2013 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2014 01

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2013/12/25 (Wed)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,312円 (先月比29円上昇)
●約定価額 : 11,460円 (先月比423円上昇)
●騰落率 : +37.7% (先月比4.5%改善)


今年6月に米国の中央銀行に相当するFRBのバーナンキ議長が初めて量的緩和政策の縮小(通称テーパリング)に言及した時、市場の雰囲気は一気にリスクオフに傾き、株価は急落、日本円は急騰しました。それ以来、「米国の量的緩和縮小観測=リスクオフ」という市場の反応がお約束のようになっていたのですが、今月それが現実になってみると「縮小幅が小さい」とか「FRBのスタンスは依然として緩和的だ」などと、まるで無理矢理にこじつけたような理由で市場は一気にリスクオン(株高+円安)に動きました。相場の世界には「材料出尽くし」という都合の良い表現がありますが、懸念材料が実現したことによるマイナス効果より、これでひとつ懸念材料が消えたというプラス効果が勝ったということなのでしょう。もっとも相場解説はいつも後付けのこじつけですので、ただ単に売りたい人より買いたい人が多かったのだと考えておいた方が精神衛生上良いのかも知れません。何はともあれ、量的緩和の縮小で私の資産が増えたことは喜ばしい限りです。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013

kage

2013/12/22 (Sun)

こちらのエントリーで私自身も投票したことをご報告した「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」の結果が発表されました。そこでいつものようにあまり参考にはならないと思いますが私の投票内容を公表して言い訳をさせていただきたいと思います。なお「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013」の投票結果につきましては下記公式サイトをご参照下さい。(本エントリーを書いている時点ではまだ結果の掲載はされておりませんが近日中に更新されるはずです。結果が気になる方はすでに多くの投信ブロガーの皆さんが記事にされておりますので、そちらをご覧いただくのが早いと思います。)

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013

私が選んだ「Fund of the Year 2013」は下記の2ファンドで、持ち点5点を以下のとおりに振り分けて投票しました。

ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス):4ポイント
結い2101(鎌倉投信):1ポイント

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2013/12/13 (Fri)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 12,691円 (先月より93円上昇)
●約定価額 : 23,779円 (先月より1,556円上昇)
●騰落率 : +87.4% (先月より11.0%改善)


先月設定来最高値を更新したばかりのひふみ投信ですが、今月に入ってもその快走は衰えるところを知らず、12月10日には基準価額24,000円まであとわずか35円にまで迫りました。今月の約定価額はそこから少し下がったものの、先月と比べて1,556円も高くなっています。おかげさまで私個人の騰落率も先月から一気に11%も改善しました。ひふみ投信はTOPIXをベンチマークにしているわけではありませんが、10月ごろから明らかにTOPIXとの差が拡大を続けています。こうなると受益者としても欲が出るもので、騰落率90%は単なる通過点で次の目標はいよいよ資産倍増(=騰落率100%)だ!と言いたくもなります。ただしこういう時こそ「勝って兜の緒を締めよ」です。今年5月の教訓を生かして守備の準備も怠りなく進めていただければ幸いです。

再掲・住宅ローンの繰り上げ返済はほどほどに

kage

2013/12/08 (Sun)

相互リンクさせていただいている吊られた男の投資ブログの「住宅ローンの繰り上げ返済 or 貯蓄?」を拝読して、当ブログでも以前似たような話題を取り上げたことを思い出しました。探してみたところ、約4年半前に書いたこちらのエントリーで住宅ローンの繰り上げ返済について話題にしておりました。以下はその再掲です。

これからご紹介する内容は以前あるセミナーで独立系ファイナンシャルプランナー(FP)の方から聞いたもので、すべて受け売りです。私自身は住宅に関しては信念を持って一生賃貸で良いと考えていますので住宅ローンともおそらく一生縁のないままであろうと思いますが、マイホームを持つことを夢見ている方々にとっては非常に身近な存在であると思います。住宅ローンを組むと毎月の返済額を記した返済計画書が渡され、その計画に従って返済を実行していくことになります。ただしもし手元資金に余裕があれば返済計画に従うことなく将来の返済分を繰り上げて支払うことも可能です。繰り上げ返済を実行するとローン残額が減りますのでその分支払利息も減ることになりお得です。今回ご紹介する事例はこの住宅ローンの繰り上げ返済に関する考え方で、具体的には「繰り上げ返済は必ずしも有利ではない」という事例です。

NISA口座をどう使いこなすべきか

kage

2013/12/07 (Sat)

師走に入り公私ともに忙しくなってきており、ブログの更新が滞っておりました。いくら忙しいといっても一日の生活を客観的に眺めてみればブログを更新する時間はいかようにでも捻出できそうなのですが、「更新する意欲がわかない」というのが正直なところです。これから年末年始にかけてこの状況が続くと思われますので、当ブログをご訪問いただくご奇特な皆さまにおかれましては、このような事情をお含み置きいただければ幸いでございます。

さて、本エントリーのタイトルに掲げたNISA口座ですが、いよいよ師走に入り制度スタートまで1ヵ月を切ったということで、遅ればせながら私も口座開設資料の請求を行いました。その請求先は下記のとおりSBI証券です。SBI証券を選んだ理由は、私のメイン口座であることとNISA口座に入れることができる金融商品の選択肢が広いことです。ハイリスク投機家を自認する私は個別株も視野に入れておりますので、銀行や独立系投信は選択肢となりませんでした。

SBI20131207

あとは住民票の写しを付けて返送するだけなのですが、実は到着後そのまま1週間ほど放置しております。いくら忙しいといっても住民票を取りに行く時間はいかようにでも捻出できそうなのですが、「取りに行く意欲がわかない」というのが正直なところです。ただNISA口座開設申請で豪華賞品が当たるキャンペーンには間に合うように返送したいとは思っております。