2011 01 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28. »  2011 03

海外株式投信評価額(2011.02.25現在)

kage

2011/02/26 (Sat)

昨日更新したセゾン投信定期積立経過報告ではフランス革命で民主化を達成した後のフランスが経験した混乱の変遷をご紹介しましたが実は当初は違う内容を考えていました。しかし連日伝えられるリビア関連の報道の中で旧王族のコメントが出されたのを知り「もしかしてリビアも王政復古するのか?」などという飛躍した発想が浮かんできたため急遽エントリー内容を変更した次第です。それでは当初はどのようなエントリー内容を考えていたかというと、インデックスファンドを組み合わせたバランスファンドを活用した長期投資を実践する際によく指摘されるデメリット「自分が何に投資しているのかよく分からない」について考えてみようというものでした。具体的には昨年12月10日に第4期の決算を迎えたセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの運用報告書を使って10,000円の投資がどこにどう振り分けられるかを調べてみようと考えていました。せっかく思い立ったネタですから今週の定時報告はこれを流用させていただきたいと思います。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2011/02/25 (Fri)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,218円 (先月比で7円の低下)
●騰落率 : -3.8% (先月比で0.4%の改善)


今月の約定日はてっきり23日だと思っていたら24日でした。これは21日がアメリカの祝日(プレジデントデー)に当たっていたため入金日が1日遅れとなった影響のようです(21日入金23日約定が22日入金24日約定となった)。結果的に1日の違いで約定価額が前日比マイナス93円の7,911円となったため結果オーライといえそうです。もっとも今日の基準価額はもっと下がるはずですからできればもう1日遅かった方が良かったと考えるのはちょっと虫が良すぎますね。投資環境は先月の約定日から1カ月で激変しました。チュニジアの反政府運動を発端に反体制運動が北アフリカから中東まで広がり、地政学的リスクと原油供給減リスクが一気に高まり世界の株価にとってネガティブ要因となりました。このため原油価格や金価格が高騰しリスク回避の動きが鮮明になり日本円やスイスフランが買われ株価は下落するという流れになっています。昨年はギリシャやアイルランドの財政不安を発端にして欧州財政危機が顕在化しましたがまさかその後に北アフリカと中東が世界経済の火薬庫になるとは誰が想像できたでしょう。このことは将来を予測して投資することがいかに難しいかという現実を示した好例といえるのではないでしょうか?

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

再掲・優れたインデックスファンドの条件とは?

kage

2011/02/21 (Mon)

本エントリーもまた相互リンクさせていただいているrennyさんのトラッキング・エラーを調べてみました(2011年1月末)#5にインスピレーションを受けて書いています。皆さんはrennyさんのエントリーにある比較表を見てどのインデックスファンドが優れていると判断されたでしょうか?このインデックスファンドの優劣を判断する基準について以前書いたことがあったなと思い出して調べてみたら2年近く前のこちらのエントリーで触れていました。

再掲ここから

投資信託に関する誤解でふと思い出したのが以前あるセミナーで聞いたインデックスファンドに対する誤解です。長く投資信託運用会社に勤務していたという講師の方がおっしゃるにはインデックスファンドの担当者に会うといつも「私たちの苦労をなかなか理解してもらえない」と嘆いていたというのです。具体的にはその担当者はよく「インデックスファンドの運用はベンチマーク指数を構成する銘柄を全部買って持っていればいいだけなんだから楽でいいよな」と言われたそうですが、これがとんでもない誤解だというのです。なぜなら忠実にベンチマーク指数算出方法通りの運用を行ったとしても必ず信託報酬分だけはベンチマーク指数を下回ることになりますので、インデックスファンドではその分を補う努力をしなければなりません。しかもアクティブファンドと違ってベンチマーク指数と正確に連動させることを目指さなければならないのです(いくら顧客の利益になるからといってベンチマーク指数を上回ってもダメ)。実際の運用では先物取引やオプション取引を使って運用成績を正確にベンチマーク指数と連動させる努力をしているそうですがその苦労をなかなか理解してもらえないのがインデックスファンド担当者の悩みというわけです。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2011.02.18現在)

kage

2011/02/19 (Sat)

今朝このエントリーに掲載するために保有投信の評価額を確認しようとSBI証券のサイトにアクセスしたところトップページに「通貨選択型投信の分配金利回りTOP5」というバナー広告が表示されているのが目に止まりました。当ブログでは「REITファンドの利回りが30%?」、「懲りないSBI証券」、「マネックス、お前もか」等のエントリーで「分配金利回り」という表現の危うさに警鐘を鳴らしてきましたが証券業界では依然としてこのようなまやかしの表現が幅を利かせているようで誠に残念な限りです。

ちなみに通貨選択型投信の分配金利回りTOP5として紹介されていたのは下記の5本でした。一緒に分配金利回りとして景気のいい利率が表記されていましたが誤解を招く恐れが高いため当ブログではあえて触れません。興味のある方は上記のリンク先でご確認ください。

・通貨選択型エマージング・ボンド・ファンド ブラジルレアルコース(毎月分配型)
・DIAM新興国ソブリンオープン通貨選択シリーズ<ブラジルレアルコース>
・PIMCO米国ハイイールド債券通貨選択型ファンド(ブラジル・レアルコース)
・米国ハイ・イールド債オープン(通貨選択型) ブラジル・レアルコース(毎月決算型)
・新興国公社債オープン ブラジル・レアルコース(毎月決算型)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2011.02.10現在)

kage

2011/02/11 (Fri)

私の新興国投資の主力である香港株の動向が最近どうも思わしくありません。下記はYahoo!ファイナンスからお借りしてきた香港株の代表的な指数であるハンセン指数の過去1週間の値動きを示したチャートです。

HANGSENG1週間

ご覧のとおり明らかな右肩下がりのチャートとなっています。特に気になるのは一日の取引の中で午後の急落が目立つことです。相場解説によるとこれは欧州の年金などの機関投資家が売っているのではないかとのことでした。欧州で機関投資家が動き始める朝の時間がちょうど香港の午後に当たるため欧州からまとまった売りが出ると午前中は堅調な値動きだったのに午後は急落という動きになりやすいのだそうです。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2011.02.04現在)

kage

2011/02/05 (Sat)

今朝この定時報告のために保有投資信託の評価額を確認しようとSBI証券のサイトにアクセスしたところトップページのお知らせの欄に「ファンド オブ ザ イヤー2010が決定!」という項目が追加されていることに気付きました。「これはたぶんあのファンド オブ ザ イヤーのことなのだろうな」と考えながらクリックしてみると案の定「モーニングスターアワード・ファンド オブ ザ イヤー2010」のことでした。

投資に関心の高い方ならご存じの方も多いと思いますがモーニングスター株式会社はSBI証券を傘下に置くSBIホールディングスの子会社です(モーニングスター社の会社概要を見ると資本構成は「SBIホールディングス 49.6%、米国モーニングスター 34.2%」となっています)。つまりモーニングスター社とSBI証券は兄弟同然の関係といえるわけです。それなら今回選出されたファンドはどれもSBI証券で取扱いのあるものなのかとちょっと意地悪な視点で調べてみたところモーニングスターアワード・ファンド オブ ザ イヤー2010で選出された28ファンド(運用会社としてFund Management of the Year 2010を受賞した三菱UFJ投信株式会社を除く)の内SBI証券で取扱いがあるものは20本でした。この結果を見る限り独立性と公正性は担保されているのだろうと見ることができそうですね。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング