2012 03 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2012 05

SBI証券が「ひふみプラス」の取り扱いを開始

kage

2012/04/29 (Sun)

ひふみ投信が販路の拡大を目指してファミリーファンド方式に移行することはこちらのエントリーでご紹介しましたが、早速その成果が現れSBI証券が「ひふみプラス」の取り扱いを開始することが発表されました。

レオス・キャピタルワークス株式会社運用「ひふみプラス」の取扱開始について(SBI証券)

ひふみ投信の姉妹ファンド「ひふみプラス」新規設定のお知らせ(レオス・キャピタルワークス)

ひふみプラスのご案内(レオス・キャピタルワークス)

詳細についてはすでに相互リンクさせていただいているrennyさんが「【ひふみプラス】がSBI証券で取扱い開始」で伝えておられますので説明は割愛させていただきますが、あえて補足させていただくならSBI証券で「ひふみプラス」を選ぶメリットとしては500円から積み立てが可能なことと、保有残高に応じて同社独自のポイント「SBIポイント」が付与されることが挙げられます。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2012/04/24 (Tue)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,054円 (先月比2円低下)
●約定価額 : 7,939円 (先月比188円低下)
●騰落率 : -1.5% (先月比2.3%悪化)


4月に入ってからオーストラリアの貿易収支の赤字転落やスペインの国債入札不調を材料に投資家の心理が一気にリスクオフに転換したため、今月の定期積立約定価額は再び8,000円を割り込み、私個人の運用成績もマイナス転換してしまいました。第一次ギリシャ危機以降、定期的に欧州発の不安が世界の市場を大きく揺さぶっていますが、欧州中央銀行(ECB)による長期資金供給オペ(LTRO)や先般決まった国際通貨基金(IMF)の資金増強策は時間稼ぎに過ぎませんので、債務不安国の財政赤字が大幅に減少するとか高止まりしている失業率が劇的に改善するとか、危機からの脱却が目に見える形で現れない限り同じことの繰り返しなのでしょうね。将来確実に欧州債務問題が解決することが分かっているのであれば今安く買えることを喜ぶ余裕も生まれるのですが、未来は誰にも分かりませんので楽観はできません。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

日本がIMFに4兆8千億円を拠出

kage

2012/04/18 (Wed)

万が一欧州債務危機が深刻化した場合に備えてIMF(国際通貨基金)は4,000億ドルの資金増強を計画しているそうですが、その内の600億ドル(約4兆8,000億円)を日本が拠出する方針であると報道されています。

IMF資金増強 日本先陣、4兆8000億円拠出

安住淳財務相は17日の閣議後の記者会見で、欧州債務危機の拡大を防ぐための国際通貨基金(IMF)の資金基盤の増強に関し、日本政府として600億ドル(約4兆8000億円)を拠出する方針を明らかにした。拠出に消極的な国もある中、IMFの第2位の出資国として、先陣を切って拠出を表明し、各国の合意形成に向けた流れを加速させたい考えだ。

安住財務相は「欧州債務問題は楽観できる状況ではない。(資金増強は)危機の収束につなげるために重要だ」と述べた。米ワシントンで19日から開かれる20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議で正式表明する。

拠出には、外国為替資金特別会計の保有資産を活用。IMFに対して600億ドルの融資枠を設定し、要請に応じて必要な分を貸し出す。日本は2008年のリーマン・ショック後にもIMFに1000億ドルを拠出。このうち半分が今秋にも戻ってくる見込みで、その分などをあてる。(SankeiBizより)



<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

復興特別所得税

kage

2012/04/17 (Tue)

お昼休みにメールチェックをしていたところ、ジャパンネット銀行から「復興特別所得税に関するご案内」というタイトルのメールが届いていることに気付きました。国会で復興特別所得税が成立したことは知っていたのですが、勝手に施行されるのはまだ先のことと思い込んでいて詳しい内容についてはチェックをしていませんでした。良い機会ですのでぜひ皆さんも下記のリンク先で復興特別所得税の内容を確認しておかれることをおすすめ致します。

復興特別所得税に関するご案内(ジャパンネット銀行)

具体的には2013年1月1日から2037年12月31日までの25年間に渡り、預金利息、FX取引の利益、投資信託の譲渡益や分配金の所得税額に対して2.1%の復興特別所得税が課されることになります。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2012/04/13 (Fri)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 11,526円 (先月より39円上昇)
●約定価額 : 13,429円 (先月より509円上昇)
●騰落率 : +16.5% (先月より4.0%改善)


先月の定時報告を書いた3月14日に日経平均株価は約7ヵ月半ぶりに終値ベースで1万円を上回り、その後も順調に上昇を続けて3月27日の終値は10,255円にまで達しました。ところがその後はオーストラリアの貿易収支の赤字転落やスペインの国債入札不調を材料に世界の株式市場の雰囲気が一気にリスクオフに転換し、日経平均株価は4月11日の取引時間中に9,388円まで下落しました。今にして思えば今年1-3月の世界の株式市場は楽観に傾き過ぎていたため、調整が大きくなってしまったのでしょう。その結果、昨日の日経平均株価の終値は先月の定期積立約定日(3月12日)より365円安い9,524.79円となりました。しかしひふみ投信の定期積立約定価額は反対に先月より509円も高い13,429円でした。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

電機王国ニッポンの落日

kage

2012/04/10 (Tue)

本日、電機王国ニッポンを代表する企業であったソニーとシャープが相次いで業績の下方修正を行いました。

過去最悪5200億円の赤字=大幅下方修正、苦境鮮明に-ソニー(時事通信)

シャープ、赤字3800億円に=テレビ事業低迷(時事通信)

この赤字額を見ただけでも両社の経営環境が危機的状況に陥っていることが良く分かります。もちろんこれは両社に限ったことではなく、パナソニックも2011年3月期連結決算が7,800億円の赤字となる見通しを発表しています。かつて世界市場に君臨して電機王国ニッポンを築き上げた日本のメーカーがなぜこんな体たらくに陥ってしまったのでしょうか?果たして電機王国ニッポンの復活はあるのでしょうか?

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ファンドの損失は罪ではない

kage

2012/04/03 (Tue)

本日、参議院財政金融委員会でAIJ投資顧問の浅川和彦社長を呼んで参考人質疑が行われました。その中で民主党の蓮舫議員が行った質問に私は違和感を持ちました。

AIJ社長「だました認識は一切ない」

「AIJ投資顧問」が年金資金を消失させた問題で、参議院財政金融委員会で3日、浅川和彦社長を呼んで2回目となる参考人質疑が行われた。

民主党・蓮舫議員が「見えないバブルの自信に支えられて損失を出したということは、だましたということではないか」とただしたのに対し、浅川社長は「だましたという認識は一切ありません」と答えた。

また、蓮舫議員は、AIJの顧客である栃木県建設業年金基金・渡辺勇雄理事長に「だまされたという思いは強まったか?」と聞くと、渡辺理事長は「私どもは詐欺以外の何ものでもないと感じている」と述べた。

さらに、AIJの関連会社である「アイティーエム証券」の西村社長も「見かけ上、だましたということになると思う」と述べるなど、浅川社長との認識の違いも見られた。

また、浅川社長は「今も損失を穴埋めできると信じているのか」と問われると、「できると思います」と答えるなど、強気の姿勢を崩さなかった。(日テレNEWS24より)