2013 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 09

サイトへの広告配信を再度有効にいたしました パート2

kage

2013/08/31 (Sat)

この1ヵ月で2度目となる不幸の手紙を受け取ってから4日が経過した昨日、グーグルから「Google AdSense ポリシー違反の申し立てについて」と題するメールが届きました。そしてその結果は、下記のとおりでした。

お客様

プログラム ポリシーに準拠していただくために、サイトに変更を加えていただき、ありがとうございます。oyajidancer.blog22.fc2.com を慎重に確認させていただいた結果、このサイトへの広告配信を再度有効にいたしました。

お客様のサイトへの広告配信は一時的に無効となっていたため、サイトに広告が掲載されるまでに 48 時間程度かかる場合があります。恐れ入りますが、しばらくお待ちいただきますようお願いいたします。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

Google AdSense チーム

NISAの重複口座開設申請に関するご注意について

kage

2013/08/28 (Wed)

昨日、私が口座を保有している三井住友銀行から標記のメールが届きました。一読してNISAの活用に関して参考になると思いましたので、以下にその内容の一部を引用させていただきます。

いつも三井住友銀行をご利用いただき、ありがとうございます。

当行のお口座をご利用いただいているお客さまに、今後の証券税制に関する大切なお知らせがあります。

☆★NISAの重複口座開設申請にご注意ください★☆

2014年1月より少額投資非課税制度(NISA)が始まります。

NISAのお申込にあたっては重複口座開設の申請にご注意ください。

■ NISAは「全ての金融機関を通じて、一人につき1口座」です。

再びサイトへのAdSense広告配信が停止されています

kage

2013/08/26 (Mon)

前回の不幸のメールが届いてからまだ1ヵ月も経過していないのに、本日再びグーグルから「サイトへの AdSense 広告配信が停止されています」との表題のメールが届きました。そして今回もその宣告通りに当ブログへの広告配信が停止されました。ちなみに今回の警告内容は前回と異なり、広告が紛らわしい方法で掲載されていることがポリシー違反に該当するとのことでした。グーグル先生曰く「広告とサイトのコンテンツは明確に区別する必要があります」とのことでしたので、取り急ぎ今年書いたエントリーは本文と広告の間に(Sponsored Link)を挿入した上で再審査の申し立てを出しておきました。これから昨年以前のエントリーについても徐々に対応して行こうと思っていますが、該当エントリーは全部で1,000以上ありますので気が遠くなりそうです。それにしてもグーグルはどうして当ブログのような弱小ブログを狙い撃ちにするのでしょうか?と愚痴のひとつもこぼしたくなる今日このごろです。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2013/08/22 (Thu)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,207円 (先月比22円上昇)
●約定価額 : 10,267円 (先月比232円下落)
●騰落率 : +25.0% (先月比3.2%悪化)


そもそも8月には円高+株安のアノマリー(根拠のない経験則)があるそうですが、今年に限っては米国の中央銀行に相当するFRBが量的緩和の縮小にいつ動くのか?(9月のFOMCで決定されるのか?それとも12月の会合に延期されるのか?)を巡って市場に不透明感が広がっていることと、量的緩和の縮小を先取りする形で新興国から投資資金が引き揚げられ新興国の株安と通貨安が鮮明になっていることで、市場にはリスクオフの雰囲気が広がっています。このため今月の約定価額は先月より232円低い10,267円となりました。常識的に考えれば米国が量的緩和の縮小に動く理由は米国経済の回復なのですから現在の市場はいささか過剰反応のようにも思えるのですが、日米欧の中央銀行が異次元の金融緩和で市場に供給した膨大なマネーが動かしていたこれまでの相場が正常化する過程では一時的な乱気流も覚悟しておく必要がありそうですね。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2013/08/14 (Wed)

すっかりご報告が遅れてしまいましたが、一昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 12,343円 (先月より77円上昇)
●約定価額 : 19,576円 (先月より650円低下)
●騰落率 : +58.6% (先月より6.3%悪化)


先月の約定価額は久しぶりに2万円の大台を超えた20,226円だったのですが、今月は再び大台を割り込む19,576円となりました。最近の基準価額の動向を見ると2万円を挟んだボックス圏を形成して横ばいを続けており、今月はそのボックス圏の下限で約定した形になっております。このような状況であれば「安く買えてラッキー!」と強がりを言っても許されるような気がしています。言うまでもなく現時点で世界中の市場が注目しているのは米国の中央銀行に当たるFRBがいつ量的緩和政策の縮小を始めるのかであり、大多数の予想通りに9月になるのか?それとも先送りされるのか?で市場は疑心暗鬼になっています。また日本国内には消費増税の決定と東京オリンピックの可否決定が9月に控えているという特殊事情もあり、市場には「今は動けない」という雰囲気が満ちあふれています。ですからひふみ投信の基準価額もまだしばらくはボックス圏の動きを余儀なくされるのかも知れませんね。

サイトへの広告配信を再度有効にいたしました

kage

2013/08/03 (Sat)

グーグルから「サイトへの AdSense 広告配信が停止されています」というタイトルのメールが届き、実際に当ブログへの広告配信が停止されたのは5日前のことでした。その後、ポリシー違反と誤解されたかな?と思い当たった点を修正して再審査の依頼を出してから4日半余りが経過した本日早朝、グーグルからようやく再審査の結果を知らせるメールが届きました。そしてそこには私が待ち望んでいた標記の「サイトへの広告配信を再度有効にいたしました」の文字がありました。当ブログのどの部分にポリシー違反があったのかが明確に分からないまま再審査を依頼しておりましたので結果が出るまでは一抹の不安を抱えていましたが、これで何とか一安心です。

実はグーグルに再審査の依頼を出した後に本当にその対策で良かったのかどうか不安になり、グーグル大先生にお伺いを立ててみた(グーグルに問い合わせたわけではなく、グーグルで検索してみたという意味です)のですが、当ブログが指摘されたポリシー違反「ユーザーに報酬を提供して誘導するコンテンツ」とはいわゆるポイントサイトを指しているようでした。そう言われてみれば確かに当サイトには某ポイントサイトのバナー広告を貼り付けておりました。そこでとりあえずそのバナー広告も削除しておきました。今にして思えばこちらが「正解」だったのでしょうね。AdSenseのポリシーを事前によく読んでいればポイントサイトの広告がポリシー違反になることは分かるはずなのですが、恥ずかしながら私は今回の件で初めて知りました。そこで何かの参考になればと思い、今回の結果をご紹介しておきます。