2012 02 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 04

米国の医療制度

kage

2012/03/28 (Wed)

昨日、いつものようにニュースのチェックをしていたところ、ロイターの下記の記事が目に止まりました。

米最高裁、医療保険改革法の違憲訴訟について26日から口頭審理

ワシントン 26日 ロイター:米連邦最高裁判所は26日、国民に健康保険加入を義務付けるオバマ大統領の医療保険改革法の違憲訴訟について、口頭審理を始める。

2年前に成立した同法は、2014年までに全国民に保険加入を義務付けけており、これが議会の越権行為になるかどうかが焦点。国内50州のうち26州が、同法の破棄を求めて提訴していた。これに対し政府側は、合憲性の判断を最高裁に求めていた。

口頭審理は3日間にわたって行われる。


この記事を読んでふと米国の医療制度はどうなっているのだろう?という疑問が沸きました。正直、これまでは漠然と「日本と違って国民皆保険制度はないため自己責任で民間の医療保険に入る必要がある」程度の理解でしたが、気になったので少し調べてみました。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

都合がよいサンプルを選んだデータに騙されるな

kage

2012/03/24 (Sat)

本エントリーは相互リンクさせていただいている吊られた男の投資ブログ (一般人の投資生活)の「都合がよい期間を選んだデータに騙されるな」に触発されて書いています。

「5年前に100万円を投資する」という条件で日本国債が優れたパフォーマンスを残したことは事実です。誰もこの事実を覆すことはできません。しかしながら日本国債を選択することがベストであったか?と問われれば、もちろんそんなことはありません。日本国債より高いパフォーマンスを残したアセットクラスはおそらくたくさんあるはずです。その候補として私の脳裏にすぐに浮かんで来たのは当ブログでも頻繁に取り上げている金(Gold)です。ご承知のとおり金(Gold)の価格は、過去5年どころか10年間でもほぼ右肩上がりで値上がりを続けています。ただし金(Gold)の取引は米ドル建てが基本ですのでドル円相場が絡んできます。もし5年前に100万円を金(Gold)に投資していたら、実際にはどうなっていたのでしょうか?

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2012/03/24 (Sat)

前回のエントリーで触れたとおり、昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,056円 (先月比2円上昇)
●約定価額 : 8,127円 (先月比254円上昇)
●騰落率 : +0.8% (先月比3.2%改善)


先月の定期積立約定日以降も世界的なリスクオンの流れは続き、株価上昇と円安進行に支えられてセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価額も急速に上昇しました。直近は世界的な株価の上昇と為替市場の円安の進行が一服したため基準価額の上昇も止まってしまったのですが、それでも今月の約定価額は先月より254円高い8,127円となりました。先月の定時報告でも触れましたが、直近の約定価額の推移(2011年11月:7,006円、2011年12月:7,123円、2012年1月:7,327円、2012年2月:7,873円、2012年3月:8,127円)を見れば、いかに最近の基準価額上昇が急速であったかがお分かりいただけると思います。おかげさまで私個人の騰落率も今月中旬の「再浮上」の時点でプラスに転じ、その後もプラスを維持しています。これまで低下を続けていた個別元本も上昇に転じました。安く買って個別元本を下げることができなくなったことは残念ですがそれは贅沢な悩みと言うべきでしょう。

ひとりごと

kage

2012/03/23 (Fri)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日だったはずなので定時報告の準備をしておこうとセゾン投信のサイトにアクセスしてみるとなぜか約定していません。通常なら19日のはずの入金日が21日になっているので約定日も1日ずれたようです。調べてみるとどうやら19日が「アイルランドの銀行休業日」に該当していたためのようです。米国の休日には注意していてもアイルランドの休日は普通気にしませんから気付きませんでした。

ちなみに今月の定時報告では例のAIJ投資顧問ネタを書くつもりで待ち構えていました。被害を受けた年金基金はいわゆる年金制度の3階部分(1階は国民年金、2階は厚生年金、3階は企業年金)だと思っていましたが、各種報道を詳しく読むと大きな問題になっているのは厚生年金の代行部分(本来なら国が運用すべき2階部分を年金基金が代行している)のようですね。つまり2階の厚生年金部分に穴を開けてしまったため、すべてのサラリーマンに影響が出る可能性があるのです。バブル崩壊後の運用難から年金基金の代行返上が相次ぎましたが、まだ残っていたのですね。報道を聞いた直後の第一印象のままでは勘違いしていることが多いという現実に改めて気付かされました。

ひとりごと

kage

2012/03/17 (Sat)

すでに多くの投資系ブログで紹介されていますが、住信アセットマネジメントが主要インデックスファンドの信託報酬引き下げを発表しました。

「STAM インデックスシリーズ」の各ファンド、「ネット証券専用ファンドシリーズ アジア新興国株式インデックス」および「世界経済インデックスファンド」の信託報酬率引下げについて(クリックするとPDFファイルが開きます)

住信アセットマネジメントが主要インデックスファンドの信託報酬を引き下げるのは2010年7月に続いて2度目です。私が保有している「STAMグローバル株式インデックス・オープン」と「世界経済インデックスファンド」も信託報酬引き下げの対象となっており、誠にありがたい限りです。改めて住信アセットマネジメントのコスト削減の努力に心から敬意を表したいと思います。

しかしながら前回と今回の信託報酬引き下げの発表を見て個人的に気になっている点がひとつあります。それは「SBI資産設計オープン(スゴ6)」がなぜ対象にならないのかということです。「SBI資産設計オープン(スゴ6)」はその名が示すとおりSBI証券専用のバランスファンドですが、運用を担当しているのは住信アセットマネジメントであり、中身は「STAMインデックスシリーズ」や「世界経済インデックスファンド」と同じマザーファンドです。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

投資信託定期売却サービスの注意点

kage

2012/03/15 (Thu)

明日よりSBI証券が投資信託定期売却サービスを開始します。

(プレスリリース)投資信託定期売却サービス開始のお知らせ

私の記憶が正しければ、投資信託定期売却サービスの先駆者は独立系投信「ありがとう投信」のライフサポートサービス(定期売却サービス)でした。改めて確認してみたところ、当ブログで初めてライフサポートサービスをご紹介したのは今から5年近く前の下記のエントリーでした。

海外株式投信評価額(2007.06.15現在)

以来私は「定期売却サービス」の信奉者となり、以下のエントリーでその必要性について訴え続けて参りました。

毎月分配は絶対悪か?(2009-09-09)
定期売却サービスに関するメモ(2009-12-17)
続・あえて毎月分配型投資信託を擁護してみる(2011-01-06)
もしネット証券4社が液晶テレビを販売したら(2011-06-30)

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2012/03/14 (Wed)

恥ずかしながら今日になって気付いたのですが、一昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 11,487円 (先月より31円上昇)
●約定価額 : 12,920円 (先月より589円上昇)
●騰落率 : +12.5% (先月より4.9%改善)


本日の日経平均株価の終値は10,050円円52銭となり、昨年7月27日以来約7ヵ月半ぶりに終値ベースで1万円を上回りました。大発会(1月4日)の日経平均株価は8,560円11銭でしたので、わずか2ヵ月あまりで17.4%も上昇した計算になります。このような日本株の好調な環境に支えられて今月の約定価額は先月より589円も高い12,920円となりました。ちなみに今日の基準価額はさらに上昇して13,067円となり、昨年8月4日以来約7ヵ月ぶりに13,000円を回復しています。おかげさまで私個人の騰落率(運用成績)も先月比で4.9%改善し、一気に10%を超えて+12.5%まで上昇しました。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

再浮上

kage

2012/03/14 (Wed)

世界的なリスクオンの流れに乗り、私が毎月積立投資を継続しているセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの収支が本日久しぶりに黒字転換しました。前回の黒字転換は昨年の4月上旬に書いた「黒字化」の時でしたので、約11ヵ月ぶりということになります。

先月積立約定時の個別元本(現在も変わっていません)

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,054円 (先月比4円低下)


本日付の基準価額
saison20120313

この積立は長期投資の覚悟で継続していますので、目先の収支に一喜一憂しても仕方ないのですが、セゾン投信創設時から同金額の積立を継続している私の個別元本はファンド仲間の平均値であると勝手に思い込んでいますので、ベンチマークとしてご紹介させていただいた次第です。私より早く黒字化を達成した方は結果的に買い付けのタイミングや金額の増減が的確だったということになり、逆にまだ黒字化を達成できていない方は裏目に出たということになります。ただしあくまでもそれは結果論です。買い付けのタイミングを狙わず、買い付け金額の増減も行わない、ファンド仲間の中で最も平均的な私が黒字化を達成できたという事実を素直に受け止めていただければ幸いです。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

震災後一年のアクティブファンド比較

kage

2012/03/11 (Sun)

今日で東日本大震災の発生からちょうど一年です。私自身の中ではもう一年経ったのかという思いと、一年経っても復興や原発事故の問題解決が遅々として進まない現実に対するいらだちが複雑に絡み合っています。しかしそれでも世界経済は日々動いており、投資環境も日々変化を続けているのが現実です。本エントリーは「震災後3ヵ月のアクティブファンド比較」と「震災後半年のアクティブファンド比較」のフォローです。なおこの比較のきっかけとなったのは震災後のセゾン投信定期積立経過報告に書いた以下の疑問でした。

ところで激変した日本の投資環境を見てふと思ったのですが今はある意味でアクティブ運用の銘柄選択が容易になっているのではないでしょうか?すなわち復興需要期待銘柄や西日本が基盤の銘柄を買って消費マインド低下の影響を受ける銘柄や東日本に基盤のある銘柄を売れば良いのでは?実際に多くの機関投資家やアクティブ運用の投資信託が東京電力を売って関西電力など他の電力会社に乗り換える行動に出ているそうですし。インデックス運用は銘柄の選択を行いませんので東京電力の株も大きな被害を受けた企業の株も買い続けなければなりません。果たして長期的にこの差は出ないのでしょうか。それとも現在の株価はこれらの要因をすべて織り込んだ価格なので結局銘柄選択はするだけ無駄という結論になるのでしょうか?個人的に気になっていますのでもし覚えていれば1年後くらいに比較してみたいと思っています。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ひふみ投信がファミリーファンド方式に移行

kage

2012/03/09 (Fri)

私自身ファンド創設時から定期積立を継続している「ひふみ投信」を運営するレオス・キャピタルワークスのサイトに3月7日付で下記のニュースリリースが掲載されていたことに今さらながら気が付きました。

「ひふみ投信」信託約款変更に関するご案内

日頃は、ひふみ投信をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

このたび、お客様に保有していただいている「ひふみ投信」について、約款に変更を行ないたく、お知らせいたします。

■ 変更内容
「ひふみ投信」と実質的に同一の運用の基本方針を有するマザーファンドを新規に設定し、「ひふみ投信」の主要投資対象を当該マザーファンドの受益証券とします。(ファミリーファンド方式への移行 )

なお、今回の約款変更は「投資信託および投資法人に関する法律」に定める重大な約款変更に該当するため、同法に定める手続きに従い書面による決議を行ないます。3月7日時点でひふみ投信をお持ちのお客様には、郵送にてご案内いたします。

詳細はこちら(筆者注:クリックするとPDFファイルが開きます)をご覧ください。

今後とも引き続きご愛顧賜りますようお願い申し上げます。

リスク分散の裏側にあるもの

kage

2012/03/04 (Sun)

先月下旬のエントリー「表と裏」で私は、「あらゆる物事には表と裏があるもので、どちらから見るかによって違った捉え方ができるものです」と書きました。そして「ドル高」の裏側にあるものは「円安」であり、「株高」「原油高」「金(Gold)高」の裏にあるものは「通貨安」であるとも書きました。それでは今回のエントリーのタイトルである「リスク分散の裏側にあるもの」とはいったい何なのでしょうか?

リスク分散を単語に分解するとリスク+分散であり、リスクを分散するという意味です。リスクの裏側にあるものはチャンスであり、分散の裏側にあるものは集中ですから、リスク分散の裏側にあるものは「チャンス集中(チャンスに集中する)」が正解ということになるのかも知れません。しかし「チャンス集中」では意味は理解できても熟語としては違和感がありますので、私は「機会損失」を正解の候補として挙げたいと思います。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング