2013 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2013 07

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2013/06/22 (Sat)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,161円 (先月比22円上昇)
●約定価額 : 10,140円 (先月比756円低下)
●騰落率 : +24.1% (先月比9.6%悪化)


今にして思えば先月の定時報告を書いた5月23日に日本株が大暴落して以来、世界経済の雲行きが一気に変わってしまった感があります。あの日から1ヵ月を経過しても日本株はいまだに目先の底値を探る軟調な展開です。ドル円も直近で多少円安方向に振れたとはいえ、1ヵ月前の103円台からはずいぶん円高ドル安水準の97円台です。これに加えて今週行われた米FOMCでバーナンキFRB議長が量的緩和(QE3)の出口戦略に言及したことで、実際に量的緩和が縮小されたわけでもないのに市場が勝手に先走りして「量的緩和縮小」を織り込み始めました。その結果、量的緩和に支えられてこれまで順調に史上最高値更新を続けていたダウ平均株価もいよいよ調整局面入りか?と思わせる大幅下落を記録し、同様に日米欧の超金融緩和政策に支えられていた新興国の株価や通貨の下落も顕著になってしまいました。このため今月の約定価額は先月より756円も安い10,140円となりました。ただしファンド・オブ・ファンズであるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドは株価下落が基準価額に反映されるのが1日遅れますので、贅沢を言えば来週の方がもっと安く買えたはずです。とはいえ定期積立投資でタイミングを悔やんでも仕方ありませんので潔くあきらめたいと思います。

NISA=宝くじ説

kage

2013/06/20 (Thu)

これは「非課税」つながりでふと思い浮かんだ説です。以前にも書きましたが、来年より始まるNISA(少額投資非課税制度)は所得税が非課税になる代わりに損失の救済が一切ありません。つまり非課税というメリットと損失救済なしというデメリットが表裏一体になった諸刃の剣なのです。しかしこれを同じ「非課税」仲間の宝くじと比較して考えてみてください。ご承知のとおり宝くじの当選金は非課税です。その理由は払い戻し率が4割強しかないのに(=6割弱は事実上税金のようなもの)、その上に課税したらいくら何でもボッタクリ過ぎだと考えられた・・・からかどうかは私は知りません。余談はさておき、非課税のメリットと損失救済なしのデメリットが表裏一体となっているのは宝くじも同じです。少し前に自作の競馬予想ソフトで大儲けした男性が脱税の罪に問われた裁判が話題になりましたが、脱税の罪とは別に課税額の算出方法も争点になりました。具体的には外れ馬券のどこまでを必要経費と認めるか?ということです。つまりこれは当たり馬券の払戻金が課税対象であるからこそ外れ馬券の購入費用が必要経費として認められるわけで、当選金が非課税である宝くじでは外れた宝くじの購入代金を必要経費にすることはできません。いかがでしょう?この仕組みはNISAとよく似ているように思えませんか?

情けは人のためならず

kage

2013/06/18 (Tue)

アベノミクスがもたらす日本の未来」の締め括りに私は「少しでも投資に対する理解が広まるよう当ブログも微力ながら努力して参る所存です」と書きました。そして本エントリーのタイトル「情けは人のためならず」は、私自身が投資を理解しようとした時に最も納得できた言葉なのです。

ちなみにこの件については3年前に書いたこちらのエントリーで一度触れておりますので、ご参考までに以下に再掲させていただきます。

今では遙か遠い昔の記憶となってしまった高校生最後の夏、私は受験生として夏休みも返上して地元の予備校の夏期講習に通っていました。ある日の国語の授業の最後に講師の先生がこう言われました。「今日は皆さんにひとつだけ宿題を出します。情けは人のためならずという言葉の意味を調べてきてください。言っておきますが情けをかけることは人のためにならないという意味ではありませんよ。」実は私、誠に恥ずかしいことながら高校3年生のこの時まで情けをかけることは人のためにならないという意味だと思っていました。そこで帰宅後すぐに国語辞典で調べてみると「情けを人にかけておけば巡り巡って自分によい報いが来るということ」と書いてあり自分の早合点を大いに恥じた記憶が今でも鮮烈に残っています。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2013/06/13 (Thu)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です(猫パンチ投資2発の詳細はこちらで公開しています)。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 12,184円 (先月より76円上昇)
●約定価額 : 18,876円 (先月より2,703円下落)
●騰落率 : +54.9% (先月より23.3%悪化)


5月22日までの日本株はアベノミクス相場の追い風を受けて順調に上昇を続けていたのですが、ご承知のとおり翌23日の大暴落を境に相場の雰囲気は180度転換してしまいました。そして日経平均株価は本日の大幅下落でついに黒田日銀の異次元緩和発表以前の水準に逆戻りという惨憺たる状態です。このため今月の約定価額は先月より2,703円も安い18,876円となり、さらに本日の基準価額は18,077円(前日比-799円)にまで下落しています。この結果、本日の基準価額で計算した私個人の騰落率(運用成績)は+48.4%となり、あっけなく+50%を割り込んでしまいました。わずか1ヵ月前には「+80%が目前です」と喜んでいたことが哀れに思えてくるほどの急変ぶりに、ハイリスク投機家を自認する私といえども、ただただ戸惑うしかない状況です。

長年の塩漬け状態からついに黒字化したファンドが分配金を吐き出す

kage

2013/06/11 (Tue)

本日、いつものようにメールチェックをしていたところ、ほぼ休眠状態にある野村ネット&コールから「自動けいぞく投資 再投資のご案内」というタイトルのメールが届いていることに気付きました。私が野村ネット&コールで保有しているファンドといえば、以前「長年放置していた塩漬けファンドがついに黒字化」でご紹介したグローバル・インデックス・バランス・ファンド(愛称:投資生活)しかありません。長年低迷を続けてきたファンドがアベノミクス相場の追い風を受けて基準価額が設定時(=10,000円)を上回ったとたんに分配金を吐き出すなどにわかには信じられず、運用元の三井住友トラスト・アセットマネジメントのサイトを確認してみたところ、確かに昨日付で1万口あたり20円の分配金を吐き出していました。

【ご参考】
グローバル・インデックス・バランス・ファンド(三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社)

投資に代わる言葉

kage

2013/06/10 (Mon)

ひとつ前に書いた拙文に相互リンクさせていただいているrennyさんからトラックバックをいただきました。トラックバック元のエントリーでrennyさんは「株式等に資金を投じて、資産をじっくり時間を掛けて育てようとする行為を、別の言葉で表現してみてはどうか」と提案しておられます。そこで不肖私も何か良い言い換え案はないものかと考えてみました。

投資に代わる新たな表現を考える上で私が考えたイメージは「投資信託の信託は信じて託すること」というような、いわゆる「上手いこと言う」パターンです。ちなみにこの「託する」という表現は「投じる」より私自身にはシックリと来ます。だからできればマーケット(市場)に資金を投じる「投資」ではなく、「託する」とか「委ねる」といった表現を採用したいと考えました。

アベノミクスがもたらす日本の未来

kage

2013/06/07 (Fri)

まず始めに予防線を張っておきますが、これから書く内容は取るに足らないハイリスク投機家が妄想した戯言ですので軽く聞き流していただけますようお願い申し上げます。

私は安倍政権が「アベノミクス」政策を実行に移したことで日本はルビコン川を渡ったと考えています。つまり、一旦始めてしまった以上はもう元のデフレ時代には戻れないという意味です。アベノミクスは1本目の矢で日銀が異次元の金融緩和(=国債・ETF・REITなどをジャンジャン買い入れて市場に資金を供給する)を行い、2本目の矢で政府が機動的な財政出動(=防災という錦の御旗を掲げた公共投資)を行いますので、3本目の矢(=大胆な規制緩和による成長戦略)が見事に的を射貫いて日本経済が奇跡の復活を果たさない限り、膨れ上がった借金の返済は困難になって、日本国の財政破綻が急速に現実味を帯びることになると思っています。すなわち、アベノミクスの失敗はデフレへの逆戻りを意味するのではなく、「今の日本にはデフレすら生ぬるい(北斗の拳風)」という最悪の未来の到来を意味すると覚悟しておく必要があるのではないかと個人的には考えています。

痛恨の一撃

kage

2013/06/07 (Fri)

今日(6月6日のことです)の国内株式市場は日経平均株価の下落率は0.85%でしたが、新興市場のマザーズ指数の下落率は13.07%となり、少し前まで個人投資家の人気を集めていた銘柄の数々が大暴落していました。この影響で性懲りもなくハイリスク投機を行っていた私はまた被害を受けたのですが、こちらのエントリーでご報告したとおり、最初の急落時にハイリスク投機ポジションを一旦すべて損切り撤退していたため現在は全力投球をしておらず、今日の急落でも何とか軽傷で済みました。それでは本エントリーのタイトルに掲げた「痛恨の一撃」とは何を指すのかと申しますと、私が毎月コツコツと積み立て投資を行っているひふみ投信の運用成績です。ご覧のとおり、基準価額は今日の下落であえなく19,000円を割り込んでしまいました。

ひふみ投信