2014 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2015 01

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2014/12/27 (Sat)

ご報告が大変遅くなりましたが、去る24日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,660円 (先月比34円上昇)
●約定価額 : 13,616円 (先月比247円上昇)
●騰落率 : +57.2% (先月比2.4%改善)


先月の定期積立約定日から今月の定期積立約定日までの間には原油価格急落を背景にした世界的な株価下落局面があったのですが、終わってみれば一時的な調整で済んだ形となりました。その結果今月の約定価額は先月より247円高い13,616円となり、私個人の運用成績も先月より2.4%改善して+57.2%にまで上昇しています。2014年も今日を含めて残り5日となりましたので今年1年の基準価額の動向を改めて振り返ってみますと、2月・10月・12月に少し大きめの調整局面がありましたが、結果的にその全てでその後は見事なV字回復を見せています。それなら次回の調整局面でも同じようなV字回復を見せてくれるかといえば必ずしもそうなるとは限らないという点が投資の難しいところではありますが、少なくとも今年1年はどんなことがあっても売らない(ストロング・ホールド)投資方針が実を結ぶ結果となったようです。

お知らせ

kage

2014/12/23 (Tue)

明日のクリスマスイブは今年最後のセゾン投信定期積み立て約定日です。通常どおりなら翌日のクリスマス当日に定時報告のエントリーをアップする流れになるのですが、今年は25日、26日と予定が詰まっているため更新できそうにありません。このため今月の定時報告の更新は27日(土)以降になることをあらかじめご承知置きください。私の定時報告に関心を持ってわざわざ待っていてくださる方はほとんどいないとは思いますが、念のために事前告知させていただきました。

本日の一部報道によりますと、セゾン投信と資本業務提携を結んだ日本郵便を傘下に置く日本郵政と、同じく傘下のゆうちょ銀行とかんぽ生命保険の上場が具体化されつつあるようで、26日にもその詳細が発表されるとのこと。ちょうど定時報告更新のタイミングと合いますので、その内容を見てネタにさせてもらおうと手ぐすねを引いて待つことにしたいと思っております。

ロシア危機再来?

kage

2014/12/20 (Sat)

今週は原油安を背景にロシアの通貨ルーブルが暴落し、NHKのニュースでも報じられるほどの話題となりました。ロシアは輸出の約7割を資源エネルギーが占める極端な経済構造になっていますので、今般の原油安の影響をモロに被ってしまったようです。こうなると人々の脳裏には1998年にアジア通貨危機の余波を受けてロシアが債務不履行(デフォルト)に陥ったロシア危機が再来するのでは?との懸念も浮かんでくるわけで、経済発展著しいBRICsの一員であったロシアが一転して窮地に立たされています。

今般の原油安を背景にした「ミニ・ロシア危機」を私たち日本の個人投資家は他山の石とすべきでしょう。すなわち、国家財政が危機に瀕すれば株式・通貨・国債が同時に売られる(=価値が下落する)「トリプル安」になることを、現在のロシアの事例を見て再認識しておきたいものです。もし仮にアベノミクスが大失敗に終わって日本の財政問題がクローズアップされるような事態になれば株式の暴落だけに止まらず日本円や日本国債の価値も暴落してしまいますので、現預金や国内債券も決して「安全資産」にはならないことをしっかりと肝に銘じておきましょう。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2014/12/15 (Mon)

先週金曜日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 13,760円 (先月より91円上昇)
●約定価額 : 27,440円 (先月より592円上昇)
●騰落率 : +99.4% (先月より3.0%改善)


まず最初にお断りしておきますが、ご報告が遅くなった理由は決して私の怠慢などではなく、取引報告書の発行が今日だったためですのでくれぐれも誤解なきようにお願い申し上げます。先月の約定日以降もひふみ投信の基準価額は順調に上昇を続け、11月26日には久しぶりに「ひふみ投信で再び資産倍増を達成」したのですが、直近の株価下落の影響を受けて再び+100%を割り込んでしまいました。今日の基準価額はさらに下がっていますので資産倍増復活はまたしばらくお預けとなってしまいましたが、現在の運用成績には十分に満足しております。この結果を見るにつけ、真の「誰でも簡単にアベノミクスの効果を実感できる方法」とはひふみ投信の積み立て投資だったのではないかとお世辞抜きで考えるほどです。

誰でも簡単にアベノミクスの弊害を回避できる方法

kage

2014/12/12 (Fri)

夜中に目が覚めて米国株の動向が気になってパソコンの電源を入れたところ、相互リンクさせていただいている「レバレッジ投資実践日記」の最新エントリー「【選挙直前】アベノミクスの恩恵にあずかる方法」から1年半前に書いた「アベノミクスがもたらす日本の未来」へトラックバックをいただいていることに気付きました。エルさん、ハイリスク投機家の駄文をわざわざご紹介いただき誠にありがとうございます。ちなみに当ブログでも2013年4月9日に書いた「誰でも簡単にアベノミクス効果を実感できる方法」で「誰でも簡単にアベノミクス効果を実感できる方法とはリスク資産を買うことです」と指摘しておりました。そこで今回は当ブログをご訪問いただいた方々限定で特別に「誰でも簡単にアベノミクスの弊害を回避できる方法」をお教えしましょう。その方法とはズバリ「リスク資産を買うこと」です。

一夜限りの夢

kage

2014/12/09 (Tue)

このところ世界的な株高と為替の円安が順調に進行していたため、私が保有する投資信託の運用成績も絶好調だったのですが、昨日の米国株の下落をきっかけにさすがに調整局面に入ったようです。このため私がSBI証券でBuy&Holdしている投資信託の運用成績も明日には下落することが確実であるため、目先のピークを付けた記念として本エントリーを立てた次第です。ご覧のとおり本日時点でトータルの含み益が40万円を超えたのですが、これも一夜限りの夢となりました。

SBI20141209

【速報!】三菱UFJ投信と国際投信投資顧問が合併【悲報?】

kage

2014/12/05 (Fri)

まだザラ場中(取引時間中)ではございますが、投信ブロガーにとって驚愕のニュースが飛び込んできましたので急遽更新します。なお今回のタイトルは意図的に某巨大掲示板風にしてみました。

三菱UFJ系2投信が合併 業界3位に 三菱UFJと国際(日本経済新聞)

諸事情によりリンクは貼りませんので、関心のある方はお手数ですが日本経済新聞社のサイトで検索してみてください。ちなみに記事の内容を要約しますと「三菱UFJフィナンシャル・グループが傘下の三菱UFJ投信と国際投信投資顧問を2015年7月に合併させて業界3位の三菱UFJ国際投信が誕生する」というものです。私個人のイメージでは低コストインデックスファンドのeMAXISを擁する三菱UFJ投信と、巨艦ファンド「グローバルソブリンオープン(通称グロソブ)」を擁する国際投信投資顧問は同じ資産運用会社でも両極端に位置する存在です。それを、いくら同じグループだからといって合併させるとは、いくら何でも無理があるのでは?というのが私の偽らざる感想です。

この世に無リスク資産は存在しない

kage

2014/12/03 (Wed)

今回のタイトルは何となく煽りっぽくなってしまいましたが、要は「どんな資産であっても大なり小なりリスクはあるものでしょう」という意味です。その「小なり」のリスクが最近無視できないレベルに高まっているのではないか?という私個人の印象が本エントリーを起こした動機です。一般的に無リスク資産といえば現金(キャッシュ)、預貯金、国内債券(主に国債を指す)などを連想します。これらの資産のリスクは株式に比べると圧倒的に低いことがこれまでの常識でした。しかしアベノミクスが始まってから、その常識は通用しなくなっているのではないか?というのが私の正直な感想です。

それではまず現金(キャッシュ)と預貯金について考えてみましょう。10年前の1万円札も、5年前の1万円札も、現在の1万円札もすべて同じ1万円の価値があるという意味では間違いなく無リスク資産ですが、通貨では相対的な価値も見逃すわけにはいきません。言うまでもなくこれは為替市場における日本円の相対的な価値を指すのですが、この場合では10年前、5年前、現在の1万円の価値は同じではありません。