2015 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 08

さようなら さわかみファンド

kage

2015/07/31 (Fri)

昨年から当ブログ上でたびたび売却の意思表明を繰り返しながらなかなか実行に踏み切れずにいたさわかみファンドですが、このままでは「売る売る詐欺」になってしまうと反省して本日キレイさっぱり全数売却を実行しました。本日午後3時までの売却注文は週明け月曜日の基準価額で約定することになっていますので厳密にはまだ売却は完了していませんが、もはや注文の取り消しはできませんので後は心静かに5営業日後の銀行口座振り込みを待つだけです。もし最後のわがままをお許しいただけるなら、月曜日の基準価額が今日よりも高くなってくれれば嬉しい限りです。

下記はいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきたさわかみファンドの過去6ヵ月チャートです。ご覧のとおり5月までに順調に右肩上がりの軌跡を描いていたのですが、6月1日をピークにして下落トレンドに転換してしまったようにも見えます。そういう意味では今日の売却の決断は遅きに失した感を強くしますが、将来の値動きは誰にも分からないものですから結果を見て嘆いても無意味です。ただ3月時点では有名な相場格言である「Sell in May(5月に売れ)」に従ってみようかな?と考えていたこともあり、初志貫徹していればと後悔の念を禁じ得ないこともまた事実です。

さわかみファンド

制度改訂時限定 SBIカードポイントの有利な換金方法

kage

2015/07/30 (Thu)

このエントリーは「SBIカードのポイント付与率が大幅低下 さてどうしたものか」の続編兼後日談です。前回のエントリーを書いた後、SBIカードから「商品改訂に関する大切なお知らせ」が書面で郵送されてきました。その内容は同社のサイト上にある「SBIレギュラーカード 年会費・SBIカードポイントプログラム・ショッピング手数料等改定のお知らせ」と同じものでした(書面にはゴールドカードとプラチナカードの改訂内容も併記されていました)。また前回のエントリーでとりあえず現時点では「続報に注目」ということにしておきたいと思いますとしていた「年間のご利用金額に応じたボーナスポイント」の詳細は送られてきた書面にも書かれておらず、結局今回の改訂はポイント付与率の大幅な改悪なのか?という疑問は依然として残ったままです。このようにわざわざ郵送されてきた書面を読んでも新たな発見は何もありませんでした。ただ書面に書かれていた改訂内容をつらつらと眺めている内に私自身が勘違いしていたことに気付いた点がありましたので、今回はそれをネタにしようと思い立った次第です。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2015/07/24 (Fri)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,890円 (先月比33円上昇)
●約定価額 : 13,948円 (先月比5円上昇)
●騰落率 : +56.7% (先月比0.6%悪化)


ご覧のとおり今月の約定価額は先月比でわずか+5円に過ぎず、ほぼ横ばい状態でした。この数字だけで判断すればこの1ヵ月間はまったくの無風状態だったように思われるかも知れませんが、皆さんご承知のとおりこの間にはギリシャ債務問題と上海株急落ショックが同時に世界のマーケットを襲うという緊急事態が発生しました。下記はいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきたセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの6ヵ月チャートですが、これを見ればこの1ヵ月間の値動きがいかに激しかったかがお分かりいただけると思います。

SVGBF_6m

もしも東芝が上場廃止になったら

kage

2015/07/18 (Sat)

本来であれば現時点では未確定の重大な事象に対してこのように不安を煽るようなタイトルを付けてエントリーを書くべきではないのですが、当ブログに設置しているアクセスカウンターの付属機能である検索キーワードを見るとこのところ明らかに「東芝 上場廃止」のようなパターンが増えていますので、上場廃止となった西武鉄道(現在の西武ホールディングス)株を10年近く持ち続けた私の経験を改めてまとめておこうと思い立った次第です。ちなみにこのようなキーワード検索で当ブログがヒットする理由は2ヵ月前のエントリー「上場廃止株を持ち続けるとどうなる?」で下記のとおり東芝に言及していたからです。

以下は余談ですが、会社の不祥事といえば東芝もそうですよね。もし仮に現在問題となっている不適切会計が会社の意図的な粉飾決算と認定されれば最悪の場合上場廃止の可能性もあるのではないでしょうか?実際に東芝が上場廃止になる確率は極めて低いとは思いますが、もしそうなれば西武ホールディングスの夢よもう一度で将来的な再上場に賭けて買ってみてもいいかな?と漠然と思ったりしています。西武ホールディングスは上場廃止後、後藤社長以下全社一丸となって必死の思いで企業改革に取り組みましたので、もし東芝が万が一上場廃止になるようならもう一度10年間株を持ち続ける覚悟で「奇跡の大復活」に賭けてみたいと思います。


ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2015/07/14 (Tue)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 14,431円 (先月より97円上昇)
●約定価額 : 32,767円 (先月より397円上昇)
●騰落率 : +131.2% (先月より4.3%改善)


このところ毎度毎度同じような表現となり誠に恐縮の至りですが、今月の定時積み立て結果も上記の数値だけを見れば極めて順調のように思えますが、その実態は皆さますでにご承知のとおり先月の約定日以降はまた山あり谷ありの波瀾万丈の1ヵ月間となりました。特にこの1週間はギリシャ危機と上海株暴落が同時に東京市場を襲い、日経平均株価は近年まれに見るような乱高下を演じることになりました。結果的に現時点ではギリシャの債務問題も何とか解決の糸口となる合意に達し(もちろんまだまだ予断は許しませんが)、上海株も政府当局の強引な市場介入が奏功したのかとりあえず下げ止まった形になっています(こちらもまだまだ波乱含みですが)。私がひふみ投信やセゾン投信で実践している定期積み立て投資は買い付けタイミングを自分で決めることはできないため絶好の買い場で買えるかどうかは運を天に任せるしかないのですが、約定日直前にこれだけ相場が大きく動いてしまうと無駄とは知りつつ「約定日があと数日早ければ」と思ってしまいますよね。何はともあれ今はただこのような大波乱相場の中でも私個人の運用成績を+130%超えまで押し上げてくれたひふみ投信の運用手腕に深く感謝するばかりです。

SBIカードのポイント付与率が大幅低下 さてどうしたものか

kage

2015/07/11 (Sat)

すでにあちこちのブログで話題になっているので「何を今さら感」が強く漂うことは否めませんが、私も保有しているSBIカードが2015年10月1日に年会費、ポイントプログラムの変更を含む商品改定を行います。ちなみに今回の改訂は私が保有しているSBIレギュラーカードのみならず、SBIゴールドカードやSBIプラチナカードでも行われます。ご参考までにSBIレギュラーカードの改定内容へのリンクを下記に貼り付けておきます。

SBIレギュラーカード 年会費・SBIカードポイントプログラム・ショッピング手数料率等改定のお知らせ

今回の変更のポイントをザックリと書き出すと、1.年会費が無料から有料に(2年目以降972円(税込み)。ただし「年間利用金額10万円以上」で次年度無料。)2.キャッシュバック交換レート大幅低下(等価~1.2倍が1/3~1/2に)3.SBIポイント交換レート大幅低下(等価交換が交換率25%~42%に)となります。

レオス・キャピタルワークスの財務状況

kage

2015/07/07 (Tue)

3月に書いた「セゾン投信定期積立経過報告」において、セゾン投信が投資信託協会へ提出した届出書で同社の財務状況を確認したことがあったのですが、今般ひふみ投信の運用元であるレオス・キャピタルワークスも同様の届出書を公開していることに気付きましたので、本エントリーではこれをネタにさせていただきたいと思います。なお当該届出書はレオス社のサイト内の下記の場所で公開されておりますので、同社の経営体制や財務状況に興味をお持ちの方はぜひ確認してみてください。

企業情報>財務情報等>一般社団法人投資信託協会「定款の施行に関する規則」第10条に基づく開示

正会員の財務状況等に関する届出書(2015年6月30日)(注意:クリックするとPDFファイルが開きます)

セゾン投信 NEWS LETTER にあの人が登場

kage

2015/07/06 (Mon)

本日セゾン投信から届いたメール「お客さまへのメッセージ・月次運用レポート 7月号」を拝読して、「お客さまへのメッセージ セゾン投信NEWS LETTER 7月号」の目次の中に私がずっと登場を待ち望んでいたあの人の名前を見付けました。その人とはズバリ、日本郵便株式会社 代表取締役社長 髙橋 亨さんです。今回髙橋社長は【ゲストからの応援メッセージ】に『コツコツと未来を築く』と題する一文を寄稿しておられます(詳しくは下記リンク先をご参照ください)。

セゾン投信 NEWS LETTER(注意:クリックするとPDFファイルが開きます)

ちなみに私が髙橋社長の登場を待ち望んでいたことは、昨年11月に書いた「まだまだツッコミが甘い」で下記のような提案をしていたことからもお分かりいただけると思います。

受益者に対して今回の提携に関する説明が遅れたことに関連して、私からひとつ提案があります。今からでも遅くはありませんので「お客さまへのメッセージ セゾン投信NEWS LETTER 12月号」に日本郵便の髙橋亨社長からのメッセージを掲載してください。もし間に合わないのなら、新年号でも構いません。受益者の動揺や疑念を解消するには、提携先のトップから直接語りかけてもらうことが効果的であると思いますので。以上、ご検討のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

ETFでハイリスク投機 シーズン6 終了報告

kage

2015/07/02 (Thu)

昨日のエントリーの最後に私は「できることなら明日はETFでハイリスク投機 シーズン6 終了報告を書けるよう相場の神様にお祈りして今夜は就寝したいと思います」と書きました。そして今朝目が覚めて早速米国の結果を確認してみると、CME(シカゴ・マーカンタイル取引所)の日経平均先物(円建て)は前日比+160円の20,560円で返ってきておりました。この結果を受けて始まった東京時間で日経平均株価は昨日の終値より200円以上も高い20,565円94銭で寄り付きます。この瞬間、昨日利益確定ライン(買値+300円)に届かず残っていた18単位がすべて収穫(利益確定)され、ETFでハイリスク投機 シーズン6は昨夜の思惑通りにめでたく大団円を迎えることができました。なお下記がその収穫成果です。ご覧のとおり税引き後で8,000円強の利益を手にすることができました。

1570

ETFでハイリスク投機 シーズン6 経過報告

kage

2015/07/01 (Wed)

皆さんご承知のとおり一昨日の月曜日はギリシャの債務不履行(デフォルト)懸念の高まりを受けて日経平均株価が今年一番の下落幅を記録した悪夢の日でした。そんな日に無謀にも発動を宣言したのがETFでハイリスク投機 シーズン6だったのですが、発動当日は禁断の「落ちてくるナイフを素手で掴む」状態で約定した信用買い建玉46単位中38単位が含み損を抱える状態でした。しかしその後は幸いにも昨日、今日と連続で日経平均株価が上昇してくれたお陰で28単位があらかじめ設定しておいた利益確定ライン(買値+300円)に到達し、めでたく収穫することができました。下記がその28単位の収穫記録なのですが、ご覧のとおり税引き後で約6,500円の利益を手にすることができました。なお「手数料/諸経費等」の280円は仮の計算によるものですので、最終損益額はここにある数値から多少変動する予定です。

1570