2015 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 04

ギブ・アンド・テイク

kage

2015/03/28 (Sat)

ブログネタとしてはすっかり出遅れてしまいましたが、当ブログでも三井住友アセットマネジメントが4月1日よりスタートさせる投信直販サービス(公式サイトはこちら→あなたの未来のために、SMAM投信直販ネット)について書いてみたいと思います。ご参考までに下記にこのサービスの概要を伝えたモーニングスターの記事を引用しておきます。

三井住友アセット、低コストのバランス型ファンド4本をインターネット直販開始へ(モーニングスター)

三井住友アセットマネジメントは23日、インターネットで投資信託の直接販売を開始すると発表した。直接販売とは、運用会社が販売会社を経由せずに投資家に直接商品を販売することを言い、投資家はコストを抑えることができるメリットがある。4月1日より国内のホームページ上で口座開設の受け付けを開始する。

対象となるのは、これまで主に確定拠出年金(以下、DC)向けで販売されてきた、「SMAM・グローバルバランスファンド(機動的資産配分型)」、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド30(安定型)」(以下、「30」)、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド50(標準型)」(以下「50」)、「三井住友・ライフビュー・バランスファンド70(積極型)」の4本のバランス型ファンド。いずれも購入時の手数料を無料とする。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2015/03/24 (Tue)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,758円 (先月比33円上昇)
●約定価額 : 13,550円 (先月比41円上昇)
●騰落率 : +54.6% (先月比0.1%悪化)


前回のエントリーで触れたように米国の金融政策がQE(量的緩和)の終了から政策金利の引き上げへと重要なターニングポイントに差しかかっていることから米国株は昨年11月以降ほぼ横ばいの展開が続いております。またこれまでQE(量的緩和)により市場にジャブジャブと供給される流動性(=マネー)の受け皿となっていた米国債も「利上げ=債券価格の下落」となりますので、これからは債券市場でも一波乱や二波乱を覚悟しておく必要があるのかも知れません。米国の利上げは早ければ6月実施の可能性が指摘されていますので、まだ暫くはこのような神経質な展開が続くものと思われます。このようにこれまで世界経済を強力に牽引してきた米国経済という名の機関車が大きなカーブに差しかかっていることもあり、今月の約定価額は先月よりわずか41円の上昇に止まりました。約定価額の上昇が小幅に止まったことから、基準価額は値上がりしているのに騰落率(=私個人の運用成績)はわずかに悪化すると逆転現象が生じております。ちなみにこの原因は、個別元本の上昇率(3.78%)より約定価額の上昇率(3.04%)が下回ったためです。

いまだ高値更新に至らず

kage

2015/03/21 (Sat)

今回のタイトルが指しているのは私がSBI証券で保有しているインデックスファンド群のことです。最近の日本株や欧州株があたかも強気相場入りしたかのようにグングン値上がりを続けているにも関わらず、これらのトータル損益はいまだに昨年12月9日に書いた「一夜限りの夢」時点を上回ることができていません(下記左が昨年12月9日時点、右が今年3月21日時点の損益です)。

SBI20141209 SBI20150321

これらのトータル利益がいまだに高値更新に至らない最大の理由は、やはり先進国株式でダントツの組み入れ率を誇る米国株が昨年末以来ほぼ横ばい(=値上がりしていない)ことでしょう。さらに米国のQE(量的緩和)で市場に大量に供給された流動性(=マネー)に支えられていた新興国株がQE終了で軟調に推移していることも影響していると思われます。もうひとつ付け加えるなら、為替(ドル円)も昨年末からほぼ横ばいであることも理由に挙げてよいかも知れません。

さわかみファンド現状報告

kage

2015/03/17 (Tue)

前回のエントリーで私は「ひふみ投信は日経平均株価やTOPIXといった日本株を代表するような指数がガンガン上昇するような強気相場を苦手にしています」と書きました。一方で現在の相場環境を追い風にして順風満帆の航海を続けているのが今回のタイトルに掲げたさわかみファンドです。さわかみファンドは運用規模が大きくなったことで銘柄の分散が進み、さらに流動性の高い大型株中心の組み入れとなったため、値動きがインデックスファンドに近くなっています。このため「コストの高いインデックスファンドだ」と陰口を叩かれていましたが、今はそれが追い風になっているわけですね。もっとも、いつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきた下記比較チャートをご覧いただければお分かりのとおり、その追い風を受けてもなおインデックスファンドの成績を上回れていませんので、依然として「積極的にさわかみファンドを選ぶ理由はない」という結論に至ることは受益者の端くれとして私も残念に思っております。

さわかみ対TOPIX_1年

青:さわかみファンド
赤:eMAXIS TOPIXインデックス

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2015/03/13 (Fri)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 14,038円 (先月より95円上昇)
●約定価額 : 30,077円 (先月より1,528円上昇)
●騰落率 : +114.3% (先月より9.5%改善)


先月の定時報告を書いた2月17日は日経平均株価が7年7ヵ月ぶりに終値で18,000円を超えた翌日でした。そして本日の日経平均株価は14年11ヵ月ぶりに終値で19,000円を超えています。このような日本株高を追い風にしてひふみ投信の基準価額がついに3万円を超えてきました。冒頭のリンク先で公開しているとおり、私自身の記念すべきひふみ投信初買い付けは設定日(2008年10月1日)でした。設定日ですから購入時の基準価額は10,000円です。この初買い付け分だけを切り取って考えれば資産3倍増になっているわけで、設定以来の受益者の一人として誠に感慨深いものがあります。本日の基準価額はさらに上昇して30,329円となっており、騰落率(=私個人の運用成績)も+116%にまで上昇しております。最近の日本株の好調ぶりは嬉しいというよりはむしろ怖いくらいですが、ひふみ投信の基準価額3万円超えは決して夢や幻ではなく紛れもない現実ですので、今は素直に喜びたいと思っております。

気休め効果を有効活用しよう

kage

2015/03/08 (Sun)

このところ著名投信ブロガーの間で「一括投資と分割投資、有利なのはどちら?」の話題が再浮上しているようですね。当ブログでもトップページに公開している過去半年間のアクセスランキング(2014年9月-2015年2月)で3年以上前に書いた積み立て投資は損か得かが2位に浮上していることから、広く個人投資家にとって関心の高い旬な話題であることが想像できます。ただし「一括投資と分割投資、有利なのはどちら?」という疑問に対する明確な解答は私がブログ記事にするずっと前から出ていました。すなわち「手元に投資してよい(=投資しようと決めた)資金があるのであれば、一刻も早く全額を一括投資する」というのが合理的な行動となるわけです。その根拠となるのは「将来の値動きは誰にも分からない」という相場の真理です。一括投資が得になるのか、それとも分割投資が得になるのか、それは後になってみなければ分かりません。ですから投資タイミングに悩むだけ時間の無駄という結論になるわけです。誰も絶好の投資タイミングを事前に知ることはできないのですから、投資すると決めた資金が手元にあれば何も考えずに今すぐ全額を投資するのが合理的でしょう。

ETFでハイリスク投機 シーズン3はあえなく打ち切りに

kage

2015/03/07 (Sat)

前回のエントリーで高らかに発動を宣言したETFでハイリスク投機 シーズン3でしたが、昨日の思いがけない株高によりすべての建玉が刈り取られ(=利益確定され)、あえなく打ち切りとなってしまいました。それではここで(あまり参考にはならないとは思いますが)改めて今シーズンの開始から終了までの歩みを振り返っておきましょう。3月3日(火)新シーズン初日・NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 《愛称》日経レバレッジ指数ETF(1570)を信用新規で9単位買い建てる、3月4日(水)新シーズン2日目・信用新規でさらに17単位を買い増し合計26単位に、3月5日(木)新シーズン3日目・4単位が利益確定ラインに到達し信用返済売り、3月6日(金)新シーズン4日目・残りの22単位もすべて利益確定ラインに到達して信用返済売り。かくしてETFでハイリスク投機 シーズン3はスタートからわずか4日間で幕を閉じたのでありました。いくら信用取引の決済は早ければ早いほどよいとはいえ、これではブログネタになりませんので痛し痒しといったところです。もちろんこれはすべて利益確定できたからこそ言える贅沢な悩みなのですが。

ETFでハイリスク投機 シーズン3

kage

2015/03/04 (Wed)

昨日、今日と日経平均株価が下落したことで久しぶりに私の中の投機心に火が付き、昨日よりETFでハイリスク投機 シーズン3を発動いたしました。今回の投機対象はETFでハイリスク投機 シーズン2と同じ、NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 《愛称》日経レバレッジ指数ETF(1570)です。このETFは値動きが実際の2倍になることでボラティリティが高く、ハイリスク投機家には大人気です。下記はYahoo!ファイナンスからお借りしてきた本日の売買代金上位10銘柄ですが、ご覧のとおりNEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信 《愛称》日経レバレッジ指数ETF(1570)が2位に倍以上の差を付けるダントツのトップになっています。長期投資目的のツールとしてはなかなか定着しない国内ETFですが、短期売買の対象としてはハイリスク投機家に受け入れられているということですね。

売買代金

投票無効?

kage

2015/03/01 (Sun)

下記のエントリーで私自身も投票したことを公表していた投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014ですが、どうやら私の投票は無効になってしまっていたようです。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014に投票しました

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014

今回は初めて投票者数が100人を超えたと聞き、「どんな新しいブログが参加したのかな?」と興味津々で公式サイトに「投票・参加のブログ一覧」が掲載されるのを待っていたところ、昨日その更新を確認することができました。そこで「どれどれ」と掲載されているブログ名を確認していたところ、一番見慣れているはずのブログ名がそこに存在しないことに気付きました。そうです、当ブログの名前が投票・参加のブログ一覧になかったのです。「そんなはずはない」と驚いて何度も見直したりブラウザの検索機能を使って探してみたのですが、残念ながら発見することはできませんでした。