2012 07 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 09

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2012/08/26 (Sun)

すっかりご報告が遅くなってしまいましたが、8月22日(水)はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,025円 (先月比3円低下)
●約定価額 : 7,793円 (先月比243円上昇)
●騰落率 : -3.0% (先月比3.1%改善)


ギリシャの粉飾財政を発火点として始まった「欧州債務危機」は、先月の定時報告時点ではスペインに飛び火していました。その後も危機の根本的な要因はほとんど何も取り除かれていないのですが、今月の約定価額は先月より243円も高い7,793円となり、私個人の騰落率も一気に3.1%も改善しました。この背景には、組入比率が最も高い米国の株高+債券高があります。欧州債務危機が深刻化すればするほどリスク回避の動きが鮮明になり米国債が買われ、危機対応のためにFRBが追加の金融緩和に踏み切るとの期待で株式が買われる現状は決して好ましいものではありません。しかしその状況を「間違っている!」と非難しても意味はありません。投資の大原則は「目の前で起こっていることはすべて正しい」なのですから。特にインデックス運用は市場で定期的に巻き起こされる過熱のバカ騒ぎにも、悲観の暴落にも、キッチリとお付き合いすることが義務付けられていますので、基準価額の騰落が持つ意味を考えるだけ無駄であるともいえます。先月の定時報告にも書いたとおり、インデックス投資家が座右の銘とすべきは「Let it be(あるがままに)」であり「Que sera sera(ケ・セラ・セラ=なるようになる)」なのですから。

アフィリエイトの表現に注意

kage

2012/08/22 (Wed)

先日、私が契約しているASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)のひとつである「アクセストレード」のサイトにアクセスしたところ、ブログに金融関連広告を掲載する際の表現に関する下記の注意事項が表示されました。どうやら個人のブログにも金融機関が金融商品を販売する際と同等の厳格さが求められることになるようです。アフィリエイト広告を掲載しているブログ管理者には何かと参考になると思いますので、以下に全文を引用させていただきます。

金融商品のアフィリエイト広告を掲載する際にパートナー様が留意すべき広告表示内容基準例

金融商品のアフィリエイト広告を掲載する際の禁止または留意する表現(表示)等は、以下の通りです。

1.不適切な表示例について

パートナー様のWEBサイト等コンテンツにおいて、アフィリエイト広告の広告主の取り扱う金融商品又はアフィリエイト広告の広告主(金融商品取引業者)に関する事項などについて、下記に示した不適切な表示を行うこと
*下記表示例は、不適切な表示に相当するものの一部であり、不適切な表示に該当するかの判断については、下記表示例を参考に適切に判断する必要があります。
*下記表示例は、前後の文脈から必ずしも不適切表示に該当しない場合があります。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2012/08/14 (Tue)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 11,626円 (先月より30円上昇)
●約定価額 : 13,174円 (先月より163円上昇)
●騰落率 : +13.3% (先月より1.1%改善)


私事ながら現在は夏休み中で何かと多忙のため、今月は現状報告のみでお許しください。ザックリといえばこの一ヵ月間もひふみ投信の運用ポリシーである「守りながら増やす」が遺憾なく発揮され、安心して見ていることができました。この調子で来月もよろしくお願い申し上げます。

ひふみ投信

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

続・アメリカ株の長期チャート(おまけ付き)

kage

2012/08/07 (Tue)

本日、約10ヵ月前に書いた「アメリカ株の長期チャート」に「ナスダック指数はどうなっていますか?」とのコメントをいただきました。そこで早速NASDAQの長期チャートを調べてみました。なおこのチャートは前回と同様にYahoo.comからお借りしたものです。つまりYahoo.comに行けば誰でも簡単に閲覧できますので、ぜひ次回以降のご参考になさってください。

NASDAQ

ご覧のとおりNASDAQの長期チャートは2000年のITバブルが特徴的です。しかしバブル崩壊後も時間をかけてジリジリと値を戻している点が印象的ですね。

マイナス金利時代を生きる知恵

kage

2012/08/04 (Sat)

前回のエントリーで世界経済の不透明感の高まりを背景に債券の世界では「マイナス金利」という異常事態が発生していることをご紹介しました。しかし私たちの実生活においてはまだ預金金利がマイナスになったり、借金をすると金利がもらえるような異常事態は起こっていません。ただし少し見方を変えると、銀行預金は実質的にすでにマイナス金利時代に突入していると考えることもできます。皆さんご承知のとおり日本の預金金利は長く続くデフレの影響で雀の涙ほどでしかなく、預金引き出し時に時間外のATM使用手数料を取られたりすると、受け取る利息を手数料が上回ってしまう事実上のマイナス金利状態に陥ってしまいます。これから先、もし世界経済の混迷がさらに深まり、世界的に異常な低金利がさらに進行して「マイナス金利」が一般的になり、銀行が揃って口座管理手数料制度を導入するような時代が到来した場合、私たちはどのように対応すれば良いのでしょうか?

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

マイナス金利のカラクリ

kage

2012/08/03 (Fri)

ギリシャ問題を発端にして欧州債務危機が深刻化して以来、経済関連ニュースの中で「マイナス金利」という単語を見かける機会が増えています。昨日も下記のロイターの報道で見かけました。

米四半期定例入札は720億ドル、マイナス金利導入検討=財務省

ワシントン 1日 ロイター:米財務省は1日、来週実施する四半期定例入札(クオータリー・リファンディング)で総額720億ドルの3年・10年・30年債を発行すると発表した。新規調達額は178億ドル。内訳は3年債が320億ドル、10年債が240億ドル、30年債が160億ドル。

財務省はまた、財務省短期証券(Tビル)入札でマイナス金利での応札を可能にすることを検討していると明らかにした。これにより、米財務当局が低金利環境が非常に長期間続くとの認識を持っていることが示された。将来的に変動利付き債(FRN)を発行する方針も示したが、発行は少なくとも1年先になるとした。また、政府は2012年末ごろに法定債務上限に達する見通しだが、13年初めまでは十分融通が利くとした。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング