2011 12 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2012 02

ひとりごと

kage

2012/01/27 (Fri)

日本経済新聞に投信「配当しすぎ」に歯止め 金融庁が法改正検討 毎月配当の原資、運用益に限定という記事が出ていますね。これがもし実現すれば販売会社の「ドル箱」になっていた通貨選択型などのハイリスク・ハイリターンを狙う手法が封じられることになります。個人的には販売会社や運用会社がどのような対応するのか大いに興味がありますが、個人投資家としては経営基盤が脆弱なネット証券などの収益に打撃を与える可能性に注意をする必要があるように思います。ネット証券が発行する個人向け社債など、販売会社の信用リスクを購入者が負う金融商品の購入を検討する際には一応そのことを頭の片隅に入れておくことをおすすめします。日本株がこのまま活況になって販売会社の手数料収入が増えればそんな心配も杞憂に終わるのでしょうが、欧州債務危機の先行きは予断を許しませんので念のため。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2012/01/24 (Tue)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,058円 (先月比14円低下)
●約定価額 : 7,327円 (先月比204円上昇)
●騰落率 : -9.2% (先月比2.6%改善)


先月の定時報告で私は、年明け早々に想定されていた欧州国債の格下げラッシュに対して市場が「格下げという悪材料に素直にネガティブに反応するのか、あるいは事前報道ですべて織り込み済みとして反応しないのか、はたまた悪材料出尽くしと判断してポジティブに反応するのか、どれも可能性があるため予測は困難です」と書きました。現時点では市場の反応は「織り込み済みと悪材料出尽くしの中間」という印象であり、そのお陰で今月の約定価額も先月比204円上昇という結果になりました。ただし(毎度同じことを書いているような気がしますが)、欧州債務問題が根本的に解決したわけではありませんので、決して楽観できない状況が依然として続いていることは間違いありません。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2012/01/16 (Mon)

前回のエントリーでも触れたとおり、先週の金曜日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 11,437円 (先月より15円上昇)
●約定価額 : 12,053円 (先月より124円下落)
●騰落率 : +5.4% (先月より1.2%悪化)


先月の定期積み立て約定日以降の1ヵ月間も相変わらず欧州債務危機拡大懸念が世界経済の足を引っ張る状態が続いています。しかし米国の経済指標は明らかな改善傾向を見せており、年末年始の米国株は高いというアノマリー(根拠のない経験則)もあったことから、日本株もそのおこぼれにあずかって上昇してくれるのでは?と淡い期待を抱いていたのですが、結果はほぼ横ばいでした。このため今月の約定価額も先月より124円安い12,053円と低迷する結果となりました。ちなみに米国株はアノマリーどおりに上昇しました。しかし日本株は上昇しなかっただけならまだしも、売買高の減少が深刻で、「株式が売買されない株式市場」となりつつあることが心配です。しかし最近の株式市場を見回すと、往年の仕手株(材料株)が景気よく乱舞しており、これを日本株の変化の兆しと捉える向きも少なくないようです。ちなみにひふみ投信も日本株の変化に備えて大型株の組み入れを始めたそうです。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ひとりごと

kage

2012/01/13 (Fri)

今年初の「ひふみ投信定期積立経過報告」に備えて約定価額を確認しておこうと思い、お昼休みにひふみ投信のサイトからログインしてみると約定履歴が見当たりません。一瞬頭の中が「?」でいっぱいになりましたが、3ヵ月前にも同じことがあったので今回はすぐに自分の勘違いに気付きました。すなわち今週は月曜日が祝日(成人の日)だったため、今日が約定日になるのでした。

ひふみ投信のサイトにアクセスして、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year2011でひふみ投信が4位に選ばれました」と題するニュースリリースが出ていることに気付きました。これを見てふと2位に入った鎌倉投信はどうなのかな?と思い確認してみると、特集のページ鎌田社長のブログで受賞を伝えていました。これに対して1位の中央三井アセットマネジメントと3位の三菱UFJ投信のサイトでは受賞に関する言及は見当たりませんでした。せっかく個人投資家に評価されて上位入賞を果たしたのに、これは寂しいですね。もしかして販売会社(証券会社や銀行などの金融機関)に対する遠慮があるのでしょうか?もしそうであれば、それもまた寂しいことですね。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ひとりごと

kage

2012/01/11 (Wed)

前回のエントリーでご紹介したとおり、「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011」が発表されましたが、今年は今のところロイターで報じられていませんね。昨年は「あのロイターで報じられた!」ということで、私も投票者の一人としてモチベーションが一気に高まっただけに残念です。

「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011」の結果は正式にニュースリリースを作成して報道関係に配布しているのでしょうか?もししていないのなら次回から東京証券取引所内の記者クラブ(通称:兜倶楽部)だけでも配布(通称:投げ込み)してはいかがでしょう?ちなみに兜倶楽部は決算シーズンになると企業の担当者が決算資料配付のために押し寄せて話題になるところです。

一応参考意見としてrennyさんにトラックバックを送っておきます。外野が勝手なことを言って済みません。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011

kage

2012/01/09 (Mon)

こちらのエントリーで私自身も投票したことをご報告した「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011」の結果が発表されました。そこでいつものようにあまり参考にはならないと思いますが私の投票内容を公表して言い訳をさせていただきたいと思います。なお「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011」の投票結果につきましては下記公式サイトをご参照下さい。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2011

私が選んだ「Fund of the Year 2011」は下記の2ファンドで、持ち点5点を4点と1点に振り分けて投票しました。

ひふみ投信(レオス・キャピタルワークス):4点

国際のETF・VIX短期先物指数(国際投信投資顧問):1点

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

最悪の事態を想定するのは難しい

kage

2012/01/08 (Sun)

遅ればせながら本エントリーが今年初更新となります。本年も引き続きハイリスク投機家の戯れ言にお付き合いいただければ幸いです。

改めて激動の2011年を振り返ってみて痛感するのはリスク管理の難しさです。私自身も東日本大震災直後に「追証発生」という大失態をやらかしてしまいました。最悪の事態は滅多に起こりませんし、できれば起きて欲しくないという心理も働くため、事前に想定して十分な対策や心構えを整えておくことは決して簡単ではありません。思えば今回の福島原発の事故にしても事前の想定が甘かったことが原因の一つに挙げられていますし、資産運用に限らず最悪の事態を想定してそれに備えることには困難が伴うようです。とはいえ2012年の世界経済や日本の状況を客観的に見れば、最悪の事態を想定しておく必要性が高まっていることもまた現実です。それでは具体的に私たちはどのような事態を想定をしておけば良いのでしょうか?

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング