2014 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2014 12

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014に投票しました

kage

2014/11/29 (Sat)

相互リンクさせていただいているrennyさんが運営委員長を務めておられる「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」も回を重ねること今回で8回目、もうすっかりこの時期の風物詩となった感があります。この調子でいけば、俳句の季語として採用される日も近いのではないでしょうか?

冗談はさておき、その投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2014に不肖私も投信ブロガーの端くれとして本日投票をさせていただきました。今年は10月から11月にかけて相場が乱高下しましたので、さらに相場環境が激変することもあり得ると思い、あえて投票期間中の最終営業日が過ぎるのを待っていました。このため、結果的に締め切り間際の投票となってしまいました。なお本企画の詳細につきましては下記の公式サイトでご確認ください。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2014

foy2014

ひふみ投信で再び資産倍増を達成

kage

2014/11/26 (Wed)

インデックスファンドで資産倍増を達成を書いた時点では「資産1.98倍増」だったひふみ投信ですが、11月21日(金)から3営業日連続で設定来高値更新となり、本日めでたく私個人の運用成績(騰落率)が100%を超え、久しぶりの資産倍増達成となりました。前回、ついに資産倍増を達成を書いたのは今年の1月10日でしたので、10ヵ月と2週間ぶりということになりますね。ちなみに現在の私個人の取得単価は今月の定時報告時と同じ13,669円ですので、私個人の騰落率は単純計算で27,445円÷13,669円=2.007828、つまり100.78%となります。ギリギリの資産倍増達成ですので、もしかすると一夜限りの夢になる可能性もあると思い、記念のエントリーを立てた次第です。

ひふみ投信

まだまだツッコミが甘い

kage

2014/11/23 (Sun)

タイトルからお察しのとおり、今回の内容もまたセゾン投信と日本郵便の資本提携へのツッコミです。いつものようにネットを漂流しながら情報収集していたところ、当ブログでも過去に何度かご紹介したことがあるファイナンシャル・ジャーナリスト竹川美奈子さんからの中野社長対談記事ご紹介が目に止まりましたので、早速ツッコミを入れさせていただくことにした次第です。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2014/11/22 (Sat)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,626円 (先月比34円上昇)
●約定価額 : 13,369円 (先月比1,447円上昇)
●騰落率 : +54.8% (先月比16.2%改善)


何度も同じ事を言うなとお叱りを受けそうですが、10月31日の「黒田バズーカ第2弾」発射を境に相場環境が一変してしまいましたね。過去のデータを全て確認したわけではありませんが、わずか1ヵ月間で約定価額がこれだけ変わったのは初めてではないでしょうか?おかげさまで私個人の運用成績も一気に+50%を突破してきました。セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドを取り巻く現在の環境は、世界的な株高+円安進行+日銀の国債買いなど、見事なまでに全ての組入資産に対して追い風になっています。この状態を四文字熟語で表現すれば「順風満帆」となるわけですが、わずか1ヵ月前の不安な日々の記憶がまだ生々しく残っているだけに、順調過ぎるとかえって怖くなってくるから不思議ですね。

インデックスファンドで資産倍増を達成

kage

2014/11/20 (Thu)

以前、毎月コツコツ積み立て投資を継続しているひふみ投信で一時的に資産倍増(=個人の騰落率が100%超える)を達成した時に「ついに資産倍増を達成」と題するエントリーを書きましたが、今回資産倍増を達成したのはタイトルでお分かりのとおりひふみ投信ではありません。ちなみに昨日のひふみ投信の基準価額は設定来最高値を更新して初めて27,000円を超えています。今月の定時報告でお知らせしたとおり、現在の私個人の取得単価は13,669円ですので、私個人の騰落率は単純計算で27,015円÷13,669円=1.97637、つまり97.64%となります。資産倍増ならぬ資産1.98倍増ですね。こちらの再度資産倍増にも大いに期待しておりますが、本エントリーでご紹介したいのはタイトルにあるとおりインデックスファンドなのです。そのファンドとはズバリeMAXIS全世界株式インデックスでありました。

ネット証券に嫌われる投資ブログ

kage

2014/11/17 (Mon)

以前こちらのエントリーでご報告したとおり、当ブログは投資ブログでありながらネット証券に嫌われる(=アフィリエイトの提携申請を何度も断られる)という特徴があります。そんな当ブログが今日またひとつのネット証券から嫌われました。そのネット証券とはズバリGMOクリック証券です。今日、突然下記のメールが届き、一方的に提携を解除されました。

【提携解除通知】GMOクリック証券/証券取引口座開設申込プログラム[VC]

おやじダンサーのひとりごと
アフィリエイトサイト運営者 様

平素よりバリューコマースのアフィリエイトプログラムをご愛顧頂き、誠にありがとうございます。GMOクリック証券アフィリエイト担当でございます。

早速ですが、下記ご案内申し上げます。

本プログラムにおきましては、定期的に提携中のアフィリエイトサイトの見直しを実施しております。

この度、クライアントにおけるサイト精査が行われることとなりまして、心苦しい限りではございますが、貴サイトとの提携を解除させて頂くこととなりました。

激しく歪む国内債券市場

kage

2014/11/15 (Sat)

以前参加したあるセミナーで、元為替ディーラーの講師がこんなことを言われました。

国による為替介入は、トランプゲームの「大富豪」で革命が起こるようなものだ。

トランプゲームの「大富豪」は大変人気がありますので、皆さんご存じのことと思います。ただ人気があるゆえにローカルルールも多く、「革命?何それ」という方もおられるかも知れません。そこで念のために革命のルールをザックリと説明しておきますと、事前に決められたある一定の条件(同じ数字のカードを4枚以上出すなど)を満たせば革命が起こり、ジョーカーを除いたカードの強さが逆転する(最強だった2が最弱になり、最弱だった3が最強になる)というものです。つまり為替市場で為替介入が行われると、通貨の強さが逆転してしまうというわけです。(あと、蛇足ながら補足しておきますと、日本の為替介入は財務大臣が決定して日銀が実行します。)とはいえ、「大富豪」でも為替市場でも革命の効果は一時的なものなのですが、国内債券市場ではこのところずっと革命状態が続いているのです。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2014/11/13 (Thu)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 13,669円 (先月より90円上昇)
●約定価額 : 26,848円 (先月より2,591円上昇)
●騰落率 : +96.4% (先月より17.8%改善)


こうして改めて上記数字を眺めてみると、先月の定時報告時とは状況が180度転換したことがよく分かりますね。先月は「安くたくさん買えてラッキー!」と精一杯の強がりを言っていたので、今月は「高値掴みになってしまった!」と嘆かなければいけないのかも知れません。しかし当ブログで過去に散々指摘しているように、将来の値動きは誰にも分からないのです。明日の基準価額はもっと高いかも知れないし、来月はさらに上がっているかも知れません。今月の約定価額が本当に高値掴みだったのかどうかは結局のところ後になってみなければ分からないのですから、嘆くだけ損というものでしょう。加えて「ひふみ投信は詐欺?」で触れたように、アクティブファンドの基準価額が高いから不利という考えは典型的な誤解ですから、今月はわざとらしく「高値掴みになってしまった!」と嘆くのは止めておきます。

セゾン投信運用資産総額1,000億円突破!へのツッコミ

kage

2014/11/08 (Sat)

午前中に書いた前回のエントリーでウォーミングアップを終え、キーボードを打つ指の動きも心なしか滑らかになってきたように感じますので、調子に乗って本日2本目のエントリーを書いてみたいと思います。

タイトルをご覧いただければお分かりのとおり、今回のテーマはセゾン投信に対する3度目のツッコミです。過去のエントリーにもハッキリ書いているとおり、今のところ私は受益者の一人としてセゾン投信を応援する姿勢を崩しておりませんが、これまでの流れからツッコミを入れることが義務になっているように勝手に思い込んでいることもありますので、今回もあえて重箱の隅をつついてあら探しをしてツッコミを入れさせていただきたいと思います。ファンド運営の苦労も知らないのにまた好き勝手なことを書かせていただきますが、これもブログネタのひとつと思って何卒ご容赦ください。

つれづれなるままに

kage

2014/11/08 (Sat)

ここしばらく公私ともに多忙な状況が続いていたためブログの更新が滞っておりました。こうして更新の間隔が開いてしまうと、何となく新しいエントリーを書くハードルが高く感じるものです(私だけかも知れませんが)。そこで本エントリーでは軽い雑談で次回以降のためのウォームアップ効果を狙いたいと思います。

更新の間隔が開いたとはいっても、実際には前回のエントリーを書いてからまだ10日しか過ぎていません。しかし皆さんご承知のとおり、その間に日銀が予想外の「黒田バズーカ第2弾」を打ち上げたため、相場環境は一転してしまいました。相場の世界にタラ・レバがないことは重々承知しておりますが、もし「ETFでハイリスク投機 シーズン2」の最終回が1週間後にずれていたら、確定利益は軽く2倍を超えていたでしょう。もっとも「黒田バズーカ第2弾」は予想外だったからこそ大きなサプライズ効果を生んだのであり、それを事前に想定することは極めて困難で予想が外れた時のリスクも高くなりますので、後悔するだけ無駄という結論に達するわけです。