2011 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2011 10

積み立て投資は休んでもいいのです

kage

2011/09/27 (Tue)

昨日まで珍しく連続更新が続きましたので調子に乗って今日も更新します。相場環境が悪化して直近の世界同時株安のような状況になるとよく「それでも積み立てはやめてはいけない」という意見を耳にします。もし積み立てているのがインデックスファンドであるのならば市場の平均点をキッチリ取るためには継続するしか選択肢はありませんのでこの意見は総論としては正しいと私も思います。しかし各論になると必ずしも真ならずというのが現実ではないでしょうか?例えば東日本大震災や世界的な景気減速の影響を受けて残業が減って家計が苦しいにも関わらず何が何でも積み立てを継続すべきかと問われれば私は「苦しい時は休んでもいいのですよ」と答えます。家計が苦しくなったので子ども手当を積み立てに回している人もいるかも知れません。始めから子どものために積み立てていたのなら問題はないのですがもし心ならずも手を付けてしまっているのなら潔く積み立てはやめるべきだと私は思います。また万が一の事態に備えて確保しておくべきとされる生活防衛資金に手を付けて積み立てを継続している人も私は積み立てをやめるべきだと考えます。先行き不透明な現代において将来に備えることはもちろん重要ですが優先順位が高いのは目の前にある現在の生活です。もし将来の安定のために今の生活を不安定にしているのであれば本末転倒と言わなければなりません。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

投資相談を受けました

kage

2011/09/26 (Mon)

三連休中に珍しく三日連続更新した後でしたので今日は意識して更新しないつもりだったのですが昨日知人から相談された投資案件の内容がブログネタに最適だったため不本意ながら(?)今日も更新します。

その知人は私が株式投資(投機も含む)にのめり込んでいることを以前からよく知っていたため投資のことなら詳しいだろうとある投資案件について相談を持ちかけてきました。その内容を簡潔に表現すると「FXの達人が海外で運用するので一口1万円で出資しないか?」というものでした。相談を持ちかけてきた知人は親しい友人から誘われているそうでその友人は完全にこの投資案件を信じ切っていて「絶対確実だ」と言っていたそうです。私は「海外」と「出資」というキーワードを聞いただけですぐに怪しさ80%+危うさ90%だと直感しましたが知人と親しい友人の関係もあることですから頭から否定的に決め付けてはいけないと思いその運用が真っ当なもの(怪しくない)という前提でアドバイスさせていただくことにしました。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

アフィリエイトの現実

kage

2011/09/25 (Sun)

この三連休は珍しく連続してブログの更新をしたのでどうせなら今日もと思ったのですが面白そうなネタが思い浮かびませんでした。そこで今日は久しぶりに「アフィリエイト」カテゴリーを使って当ブログにおけるアフィリエイトの現実を書いてみたいと思います。「アフィリエイト」カテゴリを使うのは実に5年ぶりのことです。

正直に告白しますと私がブログを開設した理由のひとつは「自分のブログに広告を掲載すると誰でも簡単に稼げるらしい」というネット上を流れる未確認情報に踊らされたことです。しかし投資に関心のあるかたならお分かりのとおり「誰でも簡単に稼げる」方法などそう簡単に見つかるわけがありません。もし仮に一時的に「誰でも簡単に稼げる」状態になっていたとしてもすぐに参入者が殺到してその歪みが是正されるのは相場と同じです。当時私はすでに株式投資を始めていましたがそんな怪しい噂に簡単に引っかかってしまったことを今では深く恥じています。今でも当ブログにはあちこちにアフィリエイトのリンクが貼り付けてありますがその収入を月平均にすると毎月のインターネット接続料の一部にしかならない程度の金額です。それならキレイさっぱりアフィリエイトは止めるという選択肢もあるのですがそもそもブログを開設したきっかけが上記のような甘い考えでしたので今もダラダラと続けています。ですから当ブログをご訪問いただく皆さまには民放のテレビ番組を視聴していると思ってご了承いただければ幸いです。皆さまから広告料をいただいていることを肝に銘じてたまにはお役に立てる記事を書くように心がけますので。

消費者の目

kage

2011/09/24 (Sat)

私がいつも見ているテレビ番組の中にTBS系の情報番組「がっちりアカデミー」があるのですが、その中に経済評論家の勝間和代さんがある数字を提示して「さてこれは何の数字でしょう?」と問いかける「勝間の数字」というコーナーがあります。数週間前に放送された100円ショップ特集の時の勝間の数字は「564」でした。これは100円ショップ最大手のダイソーが海外展開している店舗の数なのだそうです(2011年3月現在の実績)。国数でいえば25ヵ国に展開しているとのこと。勝間さんによると先進国だけではなくカタール、クウェート、ルーマニア、レバノンなどの新興国に積極的に進出しているのが特徴なのだそうです。国によって品揃えは違うものの基本的に取り扱っている商品は日本と同一で価格も同一(100円相当)とのこと。今は超円高なので100円では割高になるように思えますが実は大量消費する先進国の方が単価が下がり割安で新興国では特に100円ショップでよく取り扱われる生活雑貨が高いためむしろ割安に感じられるそうです。だから日本と同じ価格設定でも飛ぶように売れるとのことでした。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2011/09/23 (Fri)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,135円 (先月比で22円の低下)
●騰落率 : -13.5% (先月比で0.9%の悪化)


先月の定期積立約定時点で渦中にあった世界同時株安と歴史的円高という逆風の外部環境は今月も変わりなく約定価額は先月比で15円安い7,123円となりました。今月も安くたくさん買えてラッキーだったと強がりを言いたいところですが市場の不安の元凶となっているギリシャ問題がドンドン悪化に向かっているように見える現状を客観的に判断すれば再度リーマンショック時のような地獄を見ることも覚悟をしておく必要があるようにも思えてきます。世界経済の現状を冷静に分析すれば確かに成長のスピードは急速に減退しているようですが景気後退に陥ったわけではなくIMF(国際通貨基金)の見通しでは今年も4%成長が続くのですから最近の市場の反応は多少行き過ぎのようにも思えます。しかし全体から見れば小さな不安要因でもその先行きや内容が不透明であればそれが市場の不安を煽ってパニックを引き起こすこともあり得ることはサブプライムローン問題の時に経験済みですから用心するに越したことはないと思っています。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2011/09/13 (Tue)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 11,360円(先月より24円上昇)
●約定価額 : 12,312円(先月より212円下落)
●騰落率 : +8.4%(先月より2.1%悪化)


先月の約定価額は米国発の欧米株安の影響を受けて先々月より大幅安の12,524円となってしまいました今月は欧州財政危機再燃による世界同時株安の影響でそれよりさらに安い12,312円での約定となりました。それでも私の運用成績は8%超のプラスなのですからありがたい限りです。9月上旬に発行された月報によると先月の世界同時株安時に一度買いに入ったもののその後の反発局面で一部を着実に利益確定して15%強の現金比率を維持しているようです。そしてまた暴落場面があればいつでも「バーゲンハンティング」を実行できる態勢を整えているとのことですので安心してお任せしたいと思っています。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

震災後半年のアクティブファンド比較

kage

2011/09/11 (Sun)

今日で東日本大震災の発生からちょうど半年となります。遅々として進まない復旧・復興には言いたいこともたくさんありますが本エントリーでは3ヵ月前に書いた「震災後3ヵ月のアクティブファンド比較」のその後をフォローしたいと思います。なおこの比較のきっかけとなったのは震災後のセゾン投信定期積立経過報告に書いた以下の疑問でした。

ところで激変した日本の投資環境を見てふと思ったのですが今はある意味でアクティブ運用の銘柄選択が容易になっているのではないでしょうか?すなわち復興需要期待銘柄や西日本が基盤の銘柄を買って消費マインド低下の影響を受ける銘柄や東日本に基盤のある銘柄を売れば良いのでは?実際に多くの機関投資家やアクティブ運用の投資信託が東京電力を売って関西電力など他の電力会社に乗り換える行動に出ているそうですし。インデックス運用は銘柄の選択を行いませんので東京電力の株も大きな被害を受けた企業の株も買い続けなければなりません。果たして長期的にこの差は出ないのでしょうか。それとも現在の株価はこれらの要因をすべて織り込んだ価格なので結局銘柄選択はするだけ無駄という結論になるのでしょうか?個人的に気になっていますのでもし覚えていれば1年後くらいに比較してみたいと思っています。