2012 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 02

インフレ期待に働きかける

kage

2013/01/30 (Wed)

安倍政権の経済政策(通称:アベノミクス)は三本の矢で構成されています。すなわち、「大胆な金融政策」、「機動的な財政政策」、「民間投資を喚起する成長戦略」の三本です。その中で今回注目したいのは一本目の矢である「大胆な金融政策」です。ご承知のとおり安倍総理は日銀に圧力をかけて2%のインフレ目標を掲げさせることに成功しました。その結果、日銀は2%のインフレ目標を達成するまでは大胆な金融緩和を継続せざるを得なくなりました。ここで注意しておきたいのは、政府と日銀の目的は2%のインフレ目標達成ではなく、私たちのインフレ期待に働きかけることである点です。

この「インフレ期待に働きかける」という表現はアベノミクスの解説でよく耳にするのですが、「期待」という単語を素直に受け止めると何となく妙な感じになってしまいますよね。「いよいよインフレ到来だ!ワクワクする!!」みたいに。もちろん本来の意味はそうではなく、ザックリと意訳すると「これからインフレ状態が続くのではないかという空気(雰囲気)を醸成する」という状況を指すものと私は理解しています。