2014 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 08

若林栄四先生の為替&株式相場大予言 パート5

kage

2014/07/28 (Mon)

1か月ちょっと前にパート4を書いたばかりなのですが、今朝放送されたテレビ東京系の経済情報番組「ニュースモーニングサテライト」に若林栄四先生が出演され、またまたアッと驚く大予言をしておられました。この大予言シリーズは当ブログの数少ない人気コンテンツですので、これはネタにしないわけにはいきません。なお詳しい内容は同番組の公式サイトで公開されていますので興味のある方はぜひご覧になってみてください。

【NYトーク】黄金分割で硬直状態のドル円相場を予測

ここ最近、ドル円は101円台で硬直状態が続いている。黄金分割で重要な日柄62と162を用いてドル円相場を分析すると、2011年10月の大底はドル円レートが正式に決まってから62年後。また、2016年には120円から125円の円安になると予想される。しかし、短期的には一旦100円を割り込む円高になるだろう。歴史的に見て相場が一方向に大きく動く前には、エネルギーをためるために反対方向に動く傾向があるからだ。勢いによっては80円台をつける可能性もある。現在の株は天井をつけたと考えられるので、間もなく下落に転じるタイミングでドル円相場も大きく動くだろう。解説は、ワカバヤシFXアソシエイツの若林栄四氏。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2014/07/25 (Fri)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,506円 (先月比27円上昇)
●約定価額 : 11,830円 (先月比9円下落)
●騰落率 : +38.9% (先月比0.6%悪化)


このところの世界経済モグラたたきゲームは、ウクライナやイスラエルやポルトガルやイラクから次々に大きなモグラが頭を出してきている状況です。それでも米国株の代表的指数であるS&P500指数は昨日も史上最高値を更新しており、米国債10年物利回り(いわゆる長期金利)も依然として低位安定状態が続いています。すなわちこれは株高+債券高が継続していることを意味しており、「いったいどちらが間違っているの?」と市場参加者が困惑する状況が続いているわけです。セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドにとって株高+債券高は願ってもない理想的な展開なのですが、過去1ヵ月は為替がやや円高に振れていたため私個人の運用成績はほぼ横ばいとなりました。この投資に限っては株式と債券が半々なのでどちらが正しくても(=間違っていても)大丈夫なのですが、ハイリスク投機家としてはやはり株高(=間違っているのは債券)に期待したいところです。

泥沼

kage

2014/07/21 (Mon)

前回のエントリーで私は「最近は多忙のため大好きなハイリスク投機に時間が割けず、不本意ながら信用取引の建玉を減らさざるを得ない」と書きました。しかし実を申しますと、そんな状況の中でもストロング・ホールドを続けている建玉があるのでした。その建玉とはズバリ6月上旬に書いた「最近のハイリスク投機」でご紹介したNEXTFUNDS インド株式指数・CNX Nifty連動型上場投信(1678)です。なぜこの銘柄だけストロング・ホールドを続けているかと申しますと、私自身がインド株に対する強気の見通しを維持し続けているからに他なりません。しかしその結果は、残念ながら本エントリーのタイトルに示したとおりの泥沼状態です。本エントリーでは私と同じような過ちを繰り返す人を少しでも減らすために、あえて恥を晒して今回のハイリスク投機の問題点を検証してみたいと思う次第です。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2014/07/15 (Tue)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 13,316円 (先月より90円上昇)
●約定価額 : 25,434円 (先月より897円上昇)
●騰落率 : +91.0% (先月より5.5%改善)


しばらくの間落ち着いていた世界経済のモグラたたきゲームですが、ここに来てまたイラクやポルトガルやイスラエルから「不安」という名の大きなモグラが頭を出してきました。それでも米国のダウ平均株価やS&P500指数は史上債高値圏を維持しているのですから大したものです。世の中にはそろそろ米国株のバブル崩壊を警戒をすべきとの声もありますが、いくらFRBが粛々とテーパリング(量的緩和縮小)を進めているとはいえ、金融緩和は継続している(=資産買い入れを止めたわけでも利上げに踏み切ったわけでもない)のですから、もしここから株価が暴落してもそれはバブルの崩壊ではないと私は考えています。一方で日本株は、米国で出番のなかった「Sell in May」が日本旅行にやってきたような下落相場でしたが、5月末からは順調に回復を続けています。この上昇の一因には年金や日銀が株を買い支えているため下値不安が消えたことが大きいと解説されています。これを「官製相場」と揶揄する声もありますが、ハイリスク投機家を自認する私にしてみれば理由はどうあれ上がるのなら乗らない手はないという意見です。

スチュワードシップコード

kage

2014/07/12 (Sat)

今年に入ってから投資関連の情報を収集していると、表題に掲げた「スチュワードシップコード」という単語をしばしば目にするようになりました。投資歴10年超の私ですが恥ずかしながらこの単語は初耳でしたのでグーグル先生にお伺いを立ててみたところ、野村證券のサイトに詳しい解説がありました。

スチュワード(steward)とは執事、財産管理人の意味を持つ英語。スチュワードシップコードは、金融機関による投資先企業の経営監視などコーポレート・ガバナンス(企業統治)への取り組みが不十分であったことが、リーマン・ショックによる金融危機を深刻化させたとの反省に立ち、英国で2010年に金融機関を中心とした機関投資家のあるべき姿を規定したガイダンス(解釈指針)のこと。

続・年金運用は辛いよ

kage

2014/07/05 (Sat)

6月上旬に書いた「年金運用は辛いよ」でGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の運用について触れましたが、昨日のロイターの報道によると昨年度の運用実績も素晴らしい結果を残したようです。

GPIFの13年度運用益10兆円、過去最高に届かず

東京 4日 ロイター:公的年金を運用している年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は4日、2013年度の運用実績を発表した。

アベノミクスで金融市場が円安、株高に振れ、年度ベースでは収益率8.64%(10兆2207億円)と引き続き高い利益を稼いだが、過去最高だった12年度の10.23%からはやや低下した。

収益率の伸びが鈍化したのは1-3月期に株式市況が低迷したためだ。