2012 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 02

インフレ期待に働きかける

kage

2013/01/30 (Wed)

安倍政権の経済政策(通称:アベノミクス)は三本の矢で構成されています。すなわち、「大胆な金融政策」、「機動的な財政政策」、「民間投資を喚起する成長戦略」の三本です。その中で今回注目したいのは一本目の矢である「大胆な金融政策」です。ご承知のとおり安倍総理は日銀に圧力をかけて2%のインフレ目標を掲げさせることに成功しました。その結果、日銀は2%のインフレ目標を達成するまでは大胆な金融緩和を継続せざるを得なくなりました。ここで注意しておきたいのは、政府と日銀の目的は2%のインフレ目標達成ではなく、私たちのインフレ期待に働きかけることである点です。

この「インフレ期待に働きかける」という表現はアベノミクスの解説でよく耳にするのですが、「期待」という単語を素直に受け止めると何となく妙な感じになってしまいますよね。「いよいよインフレ到来だ!ワクワクする!!」みたいに。もちろん本来の意味はそうではなく、ザックリと意訳すると「これからインフレ状態が続くのではないかという空気(雰囲気)を醸成する」という状況を指すものと私は理解しています。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2013/01/25 (Fri)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,047円 (先月比15円上昇)
●約定価額 : 9,148円 (先月比544円上昇)
●騰落率 : +13.6% (先月比6.5%改善)


今回はまず始めにお詫びをしなければなりません。実は先月の定時報告で公開した数値に誤りがありました。毎回セゾン投信のサイトで数値を確認してブログの更新をしているのになぜこのような間違いが起こってしまったかといいますと、先月の定期積立約定日の翌日はメンテナンスのためネット取引サービスの利用ができなかったため、深く考えずに一般に公開されているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの「定期積立プランで購入した場合の平均取得単価と損益」の数値を流用してしまったためです。実はこの数値が11月末時点のものでした。つまり先月の定時報告で公開した数値は定期積立約定日のものではなく、11月末時点のものだったということです。間違った情報を公開してしまい、誠に申し訳ございません。

世界経済インデックスファンドの分配金は20円

kage

2013/01/22 (Tue)

おかげさまで本エントリーをもちましてエントリーナンバー1000を迎えることができました。これもひとえにハイリスク投機家の戯れ言にお付き合いいただいた皆さまのおかげと深く感謝しております。ただし前回のエントリーでも触れたとおり、過去に私の不手際から欠番が発生しており、エントリーナンバーと実際のエントリー数は一致しておりませんので、簡単なご挨拶のみで失礼させていただきます。

さて話題はガラッと変わりますが、先ほどメールチェックをしていたところ、SBI証券から「汎用累投再投資のご案内」電子交付のお知らせというタイトルのメールが届いていることに気づきました。汎用累投再投資が投資信託の分配金を再投資したことであることはすぐに理解できたのですが、SBI証券で保有している投資信託から分配金が出るはずはないのにといぶかりつつSBI証券のサイトで確認してみると、なんと世界経済インデックスファンドから20円の分配金が出ていたのです。

ブログのデザインを変更しました

kage

2013/01/20 (Sun)

エントリーナンバー1000を目前にして、久しぶりにブログのデザインを変更してみました。本当はちょうど1000での変更にしたかったのですが、実は過去に私の不手際から欠番になっているナンバーがありエントリーナンバーと実際のエントリー数が一致していないため、「1000」に固執せずに前倒しすることにしました。変更したばかりでまだところどころ気になるところはありますが、これから徐々に手を加えて修正していくつもりです。最近は更新頻度も少なくなり、ようやくエントリーナンバー1000を迎える当ブログですが、引き続きよろしくお願い申し上げます。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2013/01/17 (Thu)

ご報告がすっかり遅くなってしまいましたが、一昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 11,806円 (先月より54円上昇)
●約定価額 : 15,435円 (先月より1,316円上昇)
●騰落率 : +30.7% (先月より10.6%改善)


先月の定時報告で私は「過去の総選挙でも投票までは改革の期待が高まり株価が上がり、投票が終わると期待がしぼんで株価も下がるというアノマリー(根拠のない経験則)があるそうです」と書きました。しかし実際には総選挙で自民党が圧勝したこともあり、さらなる金融緩和と円安誘導期待で株価はガンガン上がり続けました。その結果、今月の約定価額は先月より1,316円も高い15,435円となり、私個人の騰落率(運用成績)も一気に10%以上改善して30%超えとなりました。ただし過去に何度も指摘しているようにひふみ投信は株価急騰局面を苦手としていますので相変わらずTOPIXやさわかみ投信には負けていますが、キッチリと「守りながら増やす」を実現してくれていますので個人的にはこの結果に満足しています。

ロイターが「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」を報じる

kage

2013/01/15 (Tue)

先ほどRSSリーダーをチェックしていたところ、ロイターが「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」の結果を報じているのに気づきました。

バンガードのETF、ブロガーが選ぶファンド・オブ・ザ・イヤーに

昨年はロイターで報じられないことをひとりごとのネタにしましたが、今年は再び取り上げられて何よりです。これでまた投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Yearへの注目度と影響力が増すことでしょう。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012

kage

2013/01/13 (Sun)

遅ればせながら本エントリーが今年初更新となります。本年も引き続きハイリスク投機家の戯れ言にお付き合いいただければ幸いです。

こちらのエントリーで私自身も投票したことをご報告した「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」の結果が発表されました。そこでいつものようにあまり参考にはならないと思いますが私の投票内容を公表して言い訳をさせていただきたいと思います。なお「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012」の投票結果につきましては下記公式サイトをご参照下さい。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012

私が選んだ「Fund of the Year 2012」は下記の3ファンドで、持ち点5点を以下のとおりに振り分けて投票しました。

ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス):3ポイント
ひふみプラス(レオス・キャピタルワークス):1ポイント
セゾン資産形成の達人ファンド(セゾン投信):1ポイント