2012 11 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2013 01

銀行預金のマイナス金利が現実に

kage

2012/12/23 (Sun)

今年の8月に立てたエントリー「マイナス金利のカラクリ」の中で私は以下のように書きました。

ところで「マイナス金利」とは具体的にどのような状態を指すのでしょうか?銀行にお金を預けると金利を取られることになるのでしょうか?それとも住宅ローンなどでお金を借りると毎月お小遣いをもらえることになるのでしょうか?もしそうであれば、今すぐ全力で借金を申し込まなければなりませんね。


お読みいただければお分かりいただけたと思いますが、この文章は冗談半分で書いたものです。しかし世界を見渡してみると、混迷を続ける世界経済を背景に預金口座にマイナス金利を導入する銀行が実際に現れ始めています。まさにこれは「事実は小説よりも奇なり」の良い例ですね。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2012/12/22 (Sat)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,025円 (先月比1円上昇)
●約定価額 : 8,604円 (先月比511円上昇)
●騰落率 : +2.5% (先月比1.7%改善)


【お詫び】上記数値に誤りがありました。正しい数値はこちらに掲載しております。

先月の定時報告で私は運用成績の改善を「まるで狐につままれたような印象」と表現しましたが、その後もあれよあれよと言う間に基準価額は上昇を続け、今月の約定価額は先月より511円も高い8,604円となりました。おかげさまで私個人の運用成績も+2%を超えてきました。「失われた20年」とも表現される長く続くデフレ時代では預貯金や国内債券保有者が勝ち組とされてきましたが、何とかこれで預貯金の金利や長期金利(=日本10年国債の利回り)を上回ることができてホッと一安心というところです。次のターゲットは国内債券型インデックスファンドの運用利回り(=過去3年で+5%強)を追い抜くことですね。

選挙で支持したい人がいなければ

kage

2012/12/15 (Sat)

前々回に続いて本エントリーも相互リンクさせていただいている吊られた男の投資ブログの「選挙で支持したい人がいないから抗議の意を込めて白票を投票…とは言うものの」を拝読して書いています。吊られた男さんのふんどしで相撲をとってばかりで済みません。

実は私自身も以前は「投票したい候補者がおらず棄権するくらいならNOの意味を込めて白票を投ずべき」との意見を持っていました。しかし今では別の考えに変わりました。とはいえ今でも私は白票を投ずることの意義を完全否定はしません。棄権するくらいなら白票を投ずる方がまだマシだと思っています。しかし現実問題として抗議の意味で投じられた白票も(吊られた男さんが指摘されたとおり)現行の選挙制度では無効票にしかなりません。もしこれが「白票が過半数を超えた選挙区は当選者なしとする」とか「得票数が白票の総数を上回らなかった候補者の当選は無効とする」などという選挙制度であればまた話は別なのですが、現状では投票者が白票にどのような意味を込めたとしても「白票=白紙委任状」です。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2012/12/13 (Thu)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 11,752円 (先月より38円上昇)
●約定価額 : 14,119円 (先月より558円上昇)
●騰落率 : +20.1% (先月より4.3%改善)


先月の約定日(11月12日)以降のひふみ投信の基準価額は、2日後(11月14日)の13,522円を目先の底として上昇に転じ、11月29日にはついに14,000円を突破しました。その後一時的に13,000円台に転落したもののまたすぐに14,000円台を回復し、今回の約条価額は先月より558円も高い14,119円となりました。ちなみに本日の基準価額はさらに上がって14,132円となり、設定来最高値を更新しています。つまり先月の定期積立は、結果的に絶好の押し目買いとなったわけですね。

インデックス投資(パッシブ投資)派よ、アクティブ投資派に感謝せよ

kage

2012/12/11 (Tue)

本エントリーのタイトルは相互リンクさせていただいている吊られた男の投資ブログの「インデックス投資(パッシブ投資)派よ、調子に乗るな」を拝読して、ふと脳裏に浮かんだものです。

以前私はこちらのエントリーに以下のように書きました。

誰が平均点を決めているのかを考えてみよう(アクティブ投資家なくしてインデックス投資家なし)。

インデックス投資派の収益が改善したのはアクティブ投資派が平均点を上げてくれたからに他なりません。インデックス投資派はアクティブ投資派のことを内心では「バカな奴らだ」と蔑んでいたとしても、表向きは「平均点を上げてくれてありがとう」と敬意を表していただきたいものです。

久しぶりの完全黒字化

kage

2012/12/07 (Fri)

今朝、米国株の終値を確認しよとSBI証券のサイトにログインしたところ、保有投信が久しぶりに完全黒字化していることに気付きました。

SBI20121207

実はトータルではずいぶん以前から黒字化していたのですが、eMAXIS新興国株式インデックスだけがなかなか赤字から抜け出せずにいました。それが昨日の基準価額が大幅高したおかげでようやく黒字に浮上してくれたため、久しぶりの完全黒字化達成となった次第です。これもこのところの円安+株高+債券高の追い風のおかげですね。