2010 08 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2010 10

海外株式投信評価額(2010.09.24現在)

kage

2010/09/25 (Sat)

昨日から各マスコミの報道は尖閣諸島で海上保安庁の巡視船に自らの漁船を衝突させて公務執行妨害の容疑で逮捕されていた中国人船長が釈放された話題で埋め尽くされています。今回の事件は結果的に日本と中国の間で大きな外交問題に発展してしまいましたので私などが意見を述べるのははばかられるのですが、昨日来の各種報道を見聞きして思うところが多々ありましたので今回はあえてこの話題に触れてみたいと思います。

私には今回中国人船長が釈放されるに至った過程は鳩山前総理の普天間基地移設問題と根本的に同じ構図に映ります。すなわち鳩山前総理が普天間基地の移設先を「できれば国外、最低でも県外」と発言したのは理想論としては正しくても現実論としては実現不可能だったのと同じように今回の事件も「尖閣諸島は日本固有の領土なのでその海域で起きた事件は日本の国内法で粛々と裁く」ことが理想論としては正しくても実際問題として中国も尖閣諸島の領有を主張しており紛争の火種があるため現実論として中国人船長を逮捕したことは最善の選択ではなかったということなのではないでしょうか?

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング