2011 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2011 07

もしネット証券4社が液晶テレビを販売したら

kage

2011/06/30 (Thu)

本エントリーは資産倍増プロジェクトの公式サイトに掲載された「ネット証券4社共同での投信プロジェクトについて、個人的な想いや考えを書きます カブドットコム証券臼田琢美より、ネット投資家へのメッセージ」を拝読して書いています。某ベストセラー本からパクッたような今回のタイトルは臼田さんが書かれた一文の最後の方にあった下記の部分を読んでいてふと浮かんだフレーズです。

 逆に皆さんに聞きたいことがあります。対面の投資家にネットに来てもらうにはどうすればよいか? どんなファンドを出せばよいか? のアドバイスをください。


もしネット証券4社が販売する商品が投資信託ではなく液晶テレビだったとしたら。果たして「どんな液晶テレビを出せばよいか?」という発想になったでしょうか?

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2011/06/23 (Thu)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,190円 (先月比で10円の低下)
●騰落率 : -5.4% (先月比で2.8%の悪化)


先月の約定日以降、世界経済は米国の景気後退懸念、欧州の財政危機懸念、新興国のインフレ懸念、日本の政治不信、為替の円高などのマイナス要因が重なりセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの基準価額も6月1日の8,021円をピークに下落を続け今月の約定価格は先月比238円マイナスの7,759円となりました。もう少し長い時系列データを見ると4月7日の8,287円をピークに下落を続けている形になっており4月6日付のエントリー「黒字化」がほんの一瞬のぬか喜びであったことが分かります。世界経済は減速はしても後退しているわけではないという現実を冷静に考えれば世界の株式市場や為替市場は多少過剰反応のような気もします。しかし米国は議会の与野党対立で債務の法定上限の引き上げが決まらず、欧州はいくら支援してもギリシャ危機から抜け出せず、日本は政治混乱で特例公債法案成立のめどが立たず、新興国は深刻なインフレに苦慮している現状ではまだしばらくは定期積立で安くたくさん買える状況が続くのかも知れませんね。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

続・私ならこうする!「資産倍増プロジェクト」

kage

2011/06/22 (Wed)

前回に引き続き今回のエントリーも相互リンクさせていただいているrennyさんのエントリーYAMAZAKI でk2k2ウオッチ 2011年5月末 #7を拝読してふと思い付いた案を書いています。

その案とはせっかく楽天証券の身内に山崎元さん(楽天証券経済研究所客員研究員)がいらっしゃるのですから資産倍増プロジェクト専用ファンドとして「YAMAZAKI(=山崎元さんが提唱するアセットアロケーションで組成するバランスファンド)」を採用することです。そうなるとマネックス証券からは「NAITO(マネックス・ユニバーシティ社長の内藤忍さんが提唱するアセットアロケーションで組成するバランスファンド)」を採用して欲しいですね。SBI証券からはグループ会社であるモーニングスターの代表である朝倉智也さんが提唱されたアセットアロケーションで組成する「ASAKURA」が良さそうですね。朝倉さんの最新刊「30代からはじめる投資信託選びでいちばん知りたいこと」ではかなり大胆なアセットアロケーションを提案されているとのことですから。カブドットコム証券からは・・・誠に申し訳ありませんが思い浮かびません。個人的には同社のマーケットアナリストである山田勉さんのキャラクターが好きなので「YAMADA(山田勉さんが銘柄選択をするアクティブファンド)」が面白そうな気もしますが。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

若林栄四先生の為替相場大予言

kage

2011/06/18 (Sat)

私がいつも株式取引の情報収集に活用させていただいているインターネット株式情報番組「STOCK VOICE」のサイトで昨日ライブ放送にゲスト出演された若林栄四さんの発言がアーカイブ公開されています。

本日のゲスト/ワカバヤシエフエックスアソシエイツ 若林栄四さん

若林栄四さんは為替の世界では有名な方で為替との相性が最悪の私でもそのご高名は存じ上げております。そこでどんな発言をされたのだろうと興味を持って上記コンテンツを視聴したところアッと驚く大胆予想(というよりはもはや予言?)の連続でこれはブログのネタに最適だと考えて本エントリーを起こした次第です。為替動向に関心のある方はには貴重なお告げになるかもしれません。しかし悪魔のささやきになる可能性もありますので信じるか信じないかは皆さんの判断にお任せします。

私ならこうする!「資産倍増プロジェクト」

kage

2011/06/16 (Thu)

本エントリーは相互リンクさせていただいているrennyさんのエントリー「投信がネット証券で売れていない理由」について再考するを拝見して私なりの考えを書いています。

私ならネット証券4社の専用ファンド(SBI資産設計オープン、マネックス資産設計ファンド、楽天資産形成ファンド)と専用サービス(フリーETF)を4社共通にして投資信託についてはスケールメリットの拡大を望める分だけ信託報酬を値下げします。私はとりあえずこれだけでも満足です。真のコラボレーションとはこういうことを言うのでは?

追記:インターネット証券4社専用投資信託に対する懸念でも触れたように運用会社のプレゼン相手が証券会社である限り大きな変化は期待できないような気がします。どうせコンペをやるのなら大々的に公開コンペを行ってAKB48のように顧客の総選挙で決めてはどうでしょう?

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

ひふみ投信定期積立経過報告

kage

2011/06/14 (Tue)

猫パンチ投資を発動した昨日は実はひふみ投信の定期積立約定日でもありました。そこでいつものようにひふみ投信設立時からの同額の定期積立を行っている私の運用成績をご報告させていただきます。なお毎回のご報告に書いているとおり下記運用成績は定期積立の他に猫パンチ投資(スポット購入)2発分を含んだ結果です。

<ご参考>ひふみ投信定期定額積み立て+猫パンチ投資2発の指数
●取得単価 : 11,259円(先月より44円上昇)
●約定価額 : 12,940円(先月より234円上昇)
●騰落率 : +14.9%(先月より1.6%改善)


今日の日経平均株価は前日比+99.58円(+1.05%)でしたので昨日が約定日でラッキーと思っていたのですがひふみ投信を運営するレオス・キャピタルワークスのサイトで今日付けの基準価額を確認してみると昨日より8円マイナスの12,932円となっていました。結果的に今日が約定日だった方が良かったのですがこれも独自の銘柄選びで代表的な指数との連動性が小さいために起こったことなので誤差の範囲と思って笑ってやり過ごすのが吉だと思っています。そのおかげで代表的な指数であるTOPIXを大きく上回る運用成績を残してもらっているのですから文句を言うと罰が当たります。こちらのエントリーでご紹介したように東日本大震災が発生から3ヵ月を経過して震災後の下落分はすべて回復した形になっていますので次は再度13,000円台での定着を期待したいと思います。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

猫パンチ投資発動

kage

2011/06/13 (Mon)

先週金曜日の米国株が下落して為替も一時1ドル=80円を割り込んだことから本日いつもの4ファンドに猫パンチ投資を1発ずつ(それぞれ金1万円也)繰り出しました。何となく下落場面の途中で安易に手を出してしまったという不安感が払拭できませんが明日の基準価額で約定の予定です。

SBI20110613

上記画像をコピーしようとSBI証券のサイトにログインして気付いたのですが今日発売されたSBI債は今回も即日完売となったようですね。ネット証券が発行する個人向け社債の先駆けはマネックス証券のマネックス債でしたが当ブログではずいぶん以前に下記のエントリーで購入を検討する際の留意点について書いていますのでよろしければご参考になさって下さい(今日SBI債を購入された方には時すでに遅しですが)。

マネックス債は本当に安全か?

続・マネックス債は本当に安全か?

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

震災後3ヵ月のアクティブファンド比較

kage

2011/06/11 (Sat)

震災後のセゾン投信定期積立経過報告で私は以下のように書きました。

ところで激変した日本の投資環境を見てふと思ったのですが今はある意味でアクティブ運用の銘柄選択が容易になっているのではないでしょうか?すなわち復興需要期待銘柄や西日本が基盤の銘柄を買って消費マインド低下の影響を受ける銘柄や東日本に基盤のある銘柄を売れば良いのでは?実際に多くの機関投資家やアクティブ運用の投資信託が東京電力を売って関西電力など他の電力会社に乗り換える行動に出ているそうですし。インデックス運用は銘柄の選択を行いませんので東京電力の株も大きな被害を受けた企業の株も買い続けなければなりません。果たして長期的にこの差は出ないのでしょうか。それとも現在の株価はこれらの要因をすべて織り込んだ価格なので結局銘柄選択はするだけ無駄という結論になるのでしょうか?個人的に気になっていますのでもし覚えていれば1年後くらいに比較してみたいと思っています。

またまたまた少し買いました

kage

2011/06/03 (Fri)

新たに猫パンチ投資を繰り出すたびにタイトルの「また」を増やすのはそろそろ見苦しくなってきましたので今回で最後にします。米国の経済指標悪化から景気後退懸念が広がり株価は下落し為替が円高に振れたことから本日いつもの4ファンドに猫パンチ投資を1発ずつ(それぞれ金1万円也)繰り出しました。週明け月曜日の基準価額で約定の予定です。

SBI20110603

もしかすると今日発表予定の重要指標である米雇用統計を確認してから猫パンチ投資を繰り出した方が良かったのかも知れませんが直近の米国株の下落幅が大きかったことから悪い数字はある程度織り込み済みだと判断して今日の実行を決断しました。最近の市場解説を見るとこのまま米経済指標の悪化が続き株価が軟調に推移するならどこかのタイミングでFRBからQE3(量的金融緩和第3弾)の発動を匂わすような発言があるかも知れないとのことでしたのである程度リスクを覚悟で買い出動しました。何せ今年は米国株が過去に一度たりとも下げたことがないという大統領選挙前年ですのであらゆる政策を総動員して株価を守るだろうと勝手に都合良く解釈しています。こうして米国は金融緩和を続け、欧州はギリシャ財政危機の援助にまた大量の資金を投入し、日本も震災の復興対策のために大規模な公共投資を余儀なくされるわけです。世界の三大主要通貨であるドル・ユーロ・円が市場にジャブジャブに供給され続けるわけですから相対的に通貨の価値は下落するに違いないと私は推測しています。実際に円高が続く日本でさえ食料品の値上がりや電気・ガス料金の値上がりが起こっておりインフレ(物価上昇=通貨価値の下落)の足音は確実に迫っているのかも知れません。