2015 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2015 07

さわかみファンド現状報告

kage

2015/06/30 (Tue)

月日が流れるのは本当に早いもので、今日で2015年も半分が終わり、明日からはもう後半戦に突入です。しかしながら私はいまだに保有するさわかみファンドの売却に踏み切ることができず、結果的に今年のNISA枠もまったく手つかずのまま残してあります。もっとも昨年のNISA枠を使い切ったのが9月(「今年のNISA投資を完了」でご報告しております)だったことを思えば、まだまだ焦る時期ではないことも確かです。とはいえ、ちょうど1ヵ月前の「さわかみファンド現状報告」に書いた「現在米国株が調整の気配を見せているため今年に限っては「Sell in June(6月に売れ)」となる可能性もなきにしもあらずですが」が月末を目前にして現実のものとなってしまいましたので、やはり当初想定していた「有名な相場格言である「Sell in May(5月に売れ)」に従ってみようかな?と取らぬ狸の皮算用をしているところです」に素直に従っていれば良かったという後悔の念も心の片隅に少しだけ抱えております。しかしながら将来の値動きは誰にも分からないのですから、今さら過去を嘆いてみてもどうしようもないのですが。

ETFでハイリスク投機 シーズン6

kage

2015/06/29 (Mon)

今日からさかのぼることわずか6日前の先週火曜日(6月23日)に「ETFでハイリスク投機 シーズン5 終了報告」をしたばかりなのですが、終了から一週間を待たずにETFでハイリスク投機 シーズン6を発動する運びとなりました。そのきっかけは皆さんご承知のとおり、ギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念の高まりにより今日の日経平均株価が今年最大の下げ幅(前日比596円20銭安)を記録したことです。今日は寄り付き前から為替市場ではドル円が一気に円高ドル安に振れていたこともあり、日経平均株価の大幅下落は避けられない雰囲気でした。そこで「ここはハイリスク投機家として一勝負せねばなるまい」と覚悟を決め、前回同様に「NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 《愛称》日経レバレッジ指数ETF(1570)」に指値注文を入れておきました。正直なところ自分ではかなり安いところから下に指値を入れていたつもりだったのですが、日経平均株価の下げ幅が一時600円を超えるという予想外の展開になり、「さすがにここまでは下げないだろう」と思いながら入れていた指値が次々にヒットしてしまったのです。

NISAの「これまで」と「これから」

kage

2015/06/28 (Sun)

当ブログをご訪問いただいた投資に関心の高い皆さんなら先刻ご承知のとおり、来年からNISA(少額投資非課税制度)の内容が拡充されます。具体的には現行の非課税枠100万円が120万円に増額され、加えて新たに未成年を対象としてジュニアNISAが創設されます。暦の上では来週水曜日から7月に入りいよいよ1年の後半に突入するわけですから、当ブログでもそろそろこの話題を取り上げようと思いネット上を漂流しつつ情報収集をしていたところ、いつも私が何かと参考にさせていただいているストックボイスでこの話題にピッタリの内容が放送されていたことに気付きました。ただ放送日は6月1日なので「遅ればせながら」ということになってしまいますが、NISAの「これまで」と「これから」がよく分かる内容になっていますので以下にその概要をご紹介させていただきたいと思います。なお放送時間は15分弱ですので、内容に関心をお持ちの方はぜひ下記リンクから閲覧してみてください。

石黑淳史さん

ゲスト6月1日 日本証券業協会 石黑淳史さん

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2015/06/24 (Wed)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,857円 (先月比33円上昇)
●約定価額 : 13,943円 (先月比112円上昇)
●騰落率 : +57.3% (先月比0.7%改善)


以前こちらのエントリーにも書いたとおり、私個人としては今年は「Sell in May(5月に売れ)」のアノマリー(根拠のない経験則)が実現しなかったため「Sell in June(6月に売れ)」になるのでは?と密かに心配しておりました。事実今月に入ってからは米国の利上げ時期を巡る不透明感やギリシャのデフォルト(債務不履行)懸念から市場は一時的にリスクオフに傾きかけました。そして現在でもこれらの懸念事項は何一つ解決していないにも関わらず、ここにきて市場の雰囲気は明らかにリスクオンに変わってきました。これにより米国ではダウ平均株価が再び18,000ドルの大台を回復し、NASDAQは改めて史上最高値を更新し、日本でも日経平均株価が15年2ヵ月ぶりにITバブル時の高値を超えました。このような相場環境の変化を背景にして今月の約定価額は先月より112円高い13,943円となりました。この数字だけを見ると「いよいよ14,000円が目前だ!」と思われるかも知れませんが、実は先月末から今月初めにかけて円安の進行を背景に一度は14,000円を超えていたのです。もちろんこれは設定来最高値であり、目先のピークは6月4日の14,107円でした。しかしその後は相場の雰囲気がリスクオフに転換したため基準価額も下落に転じ、6月11日には13,775円まで下がって純資産額も1,000億円割れ寸前の1,003億46百万円まで減少しています。つまり今月も先月と同様に、結果だけを見れば順調そうだが実は山あり谷ありだったということですね。

ETFでハイリスク投機 シーズン5 終了報告

kage

2015/06/23 (Tue)

昨日のエントリー「ETFでハイリスク投機 シーズン5 経過報告」で私は「もし明日の日経平均株価も上昇するようなら欲張らずに利益確定(返済売り)に踏み切るかも知れません」と書きました。そして実際に今朝終わった米国株が高く返ってきたこともあり日経平均株価も高く始まりそうだったため、寄り付き成り行き売りですべての信用買い建玉を決済(売却)いたしました。その結果は下記(左)のとおりです。ご覧のとおり税引き後で3,600円弱の利益を確定することができました(筆者注:下記の「手数料/諸経費等」の金額は仮計算ですので確定利益も多少変動します)。買い付けから売却までわずか4営業日であることを考えれば、我ながらこの結果は上出来であったと思います。【追記】最終損益が確定しましたので画像を追加しました(下記右)。ご覧のとおり税引き前で4,368円となりました。ここから20.315%の税金を差し引くと受け取り金額は3,481円となります。

1570 1570

ETFでハイリスク投機 シーズン5 経過報告

kage

2015/06/22 (Mon)

前回のエントリーで高らかに発動を宣言したETFでハイリスク投機 シーズン5ですが、本日も決済を行わず継続中です。そもそも本日は日経平均株価が上がっても下がっても様子見の方針で始めから決済を行うつもりはサラサラなかったのですが、予想外の株高により現在の損益は下記のとおりに改善しております。

1570_20150622

前回のエントリーでご報告したとおりこの買いポジションを建てたのは先週の木曜日でしたので、当日を含めてまだ3営業日しか経過していない計算になります。すなわち現状はわずか3営業日で+4%の利益を生んでいるわけで、この結果は正直出来過ぎです。今回の買いポジションの決済はしばらく引っ張ってみるつもりでしたが、もし明日の日経平均株価も上昇するようなら欲張らずに利益確定(返済売り)に踏み切るかも知れません。

ETFでハイリスク投機 シーズン5

kage

2015/06/20 (Sat)

ETFでハイリスク投機 シーズン4の発動からちょうど2ヵ月が経過した今週木曜日(6月18日)、満を持してシーズン5を開始する運びとなりました。もっとも「満を持して」という表現は真っ赤な嘘で、正確には「単なる思い付き」か「ちょっとしたアクシデントで」と言うべきなのかも知れませんが。

きっかけは木曜日のお昼休みのことでした。前日の米国株が上昇で返ってきて高く始まった日経平均株価だったのですが早々に値を消す展開となり、前場は予想外のマイナス引けとなりました。この弱い値動きを見て、「まさか日経平均株価が2万円の大台を割り込むことはないとは思うけど念のため買い注文を入れておくか」と思い付いたのがそもそもの間違いきっかけでした。ところが皆さんご承知のとおり「まさかそれはないだろうだろう」と思っていた日経平均株価2万円割れが現実になり、買い注文のいくつかが約定してしまったのです。自分の意思で買い注文を入れておきながら実際に約定したことに戸惑うのはおかしな話なのですが、「まさか約定するとは思わなかった」というのが偽らざる感想でした。何はともあれ、かくしてETFでハイリスク投機 シーズン5のスタートとなりました。なお今回の投機対象も前回同様「NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 《愛称》日経レバレッジ指数ETF(1570)」です。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2015/06/15 (Mon)

先週金曜日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 14,334円 (先月より98円上昇)
●約定価額 : 32,370円 (先月より1,399円上昇)
●騰落率 : +126.9% (先月より9.3%改善)


まず始めに毎度おなじみの釈明で恐縮ですが、先週金曜日の約定報告が本日になったのは決して私の怠慢が理由ではなく、レオス社のシステム上の理由で取引報告書の発行が週明けの本日になるためですので、くれぐれも誤解なきようにお願い申し上げます。さて、このところの日本株は日経平均株価が2万円の大台を回復した後にいわゆる高値持ち合い状態になり、上値が重い展開が続いています。しかし皆さんご承知のとおり、先月の定時報告後に日経平均株価が27年3ヵ月ぶりに12連騰を記録したこともあり、指数主導の上昇相場を苦手にしているひふみ投信もその恩恵を受ける形で今月の約定価額は先月より1,399円も高い32,370円となりました。これにより騰落率(=私個人の運用成績)も再び+120%台を回復しております。ちなみに金曜日の約定価額はひふみ投信の設定来最高値でした。なお本日の基準価額はさらに148円上昇して32,518円となっており、再び設定来最高値を更新しています。このような展開になってくれたことで先月の定時報告に「安くたくさん買えてラッキー!」と精一杯の強がりを書いたことが何とか格好が付く形になり、密かにホッと胸をなで下ろしています。

セゾン投信に望むこと

kage

2015/06/14 (Sun)

本エントリーはファイナンシャル・ジャーナリスト竹川美奈子さんのブログAbout Money,Todayの「セゾン投信の運用資産残高1000億円達成記念パーティー」を拝読して書いております。

本題に入る前にまずは軽い余談から始めさせていただきたいと思います。竹川さんとセゾン投信の関係といえば、私は今から6年前に開催されたセゾン投信のセミナー(こちらのエントリーでレポートしています)で竹川さんご自身の口から語られたエピソードを今でも鮮明に思い起こします。それはあたかもセゾン投信設立時のこと、セゾン投信に興味を持った竹川さんが取材を申し込むとあっさりと断られたそうです。これに対して中野社長は「いや、あの時は本当に忙しかったんですよ」と必死で釈明しておられました。素人考えではどんな企業でもまだ無名の創業時には知名度向上のためにどんな取材でも喜んで受けるはずだと思うのですが、これはまさに竹川さんのエントリーで紹介されているセゾン投信アドバイザー房前さんのお言葉にある「投信会社を立ち上げて軌道にのせるのは本当に大変だ」を如実に示しているエピソードといえるのではないでしょうか?

非課税は諸刃の剣

kage

2015/06/13 (Sat)

個人投資家にとって譲渡益や配当益に課税されない「非課税」は非常に魅力的であり、その耳に甘美な響きをもたらします。非課税の投資といえば最近でこそNISA(少額投資非課税制度)が真っ先に連想されると思いますが、少し前までは確定拠出年金(受け取り時には課税されますが運用益は非課税です)や外貨建てMMF(利息には課税されますが為替差益は非課税です。ただし来年1月1日より株式や投資信託の税制に統一されます。)が代表例でした。2013年末をもって証券優遇税制が終了して税率が本則の20%に戻り、さらに2037年までは復興特別所得税(所得税額×2.1%)が上乗せされることもあり、相対的に非課税の魅力は輝きを増しているように見えます。ただし当ブログでは過去に何度も指摘してきたとおり、非課税は税金が免除されるという大きなメリットがある一方で損失に対する救済が一切ないというデメリットも持つ、いわば諸刃の剣なのです。このように利点(メリット)と欠点(デメリット)を併せ持つ商品に対して意図的にメリットだけを強調してデメリットに言及しないという手法は販売戦略の常套手段であり、私たち消費者はその魔術に惑わされないよう眉に唾を付けて説明を聞く姿勢が大切になります。NISAの登場で非課税のメリットを享受できる個人投資家が一気に増えた今だからこそ、そのデメリットも正しく認識しておく必要があるといえるでしょう。そうしなければ後で「こんなはずではなかった!」とか「だまされた!」と激しく後悔することになりかねませんので。

自動けいぞく投資 再投資のご案内

kage

2015/06/11 (Thu)

今朝いつものようにメールチェックをしていたところ、「自動けいぞく投資 再投資のご案内」と題するメールが届いていることに気付きました。最近はこのタイトルにもすっかり慣れっこになっているので特に驚きもしませんでしたが、これは保有している投資信託が分配金を吐き出し、払い戻された資金から税を差し引いた後に即日再投資したことを知らせるものです。今回のメールの差出人は野村ネット&コールであったため、メールを開封するまでもなくグローバル・インデックス・バランス・ファンド(愛称:投資生活)が分配金を吐き出したのだなとすぐに理解できました。当ブログでは以前にも何度か当該ファンドをネタに使わせていただいておりますが、改めて簡単にその概要をご説明しておきますと、国内株式+外国株式(先進国株式)+外国債券(先進国債券)に分散投資するバランスファンドです。このように国内外の株式と債券に分散投資するバランスファンドでありながら、投資対象に国内債券が含まれていない点がこのファンドの最大の特徴といえるでしょう。このファンドに対する私の総投資額はわずか猫パンチ投資2発分(金2万円也)なのですが、その買い付け時期がリーマンショック前であったために長年に渡り含み損を抱えたまま放置するいわゆる塩漬け状態になっておりました。それがアベノミクスの追い風を受けてようやく黒字化したのは2013年2月のことでした(「長年放置していた塩漬けファンドがついに黒字化」でご報告しております)。ただ黒字化したとはいえ投資元本が少ないがゆえに含み益もわずかでしたから、何となく売却する決心も付かずにいまだに放置を続けている次第です。

SBIポイントご利用時の変更点について

kage

2015/06/06 (Sat)

昨日いつものように私のメイン取引口座であるSBI証券のサイトにアクセスしたところ、トップページにあるお知らせ欄に「SBIポイントご利用時の変更点について(2015/6/6~)」と題する案内があることに気付きました。ご承知のとおりSBI証券では保有する投資信託の月中平均残高に応じてSBIポイントを付与する投信マイレージサービスを実施しており、少額ながら投資信託の放置を続けている私も月々その恩恵を受けております。そこで早速上記リンク先で変更点を確認してみたところ、本日(2015年6月6日)より下記のように変わるとのことでした。

変更前
SBIポイント付与時に当社から自動的にポイントサイト「SBIポイント」に反映

変更後
お客さまの任意のタイミングでポイントサイト「SBIポイント」に反映
※お客さまご自身で振替えていただく必要がございます。