2013 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2013 12

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2013/11/23 (Sat)

ご報告が遅くなってしまいましたが、一昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,283円 (先月比26円上昇)
●約定価額 : 11,037円 (先月比237円上昇)
●騰落率 : +33.2% (先月比2.5%改善)


思い起こせばあれは昨年の11月14日のことでした。国会の党首討論で当時の野田首相が衆議院の解散に言及したことをきっかけに国際分散投資を巡る環境は激変しました。具体的には為替が一気に円安方向に動き出し、その動きに牽引されるように日本株も上昇を始めたのです。現在、私たち個人投資家はいわゆる「アベノミクス」が創り出したこの投資環境を当たり前のように受け入れていますが、果たして1年前に現在の状況を想像できたでしょうか?ご参考までにちょうど1年前に書いた「セゾン投信定期積立経過報告」で当時の騰落率を確認してみると、ほぼ損益分岐点に近い+0.8%でした。世界経済を丸ごと買うセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの運用手法はリスクを広く分散して大損しにくいことがメリットですが、それは大儲けしにくいデメリットと表裏一体でもあります。それがわずか1年でこれだけ目覚ましい騰落率の改善を実現できたのですから、私たちを取り巻く投資環境がいかに激変したかを実感することができますね。直近ではECB(欧州中央銀行)のまさかの利下げにより、世界的な金融緩和競争が再燃するとの思惑から株高が続いています。もちろんこれは投資環境としては追い風なのですが、世界経済の歴史はバブルの発生と崩壊の繰り返しであるという現実を直視するなら、「私たちは今、バブルの入り口にいるのかも知れない」という現状認識と、「(もしバブルが発生した場合)次のバブル崩壊はリーマンショックを凌駕する規模になるかも知れない」という警戒感を常に胸に刻み込んでおきたいものですね。

お祭り騒ぎ

kage

2013/11/17 (Sun)

マネックス証券が大手ネット証券初となる米国株の特定口座に対応したということで、投信ブロガー界はお祭り騒ぎとなっているようですね。

ご要望にお応えして!ついに米国株取引が、特定口座に対応!

私自身はこれまで一度も米国株や海外ETFの売買をしたことはありませんが、マネックス証券の決断は間違いなく個人投資家の利便性向上に直結するため、大いに評価しております。こうしてマネックス証券が禁断の一歩(?)を踏み出してしまった以上は、ただでさえ同業他社間の競争が激しいネット証券業界のことですから、他社も追随せざるを得ない状況に追い込まれたことは想像に難くありません。そういう意味でもマネックス証券の決断は大きな意味を持っていると私は考えています。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2013/11/14 (Thu)

昨日(厳密には一昨日)はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 12,598円 (先月より87円上昇)
●約定価額 : 22,223円 (先月より583円上昇)
●騰落率 : +76.4% (先月より3.4%改善)


先月の定時報告を書いている時点では米国の与野党が繰り広げていたチキンレースはタイムリミット目前でした。その後の結果は皆さんご承知のとおり、与野党が問題の先送りで合意して米国債のデフォルト(債務不履行)という最悪の事態は目前で回避されました。しかしこの混乱が思わぬ副作用を生みました。米政府機関の一時的なシャットダウン(閉鎖)により雇用統計を始めとする重要な経済指標の発表が遅れたり、正確性に疑義が生じてしまったのです。このためこれらの経済指標を参考にして検討されるはずだったFRBの量的緩和縮小(いわゆるテーパリング)も先送りされるだろうとの思惑から株価は上昇。ニューヨークダウ平均株価は再び史上最高値を更新しました。この流れに乗ってひふみ投信の基準価額も10月24日に設定来最高値となる22,379円を付けました。ちなみに「この流れに乗って」と表現したのは10月の月報「ひふみのあゆみ」に「ひふみ投信ではこの流れを予想しており、米国の債務上限引上げが決まるまでは現金比率を下げて(株式比率を上げて)、債務上限の引き上げが決まってからは現金の比率を上昇させています」と書いてあったからです。

利確は早かれ、損切りは遅かれ

kage

2013/11/09 (Sat)

当ブログをご訪問いただいている投資に関心の高い方であればすでにお気付きのことと思いますが、今回のタイトルは有名な相場格言「売りは早かれ、買いは遅かれ」のパクリです。今回の年末年始限定の心がけとして私が考えました。具体的には利確(利益確定)は年内に、損切り(損失確定)は年明けに行う方が有利ですよ、という意味です。その理由は(これも投資に関心の高い方であれば先刻ご承知のことと思いますが)、利確(利益確定)をするのであれば証券優遇税制が生きている年内に行った方が税率10%が適用されてお得であり、損切り(損失確定)をするのであれば年明けに先延ばしした方が繰り越し期間を先延ばしできるためです。

利確(利益確定)については証券優遇税制の終了で株式等の譲渡益所得の税率が10%から本則の20%に戻るので理解しやすいのですが、損切り(損失確定)については実際に損失の繰り越しを経験していない方には分かりにくいため補足説明をしておきます。1年をトータルして「利益<損失」であった場合は確定申告を行うことによりその損失を翌年以降最大3年間繰り越すことができます。この繰り越し期間の区切りが年単位であるため(損失確定をした日から3年間ではありません)、今年の損失の繰り越し可能期間は来年(2014年)以降最大3年間となり、来年の損失の繰り越し可能期間は再来年(2015年)以降最大3年間となるわけです。つまり極端な例でいえば、年末に損切りするのと年初に損切りするのでは繰り越し可能期間がほぼ1年違ってくるのです。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013に投票しました

kage

2013/11/02 (Sat)

先月のエントリー今年の「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」は単独開催にでご紹介した投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2013に不肖私も投信ブロガーの端くれとして本日投票をさせていただきました。今年の投票候補は上記エントリーを書いた時点ですでに決めておりました。昨年は念のために10月の月報を確認して最終決断をしましたが今年はもはや心は動かないという確信があるため早めに投票を行いました。なお本企画の詳細につきましては下記の公式サイトでご確認ください。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2013

foy2013