2011 06 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31. »  2011 08

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2011/07/22 (Fri)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,180円 (先月比で10円の低下)
●騰落率 : -4.1% (先月比で1.3%の改善)


先月の約定日から1ヵ月間で日米欧の株価は結構回復しましたが米国の債務上限引き上げ問題、欧州の高債務国財政危機、日本の政治混乱(特例公債法案未成立)、新興国の深刻なインフレという状況にはほとんど変化はありませんでした。しかし欧米の問題に関しては何らかのアクションを起こさなければならない期限が目前に迫ってきたことから「欧米の状況に比べてまだ日本の方がマシ」という消去法的要因から日本円が買われ一段と円高が進行しました。これがセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価額にはマイナス要因となり今月の約定価額は先月より44円低い7,715円となりました。しかし一方ではドル・ユーロ・円の主要3通貨がいずれも不安要因を抱えていることから金(Gold)価格が再び史上最高値を更新したり原油価格や穀物価格が上昇に転じたりしています。つまり資産価値の基準を金(Gold)や原油や穀物に置き換えて考えればいくら円高でも預貯金の価値は減少していると見ることもできるわけです。私自身は日米欧の財政不安と新興国のインフレ懸念から通貨全体の不安はまだ続くと考えていますがもちろんそうならない可能性もあります。しかし不確定な未来に向けて大切な資産を守ることを考えるならどのような事態になっても全滅だけはしないように資産の分散が必要不可欠であることだけは確かであるといえます。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2011/07/13 (Wed)

昨日はひふみ投信の定期積立約定日でした。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 11,305円(先月より47円上昇)
●約定価額 : 13,169円(先月より229円上昇)
●騰落率 : +16.5%(先月より1.6%改善)


昨日はギリシャの財政危機を発端にした欧州信用不安がイタリアにまで飛び火して欧米株安が進行し日経平均株価もあっけなく1万円割れとなったためひふみ投信の定期積み立ても安く買えてラッキーと思っていたのですが約定価額は先月より229円も高い13,169円でした。先月の定時報告で私は「東日本大震災が発生から3ヵ月を経過して震災後の下落分はすべて回復した形になっていますので次は再度13,000円台での定着を期待したいと思います」と書きましたが着実に13,000円台を固める段階に入ったようで私も顧客の一人として嬉しい限りです。誠に虫の良い期待をお許しいただけるなら次の目標は東日本大震災前の3月4日に付けた基準価額の過去最高値13,354円を超えた水準での定着でお願いいたします。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

直販ファンド規模比較

kage

2011/07/08 (Fri)

前回のエントリーでご紹介した直販ファンドの合同イベントで各ファンドの現状を紹介する資料をいただきましたのでご参考までに純資産額とファンド受益者数の比較をしてみたいと思います(資料の数字をそのまま転載するだけですが)。その前に比較対象としてモーニングスターのファンドランキングから純資産残高トップ10を引用させていただきます(2011年7月7日付のデータです)。

ファンド名会社名純資産(百万円)
グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)国際2,463,304
短期豪ドル債オープン(毎月分配型)大和住銀1,115,088
野村 G・ハイ・イールド債券(資源国通貨)毎月野村1,102,418
ハイグレード・オセアニア・ボンド(毎月分配)大和942,763
ピクテ・グローバル・インカム株式(毎月分配)ピクテ843,352
ラサール・グローバルREIT(毎月分配型)日興756,209
ブラジル・ボンド・オープン(毎月決算型)大和753,938
(通貨選択S) 新興国債券<レアル>(毎月)三菱UFJ729,341
新光 US-REITオープン新光705,771
日経225連動型上場投資信託野村656,516
 
<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

日本を借金大国にしたのは誰?

kage

2011/07/06 (Wed)

先週土曜日に東京・大塚で開催された直販ファンドの合同イベント「日本を○元気に!!~チョクハンファンドからのメッセージ~」に行って参りました。直販ファンドの責任者が一堂に会する合同イベントは昨年の「直販ファンドが日本を元気にする!!」に続いて二度目となりますが今回はレポートは行いません。その理由は事前にインターネット動画配信のUstreamで中継配信されることが分かっていたことと会場となった南大塚ホールが以前こちらのエントリーでご報告したようにシアター形式でメモを取りにくい環境にあったためです。ですから今回私は一切メモを取っていません。今回のイベントの内容をザックリと表現すれば前回と同様に「直販ファンドとは何ぞや?」という方に向けたいわばエントランス(入り口)的な役割を果たす自己紹介であって私のように昨年のイベントにも参加した人間にとっては特に目新しい発見はありませんでした。もし今回のイベントに初めて参加していずれかのファンドに興味を持たれた方はぜひ次はそのファンドが主催するセミナーや説明会に参加されることをおすすめします。そうすれば具体的な運用方法や投資方針(理念も含む)が詳細に分かるはずですから。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング