2014 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 09

告白と懺悔

kage

2014/08/31 (Sun)

当ブログの左側の欄にも明記しているとおり、私はいわゆる直販投信の中からセゾン投信とひふみ投信を選んで毎月積み立て投資を継続しています。そしてその経過報告を毎月ブログネタとして掲載しているのですが、最近はブログ更新意欲の低下と共にネタ不足にも苦慮していますので、これまでずっと隠し通してきたある直販投信への投資実績をついに公開する決意を固めました。その「ある直販投信」とはズバリ、この分野のパイオニア(開拓者)であるさわかみファンドです。投資時期は今から8年前の2006年半ばごろで、50万円×2回=計100万円を投資してその後はずっと放置を続けています。つまりセゾン投信やひふみ投信よりお付き合いは古いものの、積み立て投資という継続的かつ濃密なお付き合いはしていなかったというわけです。

当ブログでは過去にさわかみファンドの基準価額が10,000円に戻ったことをネタにした「ふりだしに戻る(2011/11/21)」や、その後再度基準価額が10,000円を割り込んだことをネタにした「さわかみの事とかSBIの事とか(2012/05/25)」を書いてきましたが、実はその時も私自身がシャレにならない含み損を抱えながら苦々しい思いで書いていたことをここに告白し、懺悔いたします。当事者である事実を隠して第三者を装ったエントリーを書いて誠に申し訳ありませんでした。

泥沼脱出

kage

2014/08/24 (Sun)

約1ヵ月前に書いたエントリー「泥沼」で信用取引を使ったNEXTFUNDS インド株式指数・CNX Nifty連動型上場投信(1678)へのハイリスク投機が絶不調であることをお伝えしましたが、その後状況が改善し、何とか泥沼状態からは脱出できたようです。下記はいつものようにYahoo!ファイナンスからお借りしてきたNEXTFUNDS インド株式指数・CNX Nifty連動型上場投信(1678)の3ヵ月チャートですが、ご覧のとおり8月8日を目先の底にして現在は右肩上がりのチャートを描いています。

1678_3ヵ月チャート

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2014/08/23 (Sat)

ご報告が遅れてしまいましたが、一昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,535円 (先月比29円上昇)
●約定価額 : 12,023円 (先月比193円上昇)
●騰落率 : +40.7% (先月比1.8%改善)


このところ毎回同じような表現になり大変恐縮ではございますが、世界経済モグラたたきゲームは依然として継続中です。皆さんご承知のとおり、ウクライナやイスラエルやイラクの「地政学的リスク」は残ったままです。そこに先月新たに登場したのがポルトガルの銀行危機でした。そして今月はまた「アルゼンチン国債デフォルト危機」という新たなモグラが現れました。当ブログをご訪問いただいた投資に関心の高い皆さんなら先刻ご承知のとおり、今回のアルゼンチン国債デフォルト(=債務不履行)危機は、前回(2001年)のデフォルト時の利払い減額に同意せず満額利払いを求めていた米投資ファンドの訴えを米ニューヨーク連邦地方裁判所が認める判決を下したため、利払いの減額に応じた9割以上の債権者への利払いができなくなる(=支払い能力はあるのに支払えない)、いわゆる「テクニカル・デフォルト」でした。ですから市場への影響は限定的と見られていたのですが、結果的に今般の「世界同時株安」の引き金を引くことになりました。私自身は今般の「世界同時株安」が大暴落につながるとは考えていませんでしたが、「この調整は案外長引くかも知れないな」とは思っていました。それが意外や意外、米国株は見事なV字回復を達成し、ニューヨークダウ平均株価は17,000ドルを回復し、ナスダック総合指数は年初来高値を更新し、S&P500指数は史上最高値を更新しました。

仮名・借名取引

kage

2014/08/16 (Sat)

本日、いつものように情報収集のためインターネット上を徘徊していたところ、「妻の口座の運用を任されている」と堂々と書いているブログを発見して驚いてしまいました。なぜなら以前こちらのエントリーでご紹介したとおり、いくら親族(親・兄弟・配偶者など)であっても他人の口座に指図を行うことは「借名取引」と呼ばれる禁止事項に該当するからです。ご参考までに過去のエントリーから該当部分を以下に再掲いたします。

昨日、いつものように情報収集のためにインターネット上を徘徊していたところ、この記事(筆者注:日本経済新聞に掲載された「夫婦で2倍の税制メリット NISAとは」と題する記事)を受けて「妻名義の口座を開設すれば2倍の非課税枠が使える」という主旨の発言を目にしました。もしこれが「妻名義の非課税枠を夫が使う」という意味の発言であるとすれば、老婆心ながら一言ご忠告申し上げます。それは違法行為になりますのでおやめください。

分散投資の重要性

kage

2014/08/16 (Sat)

前回のエントリーでひふみ投信の銘柄選択力の高さを思い切り「よいしょ」しましたが、いくら天才的なファンドマネージャーが揃っていたとしても百発百中は不可能です。実際には組入比率上位10銘柄の中にも値下がりしているものがあり、十発十中すら至難の業であるのが現実です。そこで本エントリーでは公正を期すために、下落例もご紹介しておきましょう。

TOP10

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2014/08/14 (Thu)

ご報告が遅れてしまいましたが、一昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 13,405円 (先月より89円上昇)
●約定価額 : 25,463円 (先月より29円上昇)
●騰落率 : +90.0% (先月より1.0%悪化)


今月も引き続き世界経済のモグラたたきゲームは活況(?)を呈しており、アルゼンチン国債の債務不履行(デフォルト)懸念や米軍によるイラク空爆決定などにより日米欧の株価は調整色を強めることになりました。その結果、ニューヨークダウ平均株価は年初来騰落率がマイナスに転落し、日経平均株価は鉄壁と思われていた15,000円を大きく割り込み、一時は10,000ポイントを超えて史上最高値を更新していたドイツDAXも9,000ポイントを割り込み、私の脳裏にも「もしかしてこのままズルズルと下落を続けてしまうのではないか?」という嫌な予感が駆け巡りました。しかしその後の状況は皆さんご承知のとおり、日米欧の株価は共に目先の反発局面にあります。もちろんこの反発の後で再度下落に転じる(相場用語で言えば二番底を確認する)可能性は十分にありますが、まずはホッと一安心といったところです。このように日本の株式相場が目先の反発局面を迎えたことで、今月の約定価額は先月からほぼ横ばいという結果になりました。しかしそれでも私個人の取得単価は確実に上昇しますので、運用成績は一歩後退(-1%)となりました。ただ過去1ヵ月の投資環境を考えれば、これでも十分に「御の字(=ありがたい)」と言えるでしょう。