2010 05 « 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30. »  2010 07

海外株式投信評価額(2010.06.25現在)

kage

2010/06/26 (Sat)

今週の経済ニュースの中で個人的に気になったのは日本の長期金利が7年ぶりの低水準となったという下記の報道でした。以前「金利が上がるとなぜ債券価格は下がるのか」で触れたとおり長期金利の低下は債券本体価格の上昇を意味しますのでこの報道は日本国債が世界中の投資家に猛烈な勢いで買われていることを示しています。

長期金利が7年ぶり低水準 消費税増税で日本国債に買い安心感

24日の国債市場で、長期金利が2003年8月以来、約6年10カ月ぶりの低水準に低下した。欧州財政危機を受け、日本の国債は比較的安全と判断されていることに加え、菅直人首相が消費税率の引き上げによる財政再建路線を強めていることが、買い安心感につながった。

長期金利の指標である新発10年債(308回債、表面利率1.3%)の利回りは一時、前日終値比0.025%低下の1.140%となり、取引時間中では2003年8月以来、約6年10カ月ぶりの水準まで低下した。

欧州の財政危機による信用不安に加え、前日に米連邦準備制度理事会が、景気判断を後退させたことで、米経済の先行きに不透明感が出てきたことも、日本国債の買い要因になった。

また、国内では消費税率引き上げによる財政再建論議が活発化しており、「日本の財政は先進国で最悪の水準にあるが、増税余地もあり、欧州諸国の国債よりもはるかに安全」(アナリスト)との安心感も誘っている。(産経ニュースより)


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

セゾン投信定期積立経過報告

kage

2010/06/24 (Thu)

昨日はセゾン・バンガード・グローバルバランスファンドの定期積立約定日でした。そこでいつものようにセゾン投信設立時から同一金額の定期積立のみを行っている(=定期積立の増額やスポット買いを一切行っていない)私の運用成績を公開させていただきます。

<ご参考>セゾン投信設立時より定額で定期積立のみを続けた場合の指数
●個別元本 : 8,341円 (先月比で18円の低下)
●騰落率 : -7.5% (先月比で1.4%の改善)


先月の約定後も引き続き欧州の財政不安を背景とする世界的な株安と為替の円高傾向が続き今月の約定価額は先月比でちょうど100円高の7,722円という低い水準に止まりました。もっとも過去に何度も書いているように将来的に景気は回復するという前提で長期投資を続けるのであれば今は約定価額にはなるべく低水準に止まってもらって毎月コツコツと個別元本の引き下げに勤しむことが最終的には大きなリターンをもたらしてくれることになるため今月も世界の資産を安くたくさん買えたことを素直に喜びたいと思います。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

忙しいあなたのためのシンプル&スマートセミナー

kage

2010/06/22 (Tue)

6月19日(土)に東京・日本橋で開催された標記のセミナーに参加して参りましたので遅ればせながらご報告させていただきます。ちなみに今回のセミナーに申し込んだ動機はインデックス投資アドバイザーとして、また独立系ファイナンシャルプランナーとして多方面で活躍されているカン・チュンドさんのお話しをぜひ一度生で聞いてみたかったからです。実はカンさんには当ブログにコメントをいただいたことがあり、当方から一方的に親近感を持っていたためセゾン投信のセミナー案内にカンさんの名前を見付けた時に迷うことなく参加を申し込んだ次第です。なお事前に案内されていた当日のプログラムは下記のとおりでした。

セゾン投信、バンガード共催 「忙しいあなたのための シンプル&スマートセミナー」

第1部 講演

「シンプル投資に必要な3つのキーワード」 晋陽FPオフィス代表 カン・チュンド氏

「生活者のための簡単で有効な投資法」 バンガード・インベストメンツ・ジャパン代表 加藤隆氏

第2部 トークセッション&質疑応答

パネラー
・カン・チュンド氏(晋陽FPオフィス代表)
・加藤隆氏(バンガード・インベストメンツ・ジャパン代表)
・中野晴啓氏(セゾン投信代表取締役社長)

三井住友銀行がインターネット・モバイル専用ファンド申込手数料0円キャンペーンを実施

kage

2010/06/21 (Mon)

今朝残高照会のためにたまたま三井住友銀行のサイトにアクセスしたところ表記のキャンペーンが実施されるとの告知が目に止まりました。詳細を見てみるとメガバンクにしては珍しく使えそうな内容でしたのでご紹介させていただきます。

インターネット・モバイル専用ファンドお申込手数料0円キャンペーン

キャンペーン期間

平成22年7月1日(木)~平成22年8月31日(火)15時のお申込受付分まで

キャンペーン内容と対象となるお取引

○キャンペーン期間中に、SMBCダイレクト(インターネットバンキング・モバイルバンキング)でインターネット・モバイル専用ファンド(以下、ネット専用ファンド)をご購入いただいた場合、お申込手数料を無料とします。

通常のご購入に加え、投信自動積立でのご購入についても対象となります。

○平成22年6月30日(水)15時30分~24時までのネット専用ファンドのご購入申込は、平成22年7月1日付のご購入申込として受け付けいたします。お取引が成立した場合、お申込手数料は無料となります。


<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2010.06.18現在)

kage

2010/06/19 (Sat)

開催前、日本では今ひとつ盛り上がりに欠け国民の関心も薄かった「2010 FIFA ワールドカップ 南アフリカ大会」ですが、予選リーグ第1戦で日本がカメルーンに勝利したことでまるで手のひらを返したように国内の雰囲気が一気に盛り上がって来ました。ハイリスク投機家を自認する私から見ればこの状況は最近の株式市場にも通じるものがあるように思えます。すなわち株式市場が悲観に包まれて誰もが株価の上昇に期待していないところで何か思いもかけない好材料が出ると参加者が過剰反応する。しかしサッカーも株式市場もその思いもかけない好材料がしっかり実体を伴った結果であることがハッキリすれば応援者や参加者の反応も過剰とはいえなくなる。今はワールドカップも株式市場もこの途上にあるということなのでしょう。そしてワールドカップの方は今夜いよいよ日本の第2戦となる対オランダ戦が予定されています。試合開始が日本時間で土曜日の夜8時30分という視聴率獲得には絶好の条件ということで地上波で放送するテレビ朝日は事前にさまざまな形で日本-オランダ戦の告知や宣伝を行っていました。そんな「番宣」の中で個人的に興味深かったのが「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」でオランダ戦の告知を兼ねて放送された「そうだったのか!オランダ」。これがまたいろいろと考えさせられる内容だったのです。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

草食系投資は生き残るための知恵である

kage

2010/06/16 (Wed)

当ブログの書籍紹介にも掲載させていただいている「運用のプロが教える草食系投資」から生まれた草食系投資という言葉は著者のお三方がセミナーの全国行脚をしながら地道に個人投資家への浸透を図る努力をなさっている成果もあり徐々に認知度が高まってきたように思います。しかし草食系という言葉の印象から草食系投資は消極的で受動的といったネガティブなイメージを持たれている方も多いのではないか?とふと疑問に感じたことが本エントリーを立てた理由です。

今さら改めて言うまでもないことですが草食動物は毎日のんびり草を食べながら安穏に一生を送るわけではありません。毎日肉食動物の襲撃におびえつつ身に付けた本能や知恵で何とかそのリスクを回避しながら生き延びて子孫を残すために一日一日を一生懸命生きているのです。この草食動物が生き残るために身に付けた本能や知恵を投資に応用したのが草食系投資であるというのが私の考えです。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

コモンズ投信でこどもトラストを利用する際の注意点

kage

2010/06/13 (Sun)

本エントリーの内容は2007年10月に書いた「セゾン投信で未成年口座を利用する際の注意点」と基本的に同一です。つまり結論から先に申し上げると「親が子の名義の口座で定期定額の投資を複数年継続した場合、全部まとめてひとつの贈与と見なされて贈与税の課税対象となる可能性がある」という点にぜひご注意くださいという主旨です。なお誤解のないように申し添えておきますが私は今回コモンズ投信が創設した「こどもトラスト」は志高い独立系投信の面目躍如ともいうべき素晴らしい取り組みであると思っています。また先般支給が始まった子ども手当を子どもの将来を考えて投資に振り向けることについても諸手を挙げて賛同するものです。しかし日本の税制をよく理解しておかないと思わぬ落とし穴にはまってしまう可能性があることを注意喚起するために再度同じ主旨のエントリーを立てようと考えた次第です。

海外株式投信評価額(2010.06.11現在)

kage

2010/06/12 (Sat)

個人投資家が長期で国際分散投資を行う際に有力な候補となるのが低コストの海外ETFです。当ブログを開設した2005年には海外ETFを買いたければ海外の証券会社に口座を作るしかなかった状況でしたがここ数年間で環境整備が一気に進み今では代表的なネット証券を通じて簡単に購入できるようになりました。この環境変化は個人投資家にとって誠に喜ばしいことです。しかしそんな海外ETFにもデメリットがいくつか存在します。私自身がまだ海外ETFの購入に踏み切れていない最大の理由はネット証券では海外ETFが特定口座に入らない(一般口座扱い)であることです。

実際に投資を実践している方ならよくご存じのとおり特定口座では1年間の損益計算を金融機関が行ってくれて税金の源泉徴収ありを選択しておけば面倒な確定申告も不要にすることが可能です。これに対して一般口座では個人投資家自身が1年間の売買記録をまとめた明細を作成して確定申告することが必須となります。このような余計な手間がかかることはその労力を惜しまない覚悟さえあればまったく問題ないのですが切実なのは確定申告を行うことで利益を計上した場合は総所得額が増え所得額を元に計算されるさまざまな公共サービスで不利な扱いを受ける恐れが出てくることです。具体的にはリタイア世代や自営業者の場合は国民健康保険料の増加に直結しますし国保とは関係ないサラリーマンでも例えば公立の幼稚園や保育所の入所条件に所得制限があるケースなどで支障が出ることが想定されます。

白鳥の足

kage

2010/06/07 (Mon)

私たちには白鳥が優雅に湖水を回遊しているように見えても実は水面下では一生懸命に足を動かして水を掻いている。このように私たちは見えているところだけで全体を判断してしまい実態を誤って認識してしまうことが良くあります。強引に結び付けるなら先週末に米国株大幅下落の一因となったハンガリーの財政問題や欧州財政危機の発端となったギリシャの財政問題もこれに当たるのではないかと思います。すなわち外見は何事もないように取り繕われていた財政危機が政権交代をきっかけに露わになり(つまり白鳥の足が見えてしまい)大混乱になったということです。思えば日本で財政破綻した夕張市も巨額の財政赤字が巧妙に隠されていました。もしかするとこれらとよく似た事例はまだまだたくさん隠れているのかも知れません。企業の場合はいくら経営が火の車であっても実際に破綻するその瞬間まで経営者は「わが社の経営にまったく問題はありません」と発言するものです。これからは国や自治体にもそれを疑ってかかる必要があるのかも知れませんね。

白鳥の足という例えを持ち出すまでもなく中身がよく見えないため外見から持つイメージと実態がかけ離れてしまう事例は私たちの回りにもたくさんあるはずです。例えば自衛隊もそのひとつといえるのではないでしょうか?昨日テレビ朝日系の「サンデー・フロントライン」で放送された自衛隊特集を見て私はその認識を強く持ちました。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング

海外株式投信評価額(2010.06.04現在)

kage

2010/06/05 (Sat)

今では遙か遠い昔の記憶となってしまった高校生最後の夏、私は受験生として夏休みも返上して地元の予備校の夏期講習に通っていました。ある日の国語の授業の最後に講師の先生がこう言われました。「今日は皆さんにひとつだけ宿題を出します。情けは人のためならずという言葉の意味を調べてきてください。言っておきますが情けをかけることは人のためにならないという意味ではありませんよ。」実は私、誠に恥ずかしいことながら高校3年生のこの時まで情けをかけることは人のためにならないという意味だと思っていました。そこで帰宅後すぐに国語辞典で調べてみると「情けを人にかけておけば巡り巡って自分によい報いが来るということ」と書いてあり自分の早合点を大いに恥じた記憶が今でも鮮烈に残っています。この経験があったがゆえに私は当ブログでもたびたび「情けは人のためならず」という言葉を使ってきました。これは個人が投資をする目的を考える時にこの言葉が私の考えに合致するからです。例えば先般こちらのエントリーでご紹介したセミナーにおけるさわかみ投信・澤上社長の「投資の本質はまず自分のお金を世の中を良くするために使ってくださいと差し出し実際に世の中が良くなったらどうもありがとうと返ってくるものだ。」がまさにこれに該当するものといえます。

<<ブログランキング参加中>> にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ 人気ブログランキング FC2ブログランキング