2011 09 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 11

ドル円の歴史

kage

2011/10/27 (Thu)

今日もまた歴史的な円高水準を切り上げているドル円相場ですが、報道の表現はなぜか「戦後最高値の更新」です。この表現を素直に捉えれば、戦前はもっと円高だったということになりますよね?実際にはどのくらい円高だったのか?ちょっと気になったので調べてみました。以下はWikipediaよりの引用です

安政3年(1856年)9月9日、米国領事タウンゼント・ハリスと幕府の交渉により、銀の含有量を基に、1ドル=一分銀3枚、即ち0.75両(1両=1.33ドル)と決まる。しかし、日本と外国の金銀交換比率には大きな差があり、金の含有量に基づくと、1両(天保小判)=4ドルであった。このため1859年の開国後、大量の小判が海外に流出した(幕末の通貨問題)。


日米通貨交換の歴史は当然のことながら黒船来航までさかのぼることになります。鎖国していた日本は世界経済が金本位制であることを知らずに、世界的に見ると割安な銀でドルとの交換レートを定めたため、米国人はドルを一分銀(銀貨)に両替して、さらにそれを小判(金貨)に両替して、海外に持ち出せば、濡れ手に粟のボロ儲けが可能になりました。これにより日本の小判(金貨)が大量に海外に流出してしまいました。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

バランスファンドの資産配分比率は気にするな?

kage

2011/10/24 (Mon)

すでに多くの投資系ブログで紹介されていますが、三菱UFJ投信のeMAXISシリーズにeMAXISバランス(8資産均等型)とeMAXISバランス(波乗り型)が追加設定されることになりました。eMAXISバランス(8資産均等型)は8資産に12.5%ずつ均等投資する構成になっています。この割り切った&ある意味で大胆な資産配分のファンドがどのような値動きになるのか、個人的には興味津々です。均等配分ではGDP比率配分や時価総額比率配分と比べて、どうしても国内比率の高さや新興国比率の高さが気になりますので。

そこで参考になるかどうかは分かりませんが、ザックリ資産配分の先輩であるSBI資産設計オープン(資産成長型)(愛称:スゴ6)と私が毎月積み立て投資を継続している時価総額比率配分のセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの値動きを比較してみようと思い立ちました。

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2011/10/22 (Sat)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,115円 (先月比で20円の低下)
●騰落率 : -11.7% (先月比で1.8%の改善)


先月の定期積立約定日から1ヵ月が経過しても、欧州債務危機を背景とした世界市場の混乱は収まらず、今月の約定金額は先月よりわずかに高い7,171円となりました。前月比で基準価額が上がったため騰落率(私個人の運用成績)もわずかに改善しましたが、それでも赤字幅10%超の厳しい状況にあることに変わりありません。今朝終わった米国株式市場は、23日に開催予定のEU首脳会議でギリシャ問題が解決に向けて進展することに期待して大幅高になっています。一般的に株価は半年先を織り込みに行くと言われていますので、今の米国株の動きはその初動なのかも知れません。しかし期待が失望に変わる可能性も大いにあるわけで、結局のところは半年後になってみなければ今の動きが半年後を織り込む動きだったのかどうかの検証は不可能です。つまり何が言いたいかといえば、問題が解決した後に買ってももう遅い、ということです。それなら安い今の内に買っておけということになるのですが、問題がさらに悪化するリスクとどう折り合いを付けるかが難しいところです。どうせ絶好のタイミングは分からないのだから、定期積立でタイミングを排除してしまうのもひとつの合理的な選択だと思います。

ひとりごと

kage

2011/10/21 (Fri)

最近「ひとりごと」でエントリー数を稼いでいるようで恐縮ですが、そもそも当ブログの主旨が「ひとりごと」でしたので、何卒ご容赦ください。思ったことを気軽に書けるので、個人的にはこのスタイルが気に入っています。

昨日の日本経済新聞・電子版に「大洪水のタイ、日本にできる恩返しは」と題する記事が掲載されました。タイは東日本大震災の際にいち早く支援の手を差し伸べてくれた親日国なので、今回の水害に対して日本ができる恩返しを考えよう、という主旨の内容でした。この記事を読んで私なりの恩返し案を漠然と考えていた時にふと思い浮かんだのは、日本とタイの間で人・物・金の移動を完全に自由化してはどうだろう?という突飛な発想でした。日本とタイはすでにFTA(自由貿易協定)が発効済みですので、それをさらに拡大するという考えです。貿易も、移住も、投資も自由ということですね。現在賛否が分かれて議論になっているTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の試金石にもなります。さらに同じく東日本大震災の際にいち早く支援の手を差し伸べてくれた台湾も加えれば、かつて鳩山総理が提唱していた東アジア共同体の試金石にもなります。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ひとりごと

kage

2011/10/16 (Sun)

これだけ長くデフレが続くと、日本はもう永遠にデフレから脱却できないのではないか?という絶望感に襲われることがありますが、もちろんそんなことはありません。デフレがこのまま続けば、いつか否応なしにデフレの終焉を迎えることになります。なぜならデフレ・スパイラルで経済規模の縮小が続けば、いつか日本の財政は破綻してしまうからです。そうなると私たちを襲ってくるのはハイパー・インフレということになります。この件については1年10ヵ月前の下記のエントリーで触れています。読み返してみると、我ながら熱く語っていますね。

海外株式投信評価額(2009.12.11現在)

よく最良の投資は自分に対する投資だと言われます。しかしもし日本のデフレが止まらず財政破綻を迎えるとしたら、あるいは欧州債務危機がスペインやイタリアにまで飛び火して世界経済がクラッシュするような事態になるとしたら、果たして自分のスキルで食いつなげるのか?という不安を打ち消すことができません。今から日曜菜園でも始めて農業の勉強をしておこうかな。

そんな極端な悲観論は心配するだけ無駄かも知れませんが、もし為替が円安に転換したら食料品などがものすごい勢いで値上がりしそうで心配です。今は円高効果で輸入品の値上がり分が相殺されているだけなのですから。となるとやはり対策は日曜菜園かな?

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

続・アクティブファンドはなぜインデックスファンドに勝てないのか

kage

2011/10/15 (Sat)

以前私はこちらのエントリーで、アクティブファンドがインデックスファンドに勝てない理由として、資金の出入りに偏り(好調時に流入、不調時に流出)があることと常にフルインベストメント(現金比率ゼロ)を求められることではないかと書いたことがあります。しかしこちらのエントリーでご紹介したバンガードの加藤代表のご意見を拝聴して考えが変わりました。そこで前言は潔く撤回して当ブログでは新たに以下の仮説を主張したいと思います。

アクティブ運用がインデックス運用に勝てない理由は、アクティブ運用者が努力して運用成績を上げたとしてもその結果市場平均が上がり、結局コストの差だけアクティブ運用が不利になるため。

もしこの仮説が正しいのであれば、アクティブ運用がインデックス運用に勝つためにはコストで勝つしかなくなります。貧弱な私の発想では、神がかり的な運用の天才が一人で投資判断を下すとか、優れたロボット運用(システム運用)を使うとか、くらいしか思い浮かびません。ただ錬金術と違って可能性は決してゼロではないので、アクティブ運用派も絶望せずに済みますね。

今はもうこれが結論でいいのでは?と思っていますが、また考えが変わったら続編を書きます。

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2011/10/14 (Fri)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 11,386円(先月より26円上昇)
●約定価額 : 12,431円(先月より119円上昇)
●騰落率 : +9.2%(先月より0.8%改善)


先月の定期積み立て約定日以降の1ヵ月間も日本の株式市場は欧州債務危機の影響を受けて低迷が続いていたのですが、今月の定期積み立て約定価額は先月よりわずかに高い12,431円となりました。今月上旬に発行されたひふみ投信の月報「ひふみのあゆみ」を見ると、先月中旬ごろから現金保有率を40%強に高めて最大限の守備体制に入っているそうなので、株式市場が少々混乱しても安心して運用をお任せすることができます。現在私が保有している運用資産の中で最も安心して見ていられるのは、最近少し値下がりしたとはいえ余裕で平均買い付け額の2倍を上回っている金(Gold)ですが、ひふみ投信はその次にランクインしています。来月以降の月報に「いい買い物ができた」と書かれることを期待して待っています。

ひとりごと

kage

2011/10/14 (Fri)

「ひふみ投信定期積立経過報告」を書こうと待ち構えているのですが、ひふみ投信のサイトで「取引照会」や「取引報告書」を確認しても今月の情報が出てきません。ちゃんと積み立てられているのかちょっぴり心配です。

ダイヤモンド社のWebサイト「DIAMOND online」で先日私もレポートしたチャールズ・エリス氏の講演が紹介されていますね。

チャールズ・エリス氏が語る「敗者のゲーム」を勝ち抜く方法

当日私は関係者席の近くに座っていたのですが、事前に「会場内での録音・撮影はご遠慮ください」と案内されていたのに関係者は堂々と録音していてうらやましかったです。報道特権に異を唱えるつもりはありませんが、ブロガーも事前登録することで録音を認めてくれればいいいのにと思いました。

実はその関係者席の中で1人だけ見覚えのあるお顔を発見しました。おそらく日本経済新聞の田村正之さんではなかったかと思います。私は以前こちらのセミナーで田村さんにお会いしたことがあります。ちなみに田村さんは第一部が終わると帰って行かれました。(もし人違いだったら申し訳ありません)

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

正しい投資の始め方 Vol.4

kage

2011/10/10 (Mon)

正しい投資の始め方 Vol.3」の続きです。

加藤:一時的に全部一緒に下がったから分散は不要というのはまったく幼稚な議論だ。同じ株式でも日本株、米国株、中国株は皆違った動きをしている(分散効果はある)。

中野:日本国債は低金利なのに金利上昇(本体価格下落)のリスクが高くてとても買えないという声はずいぶん以前からあった。でも結果的に日本国債保有者は損をしていない。プロでも結果は読めない。

加藤:あなたが売りたいと思った時には必ず反対に買う人がいる。売り時だと思う人と買い時だと思う人は同じ数だけいる。あなたが売りだと思った時にエリス氏の言う優秀な人たちは買いだと思っているかも知れない。

中野:それでも今年の世界経済は4%成長。それを株式市場はまったく織り込めていない。つまり今の株価は下方乖離の状態で安く買える。安く買うのは合理的な行動。経済成長するのなら株は上がる。それが腹に落ちている(納得できている)かどうかだ。

竹川:自分の投資目的は?なぜこの投資を始めたのか?を再確認してみよう。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

正しい投資の始め方 Vol.3

kage

2011/10/10 (Mon)

正しい投資の始め方 Vol.2」の続きです。

質疑応答

筆者注:セミナー申し込み時に寄せられた質問にエリス氏が答える形式でした。ここまでくると私もメモを取る意欲が低下してしまい、質問の半分もフォローできていません。気になった点のみのご紹介ということで何卒ご容赦を。

円高に関する質問に対して

為替市場は流動性も高く最も効率的な市場。
しかし通貨の予想は不可能。
為替の選択、賭けはほとんど外れる。

ポートフォリオをディフェンシブにすべきか?という質問に対して

今すでにディフェンシブにしているのなら必要ない。
世界が抱えている巨額の債務が解消されるまで投資リターンは低くなる。
それに合わせて期待リターンも引き下げるべき。
保守的スタンスになるのは良い考え。
今は何か大きな判断をすべき時ではない。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

正しい投資の始め方 Vol.2

kage

2011/10/10 (Mon)

正しい投資の始め方 Vol.1」の続きです。

すべての投資家は平等。
しかしやることは一人ひとり違う。

どれだけの投資期間か
義務(扶養義務のある家族の有無など)
目標
技能
制約
リスク許容度
説明責任(自分と家族だけならいいが)

ゲームの難易度
A:長期の目標とアセットミックス
B:株式ミックス-成長株、割安株、その他
C:アクティブ運用かパッシブ運用か
D:運用会社選択
E:銘柄選択

難易度が高い順番はA→E
付加価値が高い順番もA→E
しかしコストが高い順番はE→A

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

正しい投資の始め方 Vol.1

kage

2011/10/10 (Mon)

10月9日に東京有楽町で開催されたバンガード・インベストメンツ・ジャパン主催のセミナー「正しい投資の始め方 ~『敗者のゲーム』チャールズ・エリス氏を迎えて~」に参加して参りましたのでご報告させていただきます。なお事前に案内されていた当日のプログラムは下記のとおりでした。

開会のご挨拶:バンガード・インベストメンツ・ジャパン 代表取締役 加藤 隆氏

第一部 基調講演(同時通訳あり):チャールズ・エリス氏

質疑応答

第二部 パネルディスカッション『簡単で有効な投資法とは?』
竹川 美奈子氏・加藤 隆氏・中野 晴啓・モデレーター 朝倉 智也氏



<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

リスク回避への疑問

kage

2011/10/08 (Sat)

ギリシャ危機や米国債格下げなどで市場の不安が高まり株式やコモディティ(商品)などのリスク資産が売られると必ず「リスク回避の動きが強まった」と解説されます。しかし私は最近この説明に少なからず疑問を感じています。ギリシャ危機でユーロの信認が低下し、米国債格下げで米ドルの信認も低下し、GDP比世界一の債務を抱えた日本の円も相対的にマシなだけで信認があるとはお世辞にも言えない状態でなぜ現金化がリスク回避になるのでしょうか?現金(キャッシュ)は安全だという過去の固定観念を疑うことなく引きずっているためこのような現象が起こるのでしょうか?

しかし最近になっていろいろな相場解説を読んでいてこれがリスク回避の本質かも知れないと感じた説明がいくつかありました。そのひとつは損失補填説。通貨の信認不安を背景にこれまで値上がりを続けていた金(Gold)がなぜ突然売られたのか?それは他の運用で出た損失を埋めるためである。この説明はハイリスク投機家を自認する私には共感できるものでした。運用損失が膨らむと利益の出ている株を無性に売りたくなりますので。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

アメリカ株の長期チャート

kage

2011/10/02 (Sun)

下のチャートは米国株の長期的な推移を示すものです。左がダウ平均株価、右がS&P500指数です(Yahoo.comからお借りしました)。どちらもよく知られた米国株を代表する指数です。

DOW20111001 S&P500_20111001

このチャートを見て皆さんはどんな印象を持たれたでしょうか?戦後順調に右肩上がりを続けていた米国株は2000年以降明らかに停滞期に入っています。これはもはや過去の常識(経済成長神話)は通用しないことを示しているのでしょうか?はたまた成長を急ぎ過ぎた反動による単なる踊り場形成なのでしょうか?正解がどちらかによって私たちの長期投資の結果は大きく左右されそうです。もっとも正解は後になってからしか分からないので今悩んでも意味はないのですが。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング