠出年金の加入は早ければ早いほどお得になる?

kage

2016/06/05 (Sun)

本エントリーは前回の続きです。昨日のエントリーでは恥ずかしながら私の勉強不足による勘違いがありましたので、今回は念には念を入れて慎重に書き進めたいと思います。もしあなたが専業主婦(主夫)であり、熟慮を重ねた上で確定拠出年金への加入を決断したのであれば、一刻でも早く加入するのがお得です。これは「善は急げ」的な漠然とした意味ではありません。文字通り将来の年金受け取り時にお得(=有利)になるのです。その秘密は前回のエントリーに書いた「確定拠出年金を一時金で受け取る場合は退職所得として扱われ、加入年数1年につき40万円の控除が認められるからです(80万円に満たない場合には80万円、21年目以降は1年につき70万円)」に隠れていました。ちなみに確定拠出年金を一時金として受け取った場合に退職所得とみなされることは国税庁のサイト内にある「No.2725 退職所得となるもの」に確定拠出年金法に規定する企業型年金規約又は個人型年金規約に基づいて老齢給付金として支給される一時金と記載されていることから確認できます。また厚生労働省のサイト内にある「確定拠出年金制度の概要」にも一時金は退職所得控除を受けられることが書かれています。

専業主婦(主夫)は確定拠出年金に入ってはいけない?【訂正及び追記あり】

kage

2016/06/04 (Sat)

当ブログをご訪問いただいた投資に関心のある皆さんなら先刻ご承知のとおり、去る5月24日に衆議院本会議で改正確定拠出年金法が可決され、2017年1月より新たに専業主婦(主夫)、公務員、すでに企業年金に加入している会社員などの加入が可能になります。この決定を受けて早速確定拠出年金への加入を検討されている専業主婦(主夫)の方もたくさんおられるのではないでしょうか?しかしちょっと待ってください。確定拠出年金の仕組みをよく理解しないままで加入してしまうと、後々大きな不利益を被ってしまう可能性もありますので十分にご注意ください。

その不利益とは具体的に何を指すのか?を書く前にまず確定拠出年金のメリット(利点)を確認しておきましょう。以下は私自身が約9年前に書いた「イー・トレード証券(現・SBI証券)の確定拠出年金積立プラン」からの引用です。

・掛金は全額所得控除の対象となる
・確定拠出年金として運用している限りは譲渡、配当、利子などの課税が免除される
・年金と一時金のいずれの受け取り方法でも税制上の優遇措置の対象となる