2010 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2010 10

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2010/09/26 (Sun)

一昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,275円 (先月比で16円の低下)
●騰落率 : -7.5% (先月比で2.6%の改善)


先月の約定日から今月の約定日までの間に日本政府と日銀が6年半ぶりに円売りドル買いの為替介入に踏み切るという大きな出来事がありました。これは日本国にとってそれほど深刻な円高が進行していたということの証明に他ならないのですが、外貨建て資産の組み入れ率が高く円高がデメリットとなるセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの今月の約定価額は7,661円となり、先月の7,462円や先々月の7,440円と比較して意外にも高い水準となりました。これには現在の為替動向が円高ではなく米ドルの独歩安で為替介入以降対ユーロでは円安が続いていること、欧州財政危機や米国景気後退懸念の再燃で投資資金が債券に逃避して債券価格が上昇していること、そんな先進国の迷走をよそに新興国の株価は堅調な動きを続けていること、などなどさまざまな要因があると想像できますが、理由はどうであれ結果的に分散投資の効果を享受できていることだけは確かなようです。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング