2012 10 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2012 12

超短編小説・夢の錬金術

kage

2012/11/27 (Tue)

20XX年、ある研究所で長年の努力が結実して有史以来の人類の夢であった錬金術がついに完成した。研究所長は早速マスコミ各社を呼んで完成披露記者会見を開催した。所長の難解な説明が一通り終わった後、ある新聞記者が手を挙げた。「この錬金術で無限に金が生産できるのでしょうか?」「そう上手くはいきません」と所長は冷静に答えた。「空気から金を生むわけではなく、複数の重金属や貴金属を原材料とするため自ずと生産量には限りがあります。しかもそれらの原材料を人類史上最高レベルの超高圧で融合させる必要があるため現時点の生産コストは金価格より高くなってしまいます。」「それでは錬金術の意味がないではありませんか。」記者の落胆した反応に所長は胸を張ってこう答えた。「当研究所の試算によると、量産化後の生産コストは金価格の半分以下になるはずです。」所長の口調は自信たっぷりだったが、会場の雰囲気は微妙であった。

錬金術がついに完成したというニュースは瞬く間に全世界に拡散した。しかし世の中の多くの人はまだ半信半疑だった。それでもマーケットは素早く反応した。ニュースが伝わると同時に金価格が急落を始めたのである。さらに完成した錬金術の技術的検証が進み、どうやら本物らしいと分かってくると金価格はさらに暴落を始めた。その後いったんは所長が量産化後の生産コストとして挙げた半値レベルで下げ止まったものの、投資資金が金から急速にプラチナ(白金)や銀に流出を始め、ついには当初の価格から1/4レベルにまで暴落してしまった。ことここに至っては自信たっぷりだった所長も苦渋の表情で量産化断念を発表せざるを得なかった。こうして夢の錬金術は夢のままで終わったのである。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2012/11/23 (Fri)

すっかりご報告が遅れてしまいましたが、一昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,024円 (先月比1円上昇)
●約定価額 : 8,093円 (先月比41円上昇)
●騰落率 : +0.8% (先月比0.5%改善)


先月の定時報告では意外にも(注・あくまでも私の個人的な感覚です)プラス転換となったのですが、その後は米大統領選挙でオバマ氏が再選されたことでいわゆる「財政の崖」懸念が台頭し、米国株が大幅下落となったこともあり再びマイナス圏に沈んでいました。ところが衆議院解散により日本の政治が一気に動き出したことで、日銀に大胆な金融緩和を求める自民党の安倍総裁が総理大臣に復帰する可能性が高まり、為替が一気にドル高円安トレンドに転換したことで私の運用成績もここ数日でまたまたプラス圏に浮上してきました。ですから今回の定時報告ではご覧のとおり先月より運用成績が改善しているのですが、まるで狐につままれたような印象です(注・あくまでも私の個人的な感覚です)。

基本的ファンド権の尊重

kage

2012/11/19 (Mon)

本エントリーのタイトルに使った「基本的ファンド権」という耳慣れない言葉は、今朝電気シェーバーでヒゲを剃っていた時にふと脳裏に浮かんだものです。その語源は皆さんお察しのとおり、日本国憲法に規定された「基本的人権」です。基本的人権とは人間が生まれながらに持っている権利であり、何人もそれを侵すことは許されません。そしてこの基本的人権の根幹を成す考え方のひとつに「法の下の平等」があり、日本国憲法第14条に下記のとおり規定されています。

第14条 すべて国民は、法の下に平等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。


それではなぜ私が基本的人権から基本的ファンド権を連想したかというと、「法の下の平等」に反するような不条理な差別を受けているファンドが少なくないのではないかとの思いからです。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2012/11/13 (Tue)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 11,714円 (先月より32円上昇)
●約定価額 : 13,561円 (先月より286円上昇)
●騰落率 : +15.8% (先月より2.2%改善)


祝!ひふみ投信設定来最高値更新」でご紹介したとおり、ひふみ投信は10月25日に設定来最高値を更新しました。そして11月2日には13,946円まで上昇して14,000円にあと一歩まで迫りました。しかしその後は日経平均株価が7営業日連続で下落するような地合いの悪さに足を引っ張られ、今月の約定価額は最高値から385円低い13,561円となりました。ちなみに今日の基準価額はさらに下落して13,533円となっています。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2012に投票しました

kage

2012/11/09 (Fri)

先週のエントリー「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearはファンド界の選抜総選挙だ」でご紹介した投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2012に、不肖私も投信ブロガーの端くれとして本日投票をさせていただきました。今年の投票候補は上記エントリーを書いた時点ですでに決めていたのですが、念のために10月の月報を確認して最終決断をしました。なお本企画の詳細につきましては下記の専用サイトでご確認ください。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2012

FOY2012

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

分配回数でコストに差が付かないことが問題なのです

kage

2012/11/08 (Thu)

という趣旨のエントリーを5年前に書いたことをふと思い出しました。

マネックス資産設計ファンドに感じる小さな疑問(2007-10-21)

売りたい商品に販促費を投入して「お得」に見せる手法は投資信託に限らず多くの業界で一般的ですので、この状況を頭から否定することはできません。しかしそこに「歪み」が生じていることもまた事実です。販促費を投入するのであればもっと分かりやすいキャンペーンなどを活用して欲しいと個人的には思っています。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ひふみ投信第4期決算

kage

2012/11/04 (Sun)

もうすぐひふみ投信4周年でも触れたとおり、ひふみ投信は10月1日で設定4周年を迎えました。ひふみ投信にとって10月1日は設定記念日であると同時に決算日でもありした。ちなみに本来の決算日は9月30日なのですが、今年は日曜日だったため設定記念日=決算日となったわけです。なお第4期の運用報告書はひふみ投信の公式サイトに10月31日付で掲載されており、ファンド購入者に限らず誰でも閲覧可能です。

第4期 運用報告書(注意:クリックするとPDFファイルが開きます)

ひふみ投信の全組入銘柄については通常はファンド購入者向け限定の月報(ひふみのあゆみ)で公開されており、誰でも閲覧可能な簡易版の月報では組入上位10銘柄しか確認できません。しかしこの運用報告書には10月1日時点の全組入銘柄が記載されています。ですからこの運用報告書は、ひふみ投信に関心はあるがまだ購入には至っていない方にも大いに参考になると思います。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Yearはファンド界の選抜総選挙だ

kage

2012/11/01 (Thu)

月日が流れるのは本当に早いもので、今年もまた相互リンクさせていただいている「rennyの備忘録」のrennyさんが運営委員長を務めておられる人気企画「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year」の投票受付が始まりました(詳細につきましては下記の専用サイトでご確認ください)。

投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2012

ところで、本エントリーの表題に使った「選抜総選挙」とは、もちろんあの超有名アイドルグループの恒例イベントからいただいたものです。個人的にはこれが「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year」の趣旨を的確に表現しているように思えたものですから。すなわち、美人コンテストのように明確な評価基準で優劣を決めるものではないということを申し上げたかったのです。