2016 04 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2016 06

確定拠出年金のスイッチングを実施

kage

2016/05/31 (Tue)

私が個人型確定拠出年金に加入していたことは前々回のエントリーで告白したばかりですが、タイトルにあるとおり本日2つのスイッチング(=ファンドの乗り換え)を実施いたしましたので早速ブログネタにさせていただきます。なお今回のスイッチングはこちらのエントリーでご紹介したSBI証券の個人型年金プラン運用商品大幅拡充を受けて決断したものでした(タイミングは少々遅くなりましたが)。ご参考までにその明細を下記に貼り付けておきます(ただし解約数量は非公開とさせていただきます)。

switching

ご覧のとおり先進国株式と先進国債券の投資対象をEXE-iシリーズから今回追加された低コストインデックスファンドに代えました。受付日は昨日(5月30日)になっていますが、これは昨日の夜にスイッチングの指図をしたためです。加えて日付けの下に赤字で「注文中」と書いてあることからお分かりのとおり、これらのスイッチングはまだ約定していません。とはいえもはや指図の取り消しは不可能ですので、後は淡々と約定を待つばかりです。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2016/05/28 (Sat)

今月もまたご報告が大変遅れてしまいましたが、5月23日(月)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 9,150円 (先月比22円上昇)
●約定価額 : 12,316円 (先月比261円下落)
●騰落率 : +34.6% (先月比3.2%悪化)


先月の定時報告で私は、セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価額が為替市場における円高進行の影響を受けて「4月1日の12,725円を目先のピークにして4月11日には12,188円まで下落してしまいました」と書きました。その後はドル円が円安方向に振れてくれたお陰もあり、結局先月(4月21日)の約定価額は12,577円となったのでした。しかしそこでホッと一息ついたのも束の間、日本が大型連休を迎えた5月初旬にはまたもや円高が進行し、ドル円は再度1ドル=105円を試す展開となったのです。この動きを受けてセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価額は4月25日の12,705円を目先のピークにして5月6日には12,163円まで下落してしまいました。その後ドル円が円安に振れたお陰もあり、今月(5月23日)の約定価額が12,316円まで戻した点も含めてデジャヴ(既視感)を覚えずにはいられない展開ですよね。このように過去2ヵ月間に2度の大きなうねりが発生したことで結果的に押し目買いのチャンスと高値掴みのリスクが出現したわけですが、定期積立投資の約定価額は2度とも「そこそこの水準」という面白くも何ともない結果になってしまいました。もっとも自分で追加投資のタイミングが選べない定期積立だからこそ、運良く安値で約定した時は素直にラッキー!と喜べますし、反対に運悪く高値掴みをしてしまっても仕方ないとスッパリ諦めることができるので気が楽です。とはいえ昨日閉幕したG7伊勢志摩サミットにおける安倍総理の発言によると、現在の世界経済はリーマンショック直前に似た危機的状態にあるそうですからこの程度のうねりに一喜一憂している場合ではないのかも知れません。果たしてリーマンショック級の危機が再来するのか?はたまた世界的な金融緩和と財政出動により新たなバブルが生まれるのか?それともこのまま現状維持が続くのか?それは誰にも分かりません。ただこれからは長期投資家といえども世界経済という名のジェットコースターに乗っている自覚を持ってシートベルトの再確認をしておくべきなのかも知れませんね。

最近お気に入りのヨーグルト

kage

2016/05/22 (Sun)

私がガンの再発を予防するための食習慣改善の一環として毎朝ヨーグルトを食べていることは以前「抗がん食材 番外編 パート2」でご報告いたしました。その時私は「ヨーグルトに対する私のこだわりは、乳酸菌の種類が偏らないようにランダムに銘柄を変えることです。これは同じ種類のヨーグルトばかり食べていると体がそれに慣れてしまい、乳酸菌の効果が薄れると聞いたからです。」と書いておりました。ところが最近になってお気に入りの銘柄ができて毎日そればかり食べているのです。そのお気に入りのヨーグルトとはズバリ下記の商品です。

ヤツレン01

この商品は株式会社ヤツレン(前身は八ヶ岳高原農業協同組合連合会)製造の八ヶ岳野辺山高原ヨーグルトです。首都圏では取り扱っている店舗が極めて限定されているため、ほとんどの方々には見慣れない商品ではないでしょうか?

SBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金>

kage

2016/05/21 (Sat)

今回の表題に掲げたSBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金>とは1ヵ月前にSBI証券の個人型年金プラン(個人型確定拠出年金)の運用商品に追加されたファンドであり、当ブログでも「SBI証券の個人型年金プラン運用商品が大幅拡充【追記あり】」でご紹介しておりました。そのファンド名を今回の表題に掲げた理由はズバリ私自身がこのファンドを購入したからです。なおこのファンドはその名称に<DC年金>が付いていることからもお分かりのとおり確定拠出年金(DC)専用であり、普通の口座(一般・特定・NISAなど)で買い付けることはできません。これが何を意味しているかと申しますと、私自身がSBI証券に個人型年金プラン(個人型確定拠出年金)の口座を開設しているということです。それも今般の運用商品大幅拡充に合わせて開設したわけではなく、ずいぶん以前から自力で年金運用に取り組んでおりました。これまで当ブログでも確定拠出年金のネタは何度も取り上げてきましたが、私自身がその対象者で実際に口座を開設して運用を行っているという事実についてはあえて明言を避けてきました。その理由は投資や運用に関する手の内をすべてさらけ出したくないという気持ちが第一にあり、加えてハイリスク投機家を自認している私でもさすがに年金運用ではリスク低減を意識せざるを得ずインデックスファンド100%という私らしくない選択になってしまっていることがありました(それでも元本保証100%や国内債券100%に比べれば十分にハイリスク投機的ではありますが)。それがこの度のSBI中小型割安成長株ファンド ジェイリバイブ<DC年金>購入で初めてアクティブファンドがラインナップに加わりましたので、これからは年金運用もブログネタに加えていきたいと思っております。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2016/05/14 (Sat)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 15,356円 (先月より90円上昇)
●約定価額 : 33,502円 (先月より989円上昇)
●騰落率 : +118.2% (先月より5.2%改善)


今月の定時報告は久しぶりに約定日翌日に行うことができ、冒頭にいつも挿入していた「今月もご報告が大変遅れてしまいましたが」を書かずに済みました。しかし、正直なところを申し上げますとこのエントリーは無理矢理に書いているのです。何故なら昨日の約定の詳細が書かれた取引報告書の発行は週明け月曜日(5月16日)になるため、現状では正式な結果を知らずに書いていることになるのですから。それでも昨日の基準価額は分かっていますので今回のご報告はそれを基に自力で計算しました。もし週明け発行される取引報告書の内容と違いがあれば後でこっそり修正しておきます。思い起こせばほんの3ヵ月前の定時報告では約定価額が3万円の大台を大きく割り込んだ28,946円であり、私個人の運用成績を示す騰落率も100%を大きく下回った+91.9%となっていました。それを考えると3ヵ月間でよくぞここまで戻してくれたものだと感慨もひとしおです。これも私たち受益者のために日々奮闘してくださる運用チームの皆さまのご苦労の賜(たまもの)であり、受益者の末席に名を連ねる者として改めて敬意を表すると共に厚く御礼申し上げる次第です。